(navigation image)
Home American Libraries | Canadian Libraries | Universal Library | Community Texts | Project Gutenberg | Children's Library | Biodiversity Heritage Library | Additional Collections
Search: Advanced Search
Anonymous User (login or join us)
Upload
See other formats

Full text of "Natsu yori aki e"

TYOF 
- 3RARY 
紹, に CAMPAIGN 

ASIAN 



Digitized by the Internet Archive 
in 2013 



http://archive.org/details/natsuyoriakie008800 



あ > 

琴の 音に 互 鐘のお とのうち まじる この 怪し さ 

むは 、 

も 胸の ひぴ きを 

なの tl の * きて の^のよ きこと も はた をれ ならぬ 

よき rJ ともせん 




I:" に I 犬き k しひ 日のお も ひ 出の など か 今日 

はつら • 

さへ 潑, とせる 

おけ もの せんと _仏 "の すすむと きぎの 頸に も眞 

珠 をば 掛く 



4 



T び やう 

憶病 か 

なみだ 

rJ ぼ 



K 力 

る る 



もの 哀 

あき かぜ 

秋. の 風 



ォ /7 

ふ く 



さ,.^ か 知らね ども まつ はる 故 



こころ ひ はる ふ 

れる心 は 日のう ちに 春の か、 き 吹 



If s にあ また^しき 時す ぐし 死ぬ 日と な," ぬ 

神 も かしこし 

むかしの" 日 1 と. -も ひし 櫻 草い もうと として 

きみ つ ちか 

君と 培 ふ 



ひと はなし あき ^ おも 

人ス はわが 話に て しづ ま,^ ぬ 秋は斯 か,^ と 思 

ふ 夜 かな 

なに- SSs こ ろ い 

むつ かしゃ 何 を 願 へ る 心 どや 云 ふまで もな し 



わが 門の 二 もと 柳す 乙 しづつ 泰 めく ころの あ 

あめ 

かっきの 雨 

n P やう じ に は ひ きた 

わが 閨に やがて 丁字の 匂 ふ 日の 來ら むな どと 

他 をお もへ ども 



わがこと を 人み な 賞め て あう し 時 苦し か 

に 比 ぶれば よし 

はだ^ば きし かす や みやこ 

神 田 川 その 岸の まち 霞まむ と 病めば 都の 

もな つかし 



さら f ぜんしゃう 

か へらん と 更に 思 はずい にし へ に 前生の 身に 

きみみ ひ 

君 を 見ぬ 日に 

わか あた ひ め さ 3 

rj 乙ち よく 分ち 能 はぬ 醉を しぬ 目の前の 乙と 

ハ にしへの と 



砂: 

子 ご 

あ、 

< 



あ 

め 
ち 

の 
白 k 
地"^ 
の 
春 ま 
に 
少 f 
女め 
子 ご 
の 
遣ず 
羽 a 
子 ご 
の 

:521 お 

金 t 



曰 

一 ふ 

つ 

曰か 



わ 
が 

息 さ 

の 
虛 ^ 

に 

散ち 

る 

'ml 

し 

け 
れ 
年 t 
の 
明 あ 
け 

る 



どらに しろがね 色の 花ぶ さの 見 ゆと も m3 ス 

はる く 

泰の來 る: と. 

しろ 石 もみ ど- の 石 も 美く しく 春 日の 神の 口 

づ け, を 受 く 



手 弱 女が ましろに 句 ふ 手 を 上げて 賞む ベ き 奢 

とな にけ らし な 

ふかしぎ いき をん な しん 

不可思議の よも あら じと て 入,^ も來し 女の 心 

ざう きみ 

の臟 ならめ 君 • 



5i ヾみ なに ふ かう によ わう て 5. 

鏡に は 何 をと どむ る • 不幸なる 女王の ゆめと 帝 

王の ゆめ 

きみ a い X. わい 5- ( 

君と また 再會 すべき 家と して しげる をめ づる 

いちじくの 葉よ 



きさら ざ いかり に あら <J 

二月 や 怒 をお びし 丹 はな だの 雲のう かびて 霰 

ふる かな 

しゃう じ やう も ひこ ひ 

淸淨 につ ゆよ 乙し まの なきものに 彼の 日の 戀 

を は 

もな,.^ て 終, ON ぬ * 



わが:^ らぬ rJ とに 喜ぶ 群 はなれ a: び もとの 片 

すみ ゆ 

隅に 行く 

わが IS を s く うらむ は危 ふかう かたちの いま 

だ お と ^C へ ぬ め 



ぐ. 瘦 やまだ あざけ,. ^の 心 もて 春に 會 はぬ を 

ひと 

よ Z ベる 人 

あ をひク い C ひ せん か ひと 

靑.^ 火 棬 かると 云 はる 戀 すれば 泉下の 人の 

たま に 

魂に 似 る ら む , 



If し ぬ Mr お の ごと _i と ふ STl のた ね薛 きし 

rJ : ちに 

おやらの^ に^せた る 鎖が ゆる 秋^の日の 君 

が 家 かな 



に 乃 が ザ v\ ^ え 、 あか ぐろ いり ひ 

紅栴に 地獄 鰭の、 こと 赤黑く 入日の させば いき 

ど ほろ しき 

^ ゆ ふべ え さぐら さう 

朝夕 かたはらに 笑む 櫻 草 は,?^ かたはらに 泣く 

さう 

さくら 草 




と わ 

k が 
奢! 子ァ- 
-の 
雨き 目め 
ふ -ぅ 



る 



る 

み 

て 

や 

が 

て 

隱 6 く' 

れ 



朝き ほ 
. 、靄さ の 
の 'か 
中る ' tit 
: も 
白 
さ 

― け 
J も 
、 " の 
の 



お 



を 
振 



) な, ま • つ ここ *c 

人の 世 は 貧しき 心 もちた る も われの ま" きもお 

こ ひ 

^ じ 戀. する" - 、二 r ク 1 ノ r ;ゾノ ■ . - 

二. . . 、 - V; .:. • :: < ^ ' -; 化/ i . ノ-ー ( . 

5. さか; 3 て は: ては淚 もな がしけ,.^ これ を g し 

と 更に.^ 沦 はず に . 、 : ,. . 



し つぎせ つな み, つか わら 

よく 知う ぬ 次の 刹那に 自ら を 笑 はしむべき あ 

のす さびと 

こ ひ おもむき をはリ ひと 

戀 をして 趣の なき 終 をば めでざる 人の ふと rJ 

けん 

ろの 劎 



淺み ど.^ 柳の 枝の s^i: ける, i のき ものの!? の 

ゆ ふ 

夕 ぐれ 

さんぐ わつ やな 5» を I 

三 月 e 賴 を 折 て ぁ ま ,c^ に も 物 を か く さ ぬ 船 

流 男 を 打つ ■ 



ii ず g にしら Si i に. - ないどし 去- も 今年 も 

來ん年 も ま た - 

f る 乙と を あへ てせ ざる はこの 人 も 彼 も 弱さ 

おな 一-、 

の 同じ けれ は を- 



な …い 
b と 
我 わ 寒さ 
が < 
朝き か 
の な 
夢 し 
さ 
ま 
ま 
に 
明 力 あ 
る 

み 
へ 

: す 
ベ 

b 

入 

る 



-に 5 

m ら 
れ 庭 

J; チ 
曰 

二 紅 
を 
血 
ま 
み 
れ 
の 

; 花 
と 
め、 
む 
な 

物 



も 

む 

け 





の 

わ 

れ 

に 

答^ 

ふ 

る 

も 

の 

も 

きな 

し 

下ヒ 

部べ 
の 
如 f 
き 

面? 



mt わ 
く が 

苦! 

し く 



< 



は 
瀕ヌ 
死し 
の 

息 3 
と 

思 (6 
ふ 
か 
な 
白] i 
< 

か 
ぼ 

そ 

く 



ひ あ ふ むらさき f かぐ また い 

た ゆければ 日の 仰がれず 紫の 幕に 隱れて 又 出 

でず われ 

ちお ちば や 6* きた 

地 を ま ろ ぶ 落葉に まじらら うたし や 山よう 來 

と リ あし ;^と 

る 鳥の 足音 . 



"0 
寂 J 

し 

さ 
よ 



ひと なみだ あか きぬ 

人-おもぶ 淚は 紅き 緒と な,^ ひるが へ るな うわ 

まへ ろ 了 

が 前の 爐に . : ,. :,..、 - 



わがみ ひと ことな にぎ 

かに かくに 我 身 や 人と 異れる 乙の 賑やか さ M 



: な ヒ 

't 'へ.' 色く 

ず ?^ま る の 

身み —に Z : あ 

^ t は 

V ^ な れ 

- て しな 

物》 る 

- の 二 顔 £ 

み す 

思? る 

は m 

る は 

と う 

たさ 云い ' iz 

々ノ、 ふ 、ノ へ 

< 下お :;、 る 

c、 心ぎ : 日 ひ 

> は な 

-J か く 



J- を もて あらが ひかくす 秘 言 もみな うつくし 

やる の 君の 乙と 

が 涙 t きおも ひ をす る 日よ 》 ^戀し など 云 ふ 

た ザ ごと お, 

唯 事に 落つ 



夜となればをは.c^の近さ知ると云ふ朝はfl^さ 

を 見よ とわれ 云 ふ 

硝藥 のに ほひ くすぶる 乙 乙ち して わが ill 慰の 

rJ M ち, ろき 日 



ひ のぼ 

g 1 の鴿の つばさの さに づらひ 日 昇る らし も 

,大 わ たづみに 、 了. 一二 つ- - 

まのお あ る る 一 S を K よ, -も 悲しと. -もふ 我 

に 似た れ ば , , :パ - 〔 一 に ハ 



おとめら しろ いと ぬ いだ 

少女 等が 白ち,^ めん を 糸に 縫 ひ つく,.^ 出せる 

驢馬と おも ひぬ. . . ノ 、 、 

み ひこ ひ .J い. A たゐ きみ 

わが 見し 日戀 にやら はれ 來 しと 云 ふ 乞食に 君 

は 過ぎ ざ,.^ しかな . • - . -' 



か こ、 ろ ひと われ ら すま 

乙と よろ づ 若き 心に まかす 人我 等が 末 ど あは 

れな らまし 

^ ^ ばる き われ ば 

をよ 風の 春の あかつき とらへ 來て 我に 這 はせ 

よ 水い ろの 雲 



あ > はな 、 を め みかめ こさめ 

靑柳 あな づ ftN 初めて 目に おかぬ 三日 目の 小雨 

かみ し 

さ こ、 レゾハ 

き-. « 、>=• L 力る 

こ ひ い よ C い みプか い 

戀と云 ふ 欲の み 生きて 自らと 云 ふたの もしき 

もの は 死に 行く 




まな ぐ 3 むらさき は ど 

花の 草し ろき 紫お なじ 程 さびしき いろ をつ く 

るた そがれ 

あ t う 《ti さけ あら ちから > 

與 へずば 奪 はんかくと 叫びた る 荒き 力 も ゆる 

む 日の きぬ. 



づ 乙 
か と 
ら わ 
の ケ 

Z に 

と 心 

ぐ、 

る 
し 
と 

思? 

へ 

る 

は 
皆き 
外 ま 

に な 
: ら 

ぬ 

: み 



は 酒^ 
ま な 
ほ る 
し か 
け 劇 g 
れ 毒ぎ 
な 
る 
か 
み 
づ 
か 
ら 
を 

生 ^ 
る 

限 5; 
.6 

吸す 



こ と り はなし a ろ うど はや と リ 

うるさし や 小鳥の 話 あかずす る 客人 早く 鳥 

なれ かし 

おは あかした ば ま か たば 

大 ぃなる赤き舌吐く^^^乙ろょき魔を傍らに 

5 ぺ き 

てまし 夕 • 



磯 はまの 貝の 紋をば 見る ごとく 石の 上 這 ふ 春 

のかげ ろ ふ 

さみ i> ば を! &ば い こ ひ 

乙の 君 は 河に 小川の 入. た 》 ^し戀 と 乙と わる 

をの かみの ため 




ひと はなし さ t の すけ 

人と する 話 を 避けて 與之 助が まぼろし つくる 

やま ばな 

出 ざ く ら, 花 - 

ほ や a いろ -み おも とき 

ほのかなる 遠山の 色う ち 見つ つ 思 へ る 時に/? 

も ふ. 君き ね 



40 



ふ 
れ 
ば 



ほ 

の 

じ 
ム 

さ 

李' も 
の 
花 S 

に 
降 ふ 
る 

雨 ま 
ち 

見み 

て 
心ミ 
燃 も 

ゆ 

人? 
を 



ず な 
わ ほ 

カミ い 

戀ミ ま 
の だ 



上ミ 



も 
の 

落! 
し 

る 

心ミ 

の 

み 

め 
も 
な 
ら 
は 



にし き やうな に tt f ) I , 、 

西の 京 浪華の 街の 思 はるる 靄の 降る 日と な,."" 

にけ るかな 

なら みてら ない ¥\ん あゆ 乙/ち,' ^ 

いにしへ の奈 良の 御寺の 內陣を 歩む 心地に 腦 

梅 を 嗅ぐ 



^く ひと 

戀はしも^Jの人の世にゅく,C^なくゎがゃ 

たる 船と 乙 そ m3 へ 

ひ 2- ルた ひ ひかり , た こ > 

ク方の日の光ょ,c^たふとしと^讓をだこ, 



わがつ くる 諸 善諸惡 のみな もと を 力 

す もす rJ やかに せん 

穀 きた, - お だとに ぉ矿 くと S ^ にか 

ら ひ? する. 



; 5 は てら けぶり ひ はる ひ じ 

A ほら かに 大寺 めきて 煙曳 くわが 春の 日の 磁 

かう ろ 

の. 香爐 かな .... 

うさ ぼリ も、 いろ 

ょろ^^^びぬ浮彫したるきょらなるぅす桃色の 

tt るば じ 

春の 初め を, 



, も ふさん ぐ わつ あめ なみだ 

g み i けうと く i; きしの ちに 降る 三月の 雨淚の 

ごとし 

そのむ かし 人と 戀 とに 別 あ,^ き衰 へ ぬれば 相 

どと、 ぶら ふ 



fJ 、ろ 、 I , ひ. V つね わう 

、^^ぃとめてたき人の常なれば女王とょびてぁ 

な r らに ©1 る, 

いその かみよく かくろ へ て 書きし にも 劣らぬ 

? か 

と を 思へば ど 書く 



おら の が" に fれと^Jとゎ,^ををしふる時のサぉ 

き あ ぢはひ 

J 'よ , つ 力 L 

ぼし さと や はら かさと を もてる 乙と 自ら われ 

をいた ましめ つつ 



つ ^ 、 

い っょ,o^か我ゃゎが身をぅとみけんかくEaふ 

とき なみだ 

時淚: ほる る, 

むかしょ,c^心の奥に流れたる冷き水にっ ひに 

あぼる る 



とほ じふで ふ ま なほ 

^"きのぎ^ ずの ままに すと 通る 十疊の 間の 大 

鏡 かな 

械 K の^ぐれ の S わが をかず も^られ ずし 

たま 

ら玉 はしる 



野 やしろの 石の こまい 

か ftN し 馬 ごやし かな 

みプ ゐ み 

. ^に 居る 身 どと あ も へ 

あ を ぐ も 

るう す靑の 雲 . 



ぬ その もとの あたたか 



わが 梳 ける if の 『I な 



さ ォ. 3 

もの は a む いづち ともなく 消 ゆる もの 忘る る も 

のと 知, CN て はかなし 

くれなぬ と f る 鼬に S S の f ゥの r i 

てられに けん 



こ * ろ 

んカ心 は 力ら ざ, c> ける めぐ ,o> あ ひする ごと 時 

な み 

に 零れ^も の 見る 

人間のう つくし さ をば 自力ら にょうて おひし が 

も 薄れ 去る 



{ 糸のう ちう す 暗き 日 も あて やかに 白 きめてた 

ひな かほ 

き 雛の 顔 かな,. 

こ ハを ひと じ やうみ ひ ^ 

小 ゆるぎの 碟の あわび を 人 くれぬ 上巳の 雛の 

大 みさかな に 



みプカ ヤーう ひと か tt とお も う a* 

自らの MM ろの 臓 は 人の 飼 ふ 鳩と s/,o> 生れ 

ひ 

し 日よ 》CN - 

若き 日の 戀ゅゑ 書きし ものの 反古 積み かさぬ 

れ ばかくれ 家と なる 



盡 くるな き 慢心の ためおと ろへ ず この 毒酒る 

を やさし か, c> けれ 

かりた ろ ば しら , , 、 

よそ^ ひに 假に 建てた る圓 柱なら ずと われの 

戀を云 は し , 



わか ひと あつま X なに 

若き.<^V^Jはかとなく集.C^て夜は何かたるゎ 

が: と 語る 

なつ a むみ や ひと 

うすものの 夏 も 寒げ に 見 ゆるまで 瘦せ たる 人 



< 

s き 
右み 

に 
關 t 
る 



死 

夢 
と 
剌 
し 

る 



と 



ふ 



と 



れ 



ご 
と 



來" 
I 
か 
し 



ぼる よ ひ ひ とり かな なみだ ひと 

春の 宵 一 人ば か,^ は 悲しげに IRrJ ぼさん 人 も 



さばか, CN も 戀を賴 める あどな さは S< 阻に まさ 

ると 誰の 云 ふらん 



をと こ をん な ゐ ばな ば 

くろんぼの 男と 女 まじう 居る 乙 rJ ちす 花と 葉 

つばさ 

あほき 椿 



わ-が 障子 あさみ ど ft> なる 紹を張 6. ぬ 白き 雨な 

ど 注がせて まし 

一 

あとさきに 嶋 田に 結 へ る 人と 我れ 雨の 後なる 

み, つ こ 

水た ま, 越 ゆ 



か わ 
で れ 

知し い 



ら 
し 



ま 

だ 

人? 

を 

娶^ 

b 
し 
Z 

と 

あ 
ら 
ず 

み 

の 
心ミ 

ろ 

を 

い 



の 
曰 ひ 
よ 

b 
ど 



の 

ベ 

に 

唯う 

並: 

ぶ 

木き 

と 

自^ 

か 

ら 

を 

わ 

が 

お « 

ふ 

と 

い 





妬き 


い 


ち 


あ 


み 


さ 


に 


は 


と 


さ 


地 


れ 


云い 


か 


<lB\< 


に 


ふ 


の 


に 


も 


や 


ゆ 


ど 


戀 5 


云い 


か 


置お 


を 


は 


b 




見み 


ず 


な 




n 


や 






世よ 




Z 




の 




と 




天き 




身み 








を 




な 




嚙か 




し 




み 








ぬ 




< 








曰 ひ 




れ 




の 




を 




の 



ひ 5- し た、 われ うれ 、 

日もすがら石を叩けft^我ょ,o^も愁はしげなる 

t あめ 

秋の 雨 かな 

來し方 をけ もの の 跡と 行く さき を 己が 路 とし 

みる ごと 

見る 如し われ 



t そ に なお たか うれ ひ 

外に また 似る もの 無しと 思 ひたる 高き 愁 にや 

ちか あき 

や 近し 秋. 

^ しろ なみだ やぐ す ひら はる 

眞 白なる 淚を おとす 役濟 みて まぶた 開けば 春 

の 曰と なる 



はな レ こ、 ろ S さけずき とも 

わが 話き けば 心の や はらぐ と 言 ふ 酒 好の 友の 

しら かみ 

白 髮 . 

すぎ やう もじ み ひさ とき 

まじ もの は數 行の 文字 を 見入る/ vJ と 久しき 時 

きた 



い ふた、 み 

われ 生きん 再び 見 じと おなじ 乙と あまたた ぴ 

い ぜんにん 

云 ふ 善人の ため 

S ぐら こ、 ろし 

もの 云 ひて うし 暗 さ を 心 知る この おもむき 

の 忘られぬ かな 



し わら こえ X どま は 

つれな くもせ せら 笑 ひの 聲 たてて 夜通し 爆ぜ 

ろ すみ , 

W うし や 爐の炭 

危 ふかる NJ とし 盡 せる 魔術師 を 賞め 合 ふごと 

のち 

しいさ かひの 後 



.4 り" 帆のう i にぎく ご她 わが" 齔の いと さやかに 命 

にど 浮く 

なつかしく iT 引く 雜は柳 も i ぬのぎ とくに もの 

ふ i, み 

深く 見 ゆ 



\JM お つ 吾れ の 心に そだちけ る眞 白き 鳥の 羽 を 

ふ とき • 

振る 時 

は,' や ゥす だう リ 

10 ふ rJ と 半夜に いたう 忘れん と 道理の ま.^ の 

れむ つ, 』 

民, ON に 就き 



み". つか ひと こ 

自らに へ つら ふ 人に いくばく も M となら 子 

いさ , 

の もの 諫めす る 

&も か ひ ぎ やう き おち 

百日 ほど 飛行し. 6- しその のちの 氣 落の ごと 

いま い 

し今廒 えぬべし 



ほ 3 む すがた た • ひ やぐ しゃ 

春寒しゎがすがれたる姿をば旅役者どと^^?と 

しめて 泣く 

_ 、 _ こ • ら.' あ をぎ., ノみ きじ 

ゎが子等がぉし^cぃをもて靑桐の幹に字かけ 

ばう ぐ ひすの 啼く 



夕風ゃすみれの海に浮島をっくる少女のま^c 

なで た 

き撫 肩-.. 

ゆめ み あ (ん す あか ま へきぐ わ なか ぐる は 

夢に 見 ゆ 阿片 を 吸 へ る 赤き 間の 壁晝の 中の 廓 

をん な 



ふ あ. h ゆめ ひと 

はま じ へ て 降,^ ぬ 朱の 夢 さびしき 人の し 

がね の 夢 … , - , 

、- e > 、め はる 

巧す ぎし I 旦の 若芽の をれ よ,^ も か ぼ そき 春の 

あめ きみ/^ : 

雨に 君來ぬ 



よる ゆめ なに や 

夜の 夢 まぼろしの ゆめ 何 ごと も 病めば かなし 

きみ ひ 

や 君 あらぬ 日に 

こ ひ まじ は ふか 5tt はじ 

戀 ならぬ 交,^ 深し 乙の 乙とば いと 哀れに も.^ 

めて 思 ふ 



死ぬ とせし 目 まひ ご rJ ちのうち にさへ 一 色な 

らぬ心 どと 見し 

なに をと こ をん な しらば せ かみ 

何 をす る 男女 ど わが M とか 白 匁の 背 もて 髮を 

打た るる 



ぐち すぐ ときをと こ じ や たい 

口び る を 吸 ひに 來る時 男 乙 そ蛇體 をな して 空 

^ し 

翔る なれ 

ゆる ひと み へ,, んげ- > ) 

さびし けれ わが 許す 人 われ を 見て 變 化の もの 

と E5 はずな,.^ ぬ 



s し ヒ^せ るお とな, - たれ ど 日の 黑む. - とそれ 

A し 

よ,^ 起る 

i わろ に は ¥5 &日ほ ど^はせ つ あざやか ならぬ 慰 

かた ♦ 

の片 はし 



、 I 、 ) わすれぐ さ ひと つ わ ■:. 

あの 、つから 忘 草 をば 人 摘まば 別れし われ は g 

とな るら VP 



うつくしく 危 きこと に いどむ 群 さくらの:^』 に 

か 

赝 なわた, CN そ 



の 三み な 

う 輪 わ し 

るの. 琴 

は 神?; は 

しァ 彈 

き ポ け 

か " ど 

な才 も 

の 

神 I、 

な 



V 1 と を S び 

と こしへ に 見る 日な きため われ 呼びぬ 十の 指 

組みさん たまう やと、 

おの 夜 ゃ盥に ぽ へ る 金魚の 子 ほの 赤く して こ 

ほス ぎの 啼く 



にくげな き 例の 心の くせ なれば 我 をも戀 ひん 

ひと こ 

入 も 戀ふ > らん : 



ォ うそぐ う し ほどこ ひ おな こ 、ろ.?' ば 

消息す 憂き は 死ぬ 程戀 しかる 同じ、 :3 の 變らざ 



る 乙 と 




7 

らう なが あゆ あ ** 

廊 などの あま,^ 長き を步 むと き 尼 の 乙 乙ち す 

春の くれがた 

櫻 草 白き うすでの さか づきに 藥を つぎて 守る 

かたはら 



ぶ 2 



はる もの がたり 、 、 : こ、/ 

春の 夜の 物語よ, ^うすものの うごく 如くに、.^ 

はな, ぬ. 

われさび し 有情の ものの 相よ て 生く る 世界 

の 中に 居ながら 



も 朝 t づ な 

病 や 夕 ま く げ 

み に 心ミ か 

1z お な れ 

るの らぬ 

、ラ れ ひ い 

あ にの 

や ち 

ふ か 

、 戀' 

&、 も 力、 

へ 知 

る ら 

は ね 

病 や ど 

め も 

る 終; 

身 7> h 

よ ち 

h か 



A< へ も こ ひ にん き やう 

前に 居て 戀の乙 乙ろ を あかしす る 人形 はや も 

飽きられに けん 

まぼろし たて きみ ひと み 

そこば くの 幻 ふせぐ 楣 として 君ての 人 を 見つ 

め 給 ふか, . 



君の 手 かよ そ 人の 手 かく づ しける 君の またな 

くめで 給 ふ 像 ノ 

き くさ かみ お ほごえ わら ひ しろ 

牧 の艸パ ン の 神き て 大聲に 笑へ る 日な ftN 白き 

あめ ふ 

雨 降る . 



ばる さむ け ふ をと こ おこた み とき 

春 塞し 今日 も 男の しなさだめ 怠らぬ 身の 時に 

泣く ごと" .、 ■ 

し 上ぐ だい なか た 

しろがねの 燭臺 ひとつ 中に 立ちし め やかなる 



わが ひ さ. S ば ひ 

若き I;" はかる はずみ ごとなる もよ し 幸 あ,^ 

多.. く 云 へ か : し : - 



世に 怖 ぢて思 へ る 事 は隱す とも美く しさ をば 

いかがすべき ど 

み, つか いた み す 

自ら を め てざる まてに 到, ON ぬと われ 見え透き 

しいつ は, OV を 云 ふ 



あさいへ あ 

朝の家ゎれのけはひのな,n^た,^としるしを上 

つち 

ぐる 土の かげ ろ ふ 

あき ひ せつ へやた な ほな 

秋の 日 はさび し 切なし 部屋の 棚 あらゆる 花 を 

もて 飾れ ども 



めみ すぐ ことな 

まぼろしに 目に 見 ゆる こと 少 しづ っ異ぅ ゆく 

あ tt 

も 哀れなる かな、 

こ ひびと だいいち あ 

戀人 はやぶさかなる を 第一 の惡と ささやきと 

?^. に 笑まへ,^ 



なる ひる み かた あめ 

春の 晝 われ かへ 見て 語る こと あ,^ げに 雨の 

草に 降る かな 

うす あ を われ t る 5 

薄靑 きかな しみ 我す 夜ごとに すい つちよ の啼 

あき きた 

く 秋の 來れ ば, 、 . . : : r : 



うち かみ み たれ 

NirJ ちょく 打 ちぢれた る髮 見えぬ 誰に か あら 

ん秋 のま ぼろし 

きみ なら こ ひ 

君が なす ものに 習 ひき 戀乙そ はたやす か, ON け 

れ 得る も捨 つる も 



あめつち のうす 墨の 色 春 來れば 塵も餘 さず 朱 

か は ゆ 

に變, ON 行く-" 

え か こよ しゃう ぐ わつ 

あ もし ろ き 緒 を 描き やる と 子 を 呼びぬ 正月の 

來て なす M と は rJ れ 



に は ぐ と h> かしら こん 

庭に 來る鳶 の 頭の はんてんの 紺のに ほひ もよ 

しゃう ぐ わつ 

しゃ 正月 

み じふし ち はち しゃう ぐ.;; つ と 

わが 見つ る 十七 八の 正月 をよ きこと として 問 

たま 

ひ 給 ふかな : . 



乙と をうた が はず 立つ 泰 



うす もも いろ む ちご はる 

きょら にも 桃色に 眠りた る兒 のけ は ひの 春 

ひ , 

の 日と なる 



なん びと さ sti ひす い 

何人も 幸 住む と 云 ふ 

と .t ち 

の戶 口に-.^ 



す ザめ や a- がらすち ^ 

あけぼの や 雀 かすめし 山 烏 血 を 乙 ほし 行く う 

まご やし かな 

® るる 乙と 甚だ 深き にも あらず 夢にも あらず 

ごろ V 

M の 頃の: と 



9 ぷ 



あ a- ひ はや きた あ をと こ 

乙 rJ ろよ き 秋の 日 早く 來れ かし 飽 ける 男の そ 

あかしみ 

の證 見ん 

. ^ふ ひかり す うご ひと たか どの みプ いろ 

夕 ぐれの 光に 透きて 動く 人高樓 にあ, 水色 を 

著る - 




99 



小 法師が あち 乙ち の 房う ち 叩き 聲、 つく. 5 する 

あさ あさ 

秋の 朝 かな 

かな こと し おとろ 

悲し さの 乙よ なき 事 も 知らぬな うわが 衰 へ は 

なに もと V 

何に 本づく , 



くも さん み 

く k: き 雲た ち, ^ち 散 じたる やうに 身 を もてな 

す も 忘れん がた め \ 

しの *っ まみつ か ほど 5- ふみ おは 

忍び. 妻 三 日が 程 を かく^ へ と 云 ふ 文き たる 大 

つ ごもうに 



梅 けば 雁の 羽 色の 壁な どの ものぎ たなく も 

E え 初む るかな 

あし ふ わし しら ぐ も ち 

わが 足 や 踏みて 走れる ちょく 白雲の 散る 

つ さ X をら 

月の 夜 の 空 



人 はやく 醉ひ給 ふかな わが 見つ る 海 を 語れば 

こ ひかな 

戀を 語れば , . 

お i おはこ ひ こ、 ろ みち びと I 一、 

多き よ ftv 多く 戀 する 心 をば 路 ゆき 人に われの 

云 はんや 



み つ, よ r 

^ の 力 身の つながれし 綱 かみ そ, を もて 切る 

、 ばつ あき かぜ \ 

ごとし 初秋の 風- 

た ぐ ひなき めでた さなう やわれ 1 人 日の出 づ 

ク み 

るよ, 入. るまで を 見ぬ 



しら 玉 はくろき 袋に かくれた, 9 わが 啄木 は 

らず rJ の 世に (以下 二 首 啄木の 君 を 悲しみて) 

死ぬ まで もうら はかなげ にもの 云 はぬ つよ 

ひと きみ 

人に て 君 あ, しかな 



ほ み い なな やつ をと こ 

ものほし へ 柳 を 見に 出で し 七 八 歳の 男す が 4^ 

の 我 を 思 ひぬ 

5>^ た ザ こ ひ 

抱け る は 唯 ひとつなる 戀 ながら かひ ある さま 

しゃう 5" い み 

に 生涯 を 見ん: 




ro7 




, ゆた > た がた み 

乙し 方の 語う 難し やい かがせん 君 こ:ろ みに 

こ ひ 

戀を やすめよ 

> ^ ^ 、 ひさかた , 、もうへ 

戀の彖 きづきお こ. しぬ 久方の しら 雲の上け ぶ 

うへ 

,0 の 上に 



io8 



'むらに 欝 金の ひと 葉 まじ,^ たら 透きと ほ,^ 

あき か. 士 なか, . . 

たる 秋風の 中 

ぐら お も、 つぼき 

口び る を 押し あつる ごと 桃い の 椿ち,.^ き W 

手のひらの 上 



乙 ひい ひ ぎ やう わら は し ハ1 :^ろ b 

戀 と 云 ふ 飛行の 童 まだ 知らず 岩室に 居て くろ 

かみ な 

髮 を撫づ 

もの 欲しき 心 も 知れる 人な 》CN と あさまし がれ 

ど 甲斐の あらな く - 



きり き かた 5" なぬ き あ を > ^ 

桐の 木の 片侧 濡れて 幹靑 きき さらき の 雨な つ 

力し き 力な 

おぼろげに 心お かるる 我な, 9 と 君お も ふ 日 を 

つくらん は 憂し 



たらち ねの 石の 御 墓に 黄なる 粉 を ちらせし 捲 

つぼ 40 

かなしき 椿 

夕ぐ も は戀の やま ひ をす る 人のう は ごとに I 

てう くしき 力な 



さつ a- あめ とこみ ク 

五月雨 かびのに ほひの する 床に 水の./? と 

ふるさとの 家. 

乙ら あか ひと ぶ た w- ゆ 

懲 さんと こ ぶし を 赤く したる 人 二人 行く 

ゆ ふ ヅき よ 

夕月夜 かな 



いまし こ、 ろい やす ゾ > 

くらが,^ に 縛 めら れて心 云 ふ 安 か,^ し 世の あ 

た ひ 無 さな ど 

わが 、いたからの 櫃にを さめた る ものと 僞るは 

ふら かしつつ 





戀ゅ ゑに 理を うしな ひて ある 人 も 皆 かば か, CN 

にもの やかな しき 

し こ ヤ /んげ 

知る 子み な 懺悔 を もたず あやまち はわ づ かに 

や, f - 

て 止む ものと 田 3 へ, CN 



7/6 



> ^ r ろ *<J!V し な 5- ゐ ゆ ふべ さとめ ゆ 

&れて 里1 き nl を 眺め 居し 夕の 里の 目に 消え 

ぬかな \ 

t ^ふぐれ あは 

うばたまの 夜に あかつきに 夕暮に 哀れな" -け 

あき もの \ 

秋の 物お と 



つむじ 風棬 きて かた へ に 蓮び きぬ いと 遠 やか 

おも 

に 田 3 へらし も の 



5- ち にん つらぬ ひと よ あめ つう 

一 人の われ を 貫き 人の 世と 天と は 通ず おもし 



2 , ひすめ おも 

お を is み&" 行の 衣 を 欲しが,.^ し 娘 も 思 ふ ふる 

さとの: と 

ぞめ もやう ふ 

r しが, - しだんだら 染も うづ まきの 模 樣も舊 

しの わら 

,9 ぬ 忍びて 笑 ふ 



^wする春の空ょ,o^落ちきた,《^我を£ーすとg 

こ . > み 

ふ 小 鏡 

ね や もの か にぐ 

^伏して 閨 に物誊 くす ざび ごとして 惜 からず 

ぐろ かみ ひと 

黑髮の 人 



南風 吹き あほる 日 は すさまじき 老女の 手 見 ゆ 

はる ひ 

春の 日ながら 

なん しゅうじ だいあん じ た ふと • i 

南宗寺 大安 寺い と 尊 か,. - これらの 寺の あかつ 

きの 門 (生れた る 地の 堺 にて) 



こ ひ む^し いま 

はかなき は戀 する との つ.?: i なさの 昔 も 今 も 

rJ とならぬ rJ と 

人語る 生れながら にめ しひなる 童子に もの を 

ごと 

をし ふる 如く 



鵠 とびぬ 波打 際の 砂 ふみて 春く る rJ と を 君と 

か, た., 

語れば 

ひと さた いろ ゑ _ い ) > 

人來, ^またな き彩繪 な, と 云 ふまお はかな か 




ゆめ み ひと こ ひ と み はる a へ 

夢に 見し 人と おなじき 戀人を 見る ごと 春 は 前 

に ひらけぬ 

て さん ぐ わつ ぐち す いだ 

手 をのべ て 三月 を 呼び 口び る を 吸へ と 出して 

し ぐ わつ ま 

かの 四月 待つ . . 



"4 




! 25 




うち 

« や い あ 6 つき レ はね き まろ 

閨 出で て曉 ちかき わたつみの 潮の 音 を 聞く 圓 

ぼしら 

柱 力- 



120 



乙 ひ し ぜ入ょ ひと ひと リ乙 まね 

戀 ならば 自然に 寄らむ 人 一 人來 よと 招く はか 

らく- Os におる 

わが 祖母の れを 初めに 寺の 門く ぐれと 撫で 

し ふ -^ 分 の 髮 





•i 



みプか こ、 ろ かな さ Jf. いろ 

自らの 心の, 、こ とくいち じ k: し金錯 色の さびし 

こて ふ 

き 5^ 盼 

ばる ひ どき なた ち ひと 

春の nz もた そがれ 時に したしみぬ 二十. の 人 は 

もののけの ため 



わ 夜よ 
れ と 

と な 

:^、 れ 

も ば 

ひ 毒? 

n 水 J 
を 
打う 



神;; 

あ 

b 

て 

身み 

ラ 

ち 

の 

痛; 

む 



け 三お 
る 味 7> 

m 線て 
の 



C-L- なら しぐ れ さは -"々 > 

の鉉 のみ かき 鳴し 時雨 通, 9 ,:: 文誊 



いそ たヾ めみ しろ とり こ ひ さみ 

あら 磯に 唯 ひと 目 ml^ し 白き 鳥 はた 戀の君 わが 

夢 はこれ 

秒の 間 も あやまた ずして 逢 ふと 云 ふ 時に 來ぬ 

ひと 

る も 人と ことなる 




,ヌ 



非常なる 罪障に よ,^ ほのほ もて 身の つくられ 

し 人なら め われ. 




^33 



^ ハは ゆめ み ひ. V あ を ;;; や 

朝と な 6-^ の冲 々を 見る 人もホ H: き閻 よ, CN よ め 

た 

きて 立つ 

すべ からぬ _5 ^を 手 はせ ずし かもな ほ!:; つべ か 

ら ざる 心 やら はず 



初子 をば 持 ち こ 頃よ,^ 秋の 日 を 悲しむ 癖の 附 

きに ける かな 

鲁 

こ ひ うら し a はこ 

ふるさと は戀 しけれ ども 浦 島の 宮なら ぬかと 

さ なな 

訪 はず 七と せ 



も 曰' 
何 ぼ 出い 

の づ 
ゆ れ 

か ば 

b 生い 
ど き 
も 

. の 

の 

白 な 

ひ 

ん 

が 

し 

を 

禮: く 
拜ミ 
す 
る 



さみ とし はる あ こころ あは 

なっかしき^5?なき年の春に遇ふこの心ょ-^哀 

れ なる 無 し 



1 こ ば 4- かご をん し:' ぼ たん 

しろき 羽の 小 鳩の 籠に 温室の 牡 を^ 6 て さ 

さう しゅん 

しぬ 早舂 

こ ひ て、 ろ み 7- た > み..', パへ1 

戀 して ふわれ の 心 を の は 下よ,^ や 見し 丄 

み , 

より や 見し 



身の あた,.^ 新に 心 ひく もの はなべ て あや ふし 

ぁぢ きな きかな 、 

人の 云 ふ 正しから ざる 戀 よりも まさに 光 を 放 

てる もの を 



^ >,> r^t うた しま わう ごん ばる 

わがが i 琴 をた たきて 歌 ふらく 紫 摩 黄金の 春 

とこ そ なれ 

, , ^め なか ゐ ぬら 力 

¥ を 翳 ひ I お まぼろしの 中に 居て 濡 せる 筆の 餐 



* い. は た なんどた もとみ 

まほろし に 岩よ, C 垂れし ぉ納 戶の袂 など 見 ゆ 

はつ あき あさ 

.1^ のず 

なみ こ、 ろ を とと ひ この ひ ャタ T- 

な 蔑し そ 心き の ふと 一 昨日と まして 此 日と 同 

じからん や、 



あはれ にも 初戀の ごと 返 きがたし と ふ ほど 

きみし * 

の 君と 知れ ども 

とき うしな なみだ き, つ >、-、、/ 

b パ. a? よ 失 はれたり 淚 もて 築きし もの をす へ 

て 流る る 




えだ の らす あめ やへ 

枝に きて 野骑 なけば 雨 まじ ft^ 一 八重の さくらの 

うす あかち 。 

薄 赤く 散る 

まことに は 未だ 死ぬべき 憂 ひなく 十が 一 つに 

髮 ほ そ ,o^ け 



ひと し かほ ひへ わす 

乙の.<を知.=^て多くの日を經っる乙と忘れん 

f た 

と 思 ひ 立ちに き , 

を ふ なみき さ ; t は う を すがたな 

尾 を 振りて 浪を 切り去る 大 いなる 魚の 姿 は 無. 

きか わが 死に 



うこ 力 



3 う み 

相 見る 



したまち な こば やくしゃ ひとき 

下町の 浪華 役者のう はさな ど 人來て すれば う 

ぐ ひすの 啼く. 

さん ぐ わつ を ら 》 した いそ う を 

三月の み ど, の 签の眞 下なる 機の なぎさの 魚 

なま か は 

の 生皮 



みねつ ひと なま ち 

身に 熱 を あほ ゆる スは 生ぐ さき 血け ぶ..^ の ご 

はるさめ 

と あ も ふ 春雨 

ぶ:? ) , あめ 、 , ふ. みやう じん ばと あそ 

者の 雨 はらの 芽に 降,^ 二 コ ライ へ 明 神の 鳩 遊 

びに ど來る / 





る 夜の 夢 



らげ がた し、 とこ 

„ ^づ. からの 明 方よ, の も ひごと 知れ, 9 と 床 

の さくら 草 云 ふ 



うらみつつ & きつつ 戀を心 をば にび 色に 染め 

あ を いろ そ? > 

靑 色に 染め 

な蝌 ごと を S び^た, - し^ごろ もの 一 り 足らぬ 

もと がた 

を 求め 難き を 

にて 




きみこ ひ ち さ S せ S ひ 

が戀 やがてお のれの 血と: な、、,^ て 再生の 日 を 

ば や 

早くせ しかな 

や &i ひ み み ゆめし ろ に—, 

病 ゆ ゑ 身の おと へ て 見る 夢と 白 さの 似た る 

木蓮の 花 1 



つ かの k も 萬 人の 目の はなれざる 身の 苦し 

け ふまん わ 

に 驕慢の 湧く 

なほ/? のれ <ロ ごも,. - がちに もの 云 ふもうら 

かなし や 人に 交りて 



て た^し いつ しやう がい 

やみがたき 苦と 樂みを 一 にして ある 生涯の あ 

わたお しけれ、 

木の 中の 灰色の 屋根た そがれに ものお も ふら 

tt ひいろ やね 

し 灰色の 屋根 



罌粟 きぬ さびしき 白と 火の 色と ならべ て わ 

れを 悲しく どす る 

9 り 1 な あ を 3 こ、 ろ そ 

百合の 花靑 みて^けば わが 心 ほのかに 染みぬ 

あは 

ものの 哀れに 



ょゥ: め あ ^"マみみひと51^ 

k 來れ ばす ベ て 目 を 開く 鏡 見て スに 勝る とす 

る も rJ れ よ" ft- 

かへ で き S よ あけ か^|5- 

ぁさみど..^楓の木をば來てゅする夜明の風に 

こ て ふ 

じれ- 胡蝶 



わが ぞ i: の i 円 芝 走, - たづね よる 鬼の 目に も 夏 

の 匂 ひぬ. 

ゎが2^-5^ゲ年兒のため縫ひぉろす白き衣の^- 

こちよき かな 



わが i ふ 人に ならべ て 見る もの か 華奢に 艷め 

はつ なつ かぜ 

く 初. 夏の 展 

しき すな う, if S ごと よ をち かた やま 

白き 砂 海に すべ ft> て乂る 如き 夜の 遠方の 山 ほ 

ととぎ す— 



ほ 

と 

と 

ぎ 

す 

曉き 

方 力た, 

近》 

わ 
が 
山 J 

の 

上え 

の 

空 i 
を 
ば 
小 を 

車き 



る 
そ 
の 

、き 
づ 
か 
ひ 



ほ 
と 
と 
ぎ 
す 
夏 
山 
の 
吐 
< 

づ 
か 

ち 
の 
も 
な 
げ 
な 



、 、 いぐ すぢ ひ み. V ク や: 

レなづ まの 幾 筋の 火 を はるかに も 下す W の 

夜の ほととぎす : 

ほととぎす 旣に餘 さず 君と われ かづら の g を 

み, つ. C み 

湖に 行く 



やま も rafc ゆび おも とき 

山に 居て 細る 指な どうちな がめ もの 思 ふ 時 ほ 

ととぎ す 啼く 、 

ろぐ ぐ わつ を か つ, ほ あめ と 

六月 は 犯せる 罪の かなし さの ごと 雨つ づき 杜 

けん な 

鵑 しば 帝く 



ゆく 水 も 鳴. わななき 

さみ 上 とさ 

君に. 寄 fiN を へ る 時 

ほととぎす 半夜 を寢ね 

. ^人に 知られぬ 



ぬ ほととぎす 一 帝く とて 



ぬわが 癖の この頃と な 



ほととぎす 谷の 靑 葉の くらき をば 观き て あり 

つ めた いば 

S 冷き 岩に 

はリ が 3 す こうふ う ね ャ-め 

ほととぎす 針金 を 擦る 工夫よ と 憂き 寢覺ゅ ゑ 

し 5- うごと 

後 一一 一一 n する. 



ふ 一ね ゐ あ をみ プ つきみ 

齓に 居て 靑き 水よ, い づ る 月見し 乙 乙 ちす る 

きさう び 

うす 黃の 薔薇 、 

大きなる 日の 落つ るな ど 見れば 憂し 思 ひ 上れ 

る わが、: i から 




力 3 




そ はかな か, ON けれ 

f かみ わす ひ ざんげ 

われ 守る 神 を 忘る る 日の あ ftN と 懺悔 を すれば 

彼 もし か 云 ふ 



/り 



r=C かた 

わが 指の 白き 爪 ほど 日の /5 ちぬ 君と 語れる 

さむら の薩; 



誰れ の 手 か 心に 來,^ くまど,.. - ぬと 云 ふば か... - 



こ ひ ものがたり 

の 戀 物 語 





二 ひ ひと ぐず みぐ だ ひ 

戀ゅ ゑに 人 屑の ごと 見下す 日 われに ありと は 

おも およ 

思 ひ 及ば じ 

憎氣 なきの rJ ぎ, の 音う ぐ 1 ひすの 聲に まじ, OS 

はや ころ 

ぬ閨 いづる 頃 



せき ャ」 う あし ゆ ふ しろ あし は,;? 

1,1:1 象の し き 足 もと 夕 ぐれの 白き 足 もと 恭の 

あし 

足 もと 

い, つみ ひなか I 

おかれし は 泉の もと か 火の 中 かよ そより われ 

み ぼし 

の 見 まく 欲しけ わ 



さる あめし や- T じ へや たばこ 

春の 雨 障子 あくれば わが 部屋の 煙草の けぶ 

散,.^ まじる かな 



唯の 日 もい けに へ 者の 死ぬ 時に 云 ふごと きこ 

おも ひと 

と S へる 人 ど 



の 

の 
流 S 

る 
る 
を 

您ひ 

の 

『 

に 



と 
を 



病, 
み 
て 
ヌ 



心よ, CS 煙の 立つ と 云 ふ 

れる人 かな 

Z 乙 ちょくわれ よ ftN ち 

し はる ひ し 

知, 9 春の 日に 知る , 



木瓜の 花 馬の わきばら 置きた ると 石 をお も ひ 

はる g ふ 

ぬ 春の 夕 ぐれ 

き しつ うば たま 上る はな さ 

かなしく もこの 木の 質 は 烏羽玉の 夜に 花暌き 

ばく じつ ち 

白日に 散る 



き ゆ ふべ こ ひなか 

ふと 氣づく 夕と われの 戀仲 はみ づみづ し 力,^ 

3- み およ 、 、 

^も 及ばず 

こ ひ ま か い-^ -、 ヽ 1 - .^r 

戀 すれば 間近に ものの 色 か はる おもむき を,?^ 

ふ 

るお もむ きに 觸る . 



とにくし さと どひら めく わが 心 呼べ ど 呼べ 

こた こ * ろ 、 

ども 答へ ぬ 心 

こ、 ろかば ひ きみ 

ひろびろと 心の 川の かがやけ る 日な, と 君に 

ぶみ わ . 

文 かく 我れ は 



うつ ことばた み、 か あう む 、 

美く しき 言 葉斷 たずば 耳 貸さん 鸚鵡 か あらず 

かたへ をと こ 

傍の 男. 

われ は 憂し 生れな がらに まぼろし をう ちと も 

な へ る 眼と &〕 ふかな 



I J 上 しま き 

わ カ^の 寄らん とし つ る 島 消え ぬ よしや あし 

おどろ 

やと 驚かね ども 、 

よろこ て ふ A も さぐら ば 

ち さきもの 喜び あ ひて 手 を 振る と 思 ふ 缨の花 

う へ あめ 、 

の 上の 雨 



のろ さ つぼみ のこ むね み ひと 

咀 はれて かぬ 蕾の 殘れる を わが 胸に 見ぬ 一 

つなれ ども 

いり ひ ぐめ あか ち かた た ふ さきみ -き 

入日す る 雲の 明,^ に 遠方の 塔の 尖 見え 黄ばむ 

i さ 

ひと 時 



ため息 を つくなら はし も 好し と 云 ふまた 類 ひ 

なきな さけ 人 かな 



しめ やかに 思 ひ あまれる 息をして 柳の あくに 



の谐 つ S 

上, 9 くる DT 



み 

n 

我" 

れ 

は 



が 
ほ 
ど 
を 




木瓜の 花み だ,^ に 紅の 封蠟を 紙に こぼせば 戀 

ここちす る 



海 見る に 白き 小舟の ただ 




いみ じかる: § の 世界に 寒き 洞 ひとつ 作,^ て わ 

こ 、 ろ - 

力 心お く 

きみ み、 て, *!: み 

なほお のれ 君の ために は 耳 かさん 手 は 君の た 

め 琴 を と つ つ 



と 

II J 1 た 

る 

を 



遠方の 人の 戀 とも 心と も 木の芽 ほのかに 煎え 

出 づ る かな 

ひだ あ ひだ あそ ゆめ み きみ 

うすものの 襞の 間に 遊ぶ 夢見る とお も へ 




たかぶれる 心の 上に 铜ひ かかる 灰色の 靄い か 

にして まし 



jSo 




/ぶ/ 




こいろ あ を ぞら お 5^ ほそ 、と 

る、.^ は靑 空と なり わが 指に ほぐら す 細き 紹糸 

となる 

?, を 、 かや ゝみ なか ひと ヱな こ ひ つぐ 

靑ざ めし 鏡の 中の 人なる か 花め く戀を 作る お 

のれ か 



の 湯 ゆ 

身み 氣げ 

を の 



ば 
め 

く、、 

b 
て 



す 
る 

輕^ 

き 

ふ 

る 

へ 

の 

な 

め 
か 
し 

裸, 
の 

わ 

れ 



れ 
が 

か 



百め 

に 

見み 

± 

n 
疵? 
あ 
ま 

あ 
る 

心: 

ゆ 

ゑ 
終 S 

に 

戀ひ 

よ 

h 

離 g 



くろ 髮ゃ 前う しろより めて たかる 春の 世界 ど 

われに もの 云 ふ 

むぎ あ を か? 5- 

ほつ ほっと 麥の靑 める と mk: よ ft- 風の 吹きく 

ゆ どの 

る わが 湯殿 かな 



I< を はなち 針に さしても 暌 くもの は 春の さく 

-らと 若き: 乙 と 

し ぐる たれ や 

響と 死と くらぶる 乙と は 苦し けれ 誰も 病みて 

まかく まど ふらん 



こ、 ろ め. から つち 

わが 心 い かなる、 芽 をもう ち枯 すわろ き 土と も 

? し 

思 ひ 知-^ にき 

fc ぐ おと た きさ ら 5«. う 

憎から ぬ 音 を も 立てて 二月の あられ 打つな, 0. 

あ を f みき 

靑 桐の 幹 



あま f も すみ な もら いろ 、 ^^J. 

雨雲の 墨 を 流せる 空の 色 さむから すして 紅梅 

の 散る 一 

しら 梅 や 日の 入, c> 果てて 後歸る わが^の うち 

いつ ちゃう 

一町が ほど. 



泰の晝 梯子の 口 に 手 を 打 て ば ^J だ ま す る な <=N 

も、 いろ ^ ^ 

桃色の 壁 

を y た ザ みプか 

終, ON まて 唯 あさはかに. H らを もてはや すよ, ON 

知らぬ 身な らん • 



t ヽ し ゆ ぶ: a あさ やなぎ えぶ ) 

わが 家の 石の 浴槽に 淺み ど,. - 柳の 枝のう つる 

ばる 

* かな 

ふか け ふ 

お、 まっかな おも はく 深き たまし ひ は 今日 も 離 

れ ず あり, や あ ら ず や 



V し ク.; 、 え きん ぶん 

一 生 はさんた まま,^ やの 繪の やうに 金粉 を も 

て ぬられ ず も が な 

なか やす あそ マ, ごと ち さ うつ 

あめ つちの 中に 休まず 遊 事す る 小き もの 美く 

しき 力な 



に,^ た 他" につけて 我 こころ あま 

あやまち や 見 ん; 



し 



うた さジさ へう と 5- L 

が 歌よ 皐パに お つ る 雹. ならん 時 を わす.^ て 



さむき 音 か な 



を 灯 ひ 

ば と 

息 S も 

づ れ 
ま ば 
る 我|^ 
と ど 
て 出い 
で 
行' ゆ 
< 

は 
し 
き 
や 
し 

と 
あ 

る 



じ 

そ へ 
の ら 

二 ま く 
ご 死し V 

Z n 
ろ な 

ど 

と 

云い 

ふ 

唯う 

ご 

と 

に 

代 力' 
へ 

て 

きき 

r1 る 
さ 



うす 紅き 障子の あか, CS.V の そとに 棕 招の 葉の 

な こ、 ろ 

.鳴 ち 心 かなしき 

ふっか み か きみ うら しち ぐ わつ か 5- ふ 

一 一 日 三 日 君 を 恨みぬ 七月の そよ 屈 吹け どなぐ 

さまぬ ほど 



にき ,ば じっきみ か 

日記 をし も 初めて 附 けて 君が rJ とわが rJ と 害 

あは f 

く を 哀れと ど 思 ふ 

おも はない ち ひろば ふる みてら たぷ 

ふと 思 ふ 花 市の ある 廣 場よ, 古き 御寺の 塔 を 

,チ ► 

見し こと , .i-.r 二 




J 75 



ある 時の よしなしごと 

も 聞き 給 ふかな 

みま 、 > 

身 を 曲け てうす ぐら 力 

云 ふ 乙と もして まし 



時 もてはやす と 



えん ゐ ざん げ 

,CN の 緣に 居ぬ 懺悔な ど 



i1 すれば" 日に ti 一度 死に 三度 生く この おもむき 

の あわただし さよ 

ト t こらえ こ、 ろい ぬう さぎ 

乙 の;,^ は 数 5 し 得た, c> と M とほぎ S 心 を 犬 力 鬼 



Ill や 

w ま 


LA 


フ Ic ァ * 

/J\ つ' 


yj 


n ひ 

M 


が 
1 し 


•hi は 

環と 


レン 


よ 


小 


吞、 


リ 


古 だ 


A し 






ィ 
し 




臾( 


おゆ 




k し 


ヽ 


み 
マ 


翻う 






\ 




• ^あ 
ク J 、か 


と 




a. 


さ 




ふき 
ん 


tSj? は 

ひ 




免ぎ 
i 根よ 


B ろ 




ゥ 5^、 ゥ 
《子 








, 八 










か 


な 




へ 






る 


か 




飛と 



かが. しと ァ 力 シャの 葉の 射す 窓 を わが 戀 ひ 

を , ゆ ふ かば 、 1> 

居れば 夕風お 吹く 

き t きひ n も ゴ^の i 子 あけはなち 部屋の まなか 

おも 

にもの を へる 



b 


3c つ 


曰 ひ 


わ 


親 


來ぐ 


と 


が 


し 


れ 


な 


し 


さ 


ば 


b 





が 


我 わ 


に 


る 




れ 


け 


傷?' 


め 


何き 


る 


と 




も 


か 


思? 




の 


な 


a 




も 




し 




悲 S 




か 




し 




の 




か 




Z 




る 




と 




目め 




を 




し 




ぼ 




て 








見み 




か 




る 




し 




な 




む 



け ふの 世に 步み 入,. ける 日の. f?- めかす かに 見 

ゆる ひなげしの 花 



なげ ふみ おは ^ 

となし かく 數き文 多く 書く 



あな さびし 思 ふ 

をん な 

女と な,^ S 



かな たの さ S" よ 力め 

悲しく も われ 賴 まれぬ 性 もっと ある 夜の 夢の 

あと , 

後に おも ひき 

きみ ゆ よつ やみつけ どて ぐ さし やく こ 

君と 行く 四 谷 見附 • の 土手の 草 尺 ほどと な,^ 小 

ぬか もめ 

糠雨 ふる. 



Si みて Si ぎの しめる こさち さ へ 嬉しき 夏と 

なりに ける 力な 

んタ- と おな . 

乙ち たく も 本 を 置きた る戶 棚よ,.. - さびし さの 

わ た. V がれ へ, や, 

澳く 黄昏の^ 屋 




.i^ きくを 四 五日の のち 怠, o ぬ あおきな きかな 

かかる おも ひで 

や しみ こ はり a- た 

燒 けて 死ぬ 身 をうた が はず 氷 さ へ われに 來れ 

ば 火の 乙, 乙ち しぬ . .. . ノ , 



や ひるお あが まなか ひと 

病める 晝 起き 上, c> たる 間の 中に 人の あらぬ は 

悲し か, CS け, CS • . 

ラ よ うま の つか ひき >プ う, JS 

歌詠めと馬に乘,c^たる使來ぬ湖めぐ,c^か へ ,cv 

きた * 

來れば 



ぺ "ィ を どり ぼ よ はなし をと こ > た . ^,な 

巴 里なる 踊 爆の 夜の 話な ど 男と 語る しら 砂に 

居て 

こ 6 なか ほど ま か-た , ひ.^ 

戀も すと 願へ る との 中程に 交ぜて 語れば 人 

みな 

皆 わら ふ 




ひや あさ じふに じごろ 

わが 閨の ましろき 麻の ふすまよ,^ 十二時 頃の 

つ さ い 

月 は 出で けん 

ふでお ゆ ふだち ふ み い よつ や はリ なら 

筆 置きて 夕立 降れば 見に 出で ぬ 四 谷の 濠に 並 

やなぎ 

ぶ 柳 を 



あ か 

しろ 

白 き 



つ き 

みち 

道 か 



か な き 上 

ゃ川にもまさ,.=^淸らなる草の中なる 

な 



せき 4^ ぐ みプ や をレ ゑん てい ちか ゆ ふ • つき 

石竹に 水 遣る 啞の圜 丁と 近く わが ある 夕月の 



の 



は 



な 

ど - 

の 

匍 は 

ふ 

土? 

に 

す 

で 

に 

虫ヒ 

鳴な 

< 

か 



日 か 

あ 
ぢ 
き 
な 
し 
わ 
れ 



いとよ やく 虫の 鳴く 夜と なりに け, 5 乙の 二 日 



お こだ ひ あみみ ころ はまや どや 

起きいで て 小 鯛の 網 を 見る 頃の 濱の 宿屋の し 

でん とう 

^C き 電 燈 

S3 や しろ すだれ あさ くも かぜ ふ 

わが 閨の 白き 簾と 朝の 雲 風に 吹かれて うら か 

なし けれ 、さ さ/ 




あ ふぎ \ おも あき ちか 

扇な どもて あそび つ つ Ntv 思 ふ 秋い と 近く 

, ^にけ らしな 

ふん すゐ しろ いし み あきき みやこ をと め 

噴水の 白き 石 見て 秋來 ぬと 都の 少女う ち も 

どろく 



うつくしと .c &き 衣の 肱 ほめぬ わが 妹 は 姉 を あ 

がめ て, 



たぐ ひなき f„:i 1^ メを 見つ る この 君 はやが て覺め 

ず もな りに ける かな ひて) 




C 



M の 君 は 何 をた のみし 穿 か、、 子 . かかな しけれ ど 



も 一 まきの 歌 



天地 も かなし か,. けり 若き 子の 死にた る 後の 



歌に おもへば 



^ へ i を^に いでし" 七 や 八 歳の 男 姿の われ を 

おも ひぬ - 

うりく しきぎ がの 冬の 來 うけ..^ ちら ほらと 咬 

すゐ せん はな 

く 水仙の 花 



な J ^ こし jS ッ さき つ. C ^ ^ 

亡き 姉の 腰の かたちと 指先の 爪の 色の みな ほ 

知れ,^ われ 

ひ ふる ろ まへ なみだ 

あくまでも 火は慄 へ うと 爐の 前に 淚 ながして 

思へ る はわれ 



ろう .》 と なが みち かぜ こさ 5^ 

あかつきの 樓の 下なる 長き 路 風と 小雨と だん 

、おらに 吹く 

よつ つじ うら な ひ ゆ た, ゥ おとろ 

四迁の 易者に 行き 尋 ぬらく.^ よそこれ よ, 衰 

へぬ かと , 



sJ ひ ぁぢす y るみ, 9 

戀の味 酢に 似た,^ とど ひとら 居 は 水の ごとく 

ぁぢ な 

に 味の 無しと ど 

しん や-う あ-^ さ ► け の-^ ス 

わが 心の 臟に 通,.. -て まだ 覺 めず 酒 も飮手 もよ 

き はめで たし 



味氣 なく 赤き とんぼ を 見送, c> しある 夏の 日の 

さ 力 力 

阪の中 ほ ど, 

さら し よろこみ 

い のちな ど 更に 死ぬ まじ かくと さ へ ま" ベ る 身 

まつね に S5 へ. OS 



t なみだ とり 

われな どが かた へ に 寄らば 涙ぐむ 鳥 は あらぬ 

うた こ とり 

か 歌 ふ 小鳥 は 一 

思 はれて/? のれ あ,.. - しと 知る 乙との 七 八 年 ほ 

ど9^そか,o^しカな 



やま ひ 

を, CN ふしに を どろなる とする 病う とましと 

なしな つかしと なす 

> .V ものし 

われ を 見て あなめ でた やと 云 ふ も あう 物 をん 犬 

れるゃ 物 を 知らぬ や 



おもき こ ひみ 

思 はると 聞きて さながら 戀の KJ と 身 を ふるま 

ふ はは づ かしき かな 

み とせ わ, つ ひとい つ きみ 

三年ほどもて煩らはれぁ,c^し人何l^ょ.c^君に 

うち 勝ち こナん 



上る . ^た ^ . . S - - \ i -ヽ, 

うば 玉の 夜に 至れば 泣く こと を樂 みにし^ 少 

女な, し 日 



^ こ ひ ゆ ふだち 

S き^の 降る かわれら の戀 なる か 夕立の^ i 

こちよき 力な 



のみちう しろ かば 

野の 道の 後に 川の ある rJ こちす ると ささやく 

つき あゆ 

月に 歩みて 

なつ あき いな らう か あゆ fa- やま ゆ 

初秋の 板の 廊下 を 步む時 山の あは ひ を ( 仃く rJ 

こちし ぬ: 



ひと,c^居に秋風.吹けば悲しか,c^濃きくれなぬ 

まどかけ 

の 窓掛の はし 

わが 病める 小 床 を 置きし 疊 ようまた 寒き もの 

あら じと ど E5 ふ 



、つ A _» ひ とな ちき ひ 一- e ... 

一 ; さ ぬ % S ふ 日に 隣り たる 味 氣 なき 日と 戸一 

ふ 秒 力な 

お,^ ける ir を & むと^ づる^ 淚 ぐみ る く ろ 

ひと 

髮の人 




227 




君 を わすれて 

あきき た いま あなら わ み, つ おは ぞら 

秋 來る今 新しく 湧き いづる 水の あるら し 大空 

にして 



228 



わが 机 旅よ, ON と ある 涫息を 二 つ 三つ 置きて 秋 



立 ち に け ,o^ 



みだらに も鷄 頭の 花 土 



さ しろ いぬ む あき かせ 

^き 白 犬 眠う 秋の 風 




あかつきの 鳥の 羽音の ぃとはしくな,.=^っる日 

やま お 

ょ.ft^山を降,o^きぬ 

まろう ど わか をと こ ビ i 、 , X n 15 

客人の 若き 男の わら ひ聲 まじる もよ しゃ あ 港 

か J 

の 風 



ビ き あきか^ 

g おのお き W と^き だと クれ 立ちて 來ぬ 秋風 



わ 、、い g ふ * 日と な. 5 けらし はしき やし 圓 葉の 利 

あき か 5- ^ - > . . -ノ 

秋風. に 立 つ - - 



冗 > ま」 つ あ ひだ あさ そらす こ みい . ^はさ ソ 

桐の 葉と 松の 間に 秋の 空 少し 見出で て j 1 ぐ 

力な. 

うみ ぺ あき すな を か tc め 

ふるさとの 海邊の 秋の 砂の 丘く づ るる 雨の あ 

かっきに 降る . 



みだと あか ふたみな 

亂れ 飛ぶ 赤 あきつよう 二 つ 三つ 泣く ほどの こ 

と 思 ひ 出て にし 

かふ す B うへ 乙 ぱし あき かき ゆ I*. つ ごころ 

夕 ぐれの 砂の 上 をば 小 走. に 秋の 風 行く 靜心 



i s の 力 s に と£ ふ はなお s ^ ゆれ 小指の ふるる 

と Z ろ に : , 

»; : みおろ 7- ず ゑ した ぼ. 3 

ひるつ かた i 蹴れ たれば 見下しぬ 梢の 下の 銀 

のな がれ.^ . . 、 5 



はつ あき ひ を,^ な 

^やか や" あくの" ものぎ みり きぬ 初秋の 日の 女 

ご rJ ろに 

i に S 來て あ- V のす さびに さぼてんの 繪 など 描 

つめた 

けど も 玲き曰 力な ^ 



お; i ろ なに あそ 

衰へ しもの ならな くにさ は 何 ど 遊びつ かれし 

ひと み 

一とき の 身 ど 

こ ひ いは は なか み 

わが 戀は巖 の 中に あ, 5 となし 見ず て あるべし 

おとろ へぬ ため 



る り ハろ そら しゅ さ てん ひ 、., ぐ *f,^ る ひ i^f 

瑠璃色の 空に 朱 を 注す 勲ー つ わが 脣と 日と^ 

たる かな 

、,3 よ V、 あ,、 う.. つ な き われ と ょ^ 

快く 諸惡の 渦の 鳴る を 聞け 我 をば 問 ふ は 海 を 

問 ふな, CN 



き うし こ ゑ か は, つ ゐ な あめ しま 

聞く はよ し 牛の 聲 する 蛙 居て 啼 けば 雨 ふる 嶋 

ずう ,v ぐ 

の涫息 ^ . : : 

♦pal て ひろ こ いし と は 

秋 くれば 手に 拾 ひたる 小石に も 遠き い のちの 



X ラ 

か れ 
^ し 



239 



身じ^:がは剌さんと脅す白匁こそ秋なれ^^し 

いかにし てまし 

桐の 葉 を 散る に 先、 たち 朽ちさせぬ いとわ, CN な 

あさ な?" あめ 

しゃ 秋の 長雨 



あし た ほど あゆ ゆめ 

やう やくに 足 立つ 程の 步み ざまな しつ つ 夢の 

^ さた 

魔の 來 るかな 

み, r うみ みな こ ひ い きみ 

はしき やし わが 湖の 水口 を戀 とこ そ 云 へ 君に 

な がるる 




ると 南み の嶋の 磯に 立つ 夢な どのな ほさ か 

る 力る 

> f あき きた ばるな つ 

はは かに も 我が 思 へらく 秋 來る春 夏 あらじ^ 

あきのち 

の 秋の 後に 



君 來 

ん. な 



2 ね 



秋の 日のう す 桃い ろに かぎろ へ ば 赤 とんぼと 

しろ て ふ 

K 白き 蝶と ぶ 

かな ぢか あき か, も ひか うみ 

悲しみぬ たそがれ 近くな, ぬれば 秋風 光る 海 

ぺ まち 

邊の街 を 




243 



.JM ちょき i の 朝 か ^Nfs そき 金の 筋 見 ゆ 

われの 心に 

§ せんと!^ の 語る と 男 をば 捨てん と 云 ふと 胸 

に沁 むかな 



おの 風 君 見る 乙との ささ は, を 歎け る 人が 萱 

の穗を 見る 

あさ つ. & しろ ぐ さ はら まへ み 

朝の 露 まばらに 白き 草原 を 前にした る や 君 を 

置け る や 



秋 § 靨け 
の 粟し 
朝 t 色ミ 
か の 



な 



更 I 
紗さ 

の 

切え 
を 

手て 

ず 

さ 

び 

に 

小 こ 

よ 

切き 
る 



を Z 

知し ほ 
れ ろ 
る ぎ 
ax や 
人, 仅 

HP 
る 

と 

す 

寒 
し 

Z 

の 

も 
む 
さ 



はかなげ にお のれ 見られぬ 秋來 るとう すお 納 

ど あばせ 

UI の枪 まとへば 

乙の こがた ttu み よ こ ひ ひと 

わが 好む 小形の 箱の 三つ 四つ を戀 しき 人と も 

よる 

て あそぶ 夜 



燈 籠に 火の 點 かずなる rJ とに よ,. 秋の 悲しと 

今 も も ひぬ , 

ち ささ か, ゥき 、 

まし ろ なる 小き 杯 われよ,^ もき よくめて たき 

少女なる べし 



あき ひさび へやた な ) 

秋の 日 は 淋しせ つなし 部屋の 棚 あらゆる もの 

を もて 飾れ ども . 

なに み おも, しらば, I ,、 

何もの か 見む と 思 はば 乙 ともなく 白 匁の こと 

^ A ほ ひと 

く 行き 通る 人 



あ a- よ ぼしら 

あめ つちの 秋 はわが 倚る inK: 柱き よくつ めた 

まろば しら 

き 乙の 匾柱 

ひ ぬれ S ろ:; J た とき ゆ?^、. 

日ぐ らしが 濡 色の 音 を 立つ る 時 湯 ど浴ぴ まほ 

いし ゆ ぶね 

し 石の 湯槽に 




しか けれ 一 

み なす ゆかば ル ク、, 

身のほと,o^唯だ過ぎて行く風なども慕はしと 

わか こ fJiC 

する 若き 心 ど 



2 ジ 



よよ.,' i お なに .o る tT ゥみ 

夜の 長し 寢 起きに 何のお も はるる かの 輕卒こ 

のかる はづみ 

. ^に 居る 根 白き 蘆に あらず やと 身の おも はれ 

あき あさかぜ 

ぬ 秋の 朝風.,. 



あ 天" つ « ^き..、 を われに よ, -傳 へ しめんと 思 は 

ざるら し 

P らざ りと 言 葉 を 足しても の 云 へ ば戀 とひと 

なさけ 

しき IE とな,^ お 



し 

方;' 

の 
戀 

し 

さ 
も 

皆き 
k 



め 

の 

豆? 

の 

さ 

や 

か 

な 



な 
は 
れ 

惜? 

か 

る 

も 

の 

の 



あき きた まど つく ゑ いっしゃ < 、 ) , 

秋來る 窓と 机の 一 尺の はざまに あうても の.;^ 



ゅふぺ ひ いそすな. V .S* な か 5! ) ばみ- 

夕の 日 はてなき 磯の^ 染めて 悲しき 厠の 波よ 

ふ . 

.ON ど 吹く. 



z き 

. ほ 帷" 

ん 布た 

ぎ を 
の ば 
聲 i m 
ね 
著き' 
し 

、、 た 
る 
し 

き 

雨! 
ふ 
る 

朝き 
方 力た' 
の 



れ 初 さ 

の 秋 t 
風 も ぼ や 

來^ 

紅き 

の 

ち 

る 

や 

に 

赤 ま 

と 

ん 

ぼ 

と 

ぶ 

夕?. 

く、、 




か,. をめ の 文 を 眷く日 は あはれ にも 君 を 遠し 

f ひ 

とうち ほ5 はぬ 日 



子と 母と 淋しがれる を 目の, 前の rJ とと m5 はば 

乙 きみ 

か へ 來 よ 君 • 、 

し い きひっ^ 上つき 

死の rJ ろ も 生きながら 著て 柩 をば S: 月いで ざ 

る われの とろへ 



さ 
を 
誊カ 
< 

は 
誰ォ 
が 

Z 

と 



そ 

ど 

に 
も 

ぎ 

も 
て 
行な 
< 

が 
や 
5 
な 

と 

心ミ 

の 

さ 



ぐ 

も 
あ、 
も 
か 
げ 
に 





き 

見み 

れ 

ば 

ま 

び 
入い 
る 
ベ 

< 

別 力 わ 
れ 

る 

曰 ひ 

の 

か 

な 

し 



夕ば え や はるけ き亂 へ わが 夢の バ仃く あとの ご 

と 海の 染 ま 6^ W 

來 よと 云 ひ I 仃く べしと 書き M の 日よ,.^ 抓め て 

夜の 往に しこ rJ ちす 



五:: 妹 子が 心の 下に か へ ft- れ りと 云 ふらん 人 を 

見に か 行く ベ き 

子等お きて か へ , ^見が ちに 君 を 追 ひ 海 こ ゆる 

n: もさ はれ 疾く來 よ 



わが rJ できろ 下司に な.. - ぬと 君なくて 香油 を 塗 

かみ f 

らぬ髮 に 思 ひぬ 

ゥ a ひ しひ け ふお も 

生れた る 日の ごと 死ぬ る n の ごとく 今 日 を 思 

た, ひ § 

ひて われ 旅に 行く 



わが 泣けば 露西亞 少女 來て 肩な でぬ ァ リ ョ ル 

がう しろ せん しつ 

號の白 き 船 室 

戀 人に 逢 はん 遠し ふるさと を 見ん n 知られ 

ずい かがすべき ど 



き やうみ な、 せ ぐろ め r, ひ ひ のち 

京 を 見ん 七 瀨の黑 き 睛をも 見ん rJ の n の 後の 

たッ びと ゆめ 

旅 人 の, 夢 

かふ ぼん ぐつ; 5 と に は ^5 こ ひ 

甲板の 靴音き けば 淋し さも 俄に 戀の こ こ ^C と 

變 る 



ふ: s うへ をん な たよ あゆ 

船の 上 やまとの 女 あか つき を賴 うなげ にも 步 

かふ ぼん 

む 甲板 

すゑ こさん マ,, か な 

末の 子が 讃美歌うた ふ ふし ま はし あやにく 立 

つる 浪の音 かな 



こんじき なみ いろな み A- , 、 、、> 

金色の 波 もも 色の 波の 山う ちか さな,". -て みつ 

こ は 

うみ 氷る 



こち さっき あつ ご はり ゆ ふ ひ aw 

こ rJ ちょき 胡 地の 阜 月の 厚 氷 夕日の 花の ひろ 

ち , 

べ孜り しく 



いめ こ わ こ かほ な、 や なら ち、 

犬の 子と 我 子の 顔と 七つ 八つ かた へに 並べ 乳. 

う をん な 

賣る女 

か 5! に』 . みぎ ひだ リ し み, つ なか あし 

風 吹けば 右 も 左 も はて 知らぬ 水の 中なる 蘆の 

葉 ひかる I , 




21 



* な よ ひ はら お 

^ ^ ^ サッ クの衝 たそがれの 灰ば む 原 を 追 

ごと 

ひ く る 如し 

が づきた る 楊の 枝もシ ベ リャの 裸足 少女 も あ 

はれな, CN けれ 



やなぎ さは ほど すゑ み で み, ぺ • 

Si の木穗 すずき 程に 末 見えて なぴく 出水の 裔 

け ふゆ 

を 今日 行く 

ま むか しう じん しゃみ ふ.^ め 

眞向 ひの 囚人 車 をば 見ぬ ために 伏目 をし つ つ 

ふえな ま 

. 笛 鳴れと 待つ 



な 5: ^ しう じん なか をと 力 き 

シ ベ リャに 流されて 行く 囚人の 中 の 少 女 が 著 

たる くれなぬ. 

, し せいみ-やぐ こ ほ を S は 

力す 知らず 靜 脈の ごとうち ちが ひ 氷る 小川と 

すヾ らん ,ュ な 

鈴蘭の 花 ■ 



は 車の 卓の 肱 ぬれぬ 胡 地の けしき のこ: ん 



えき ひとむ たリ は ど しる たび 

はた 驛の人 六 人 程 あ.^ と 記 す も 旅 はけ 



6 




る 家居 か. 

ょ乙しまに斬らるる^J^jちして入.c^ぬ聖者を 

か わう きゅう もん 

描け る 王宮の 門 




277 



つ なつ かみ かみ い 

初夏 ゃブ & ンド の髮く ろ き髮 ざれごと を 云 ふ 

石の きざ はし 

よつ じばらつ ぐる 64 か 

四 つ 辻の 薔薇 を 積みた る 車よ,^ よき 香ち るな 

はつ なつ あめ 

, ^初夏の 雨 



しぼ ゐ らう あゆ とき 

うすものが 芝居の 廊を步 む時ォ オト モ ビ 〃に 

i- ぐ ぬ とき 

隱れ 行く 時 . 

さ.?' ゴき. S こ ひ うれ い は そ 

くれな „Q の 杯に 入,^ あな 戀し 嬉しな ど 云 ふ 細 

き麥 わら . 



喷水が屌に散るなぅ君が被るまし^cき紹のi 

に 散るな, o 

門入,.^て敷石の道ぃとながし君と寢んとて夜 

每か へれば 



の 

噴え m 
水 ま の 
の 尺 > 



も 
と 



の 

帆 a 

舟^ 

の 

あ 

や 

ふ 

け 

れ 

ジ 

ュ 

ク 
サ 
ン 
ブ 
ノレ 



ノレ 翅 2 

の あ 
一にい は ヅ 

化 S る 



の 

小で 

み 

ち 

に 



子- 
曰; 
曜ぅ 
の 

曰 T 
は 
あ 
ま 

居; 

ぬ 
ジ 

ュ 

ク 
サ 

ン 

ブ 



み ゆお た ふうす もも いろ 

君と 行く ノオト ル,ダ ム の^ば かう 薄 桃色に の 

ゆ ふ 

乙る 夕 ぐれ 

こえ しり うた まど した き 

だ あだ あと 聲の尻 ひく 歌うた ひ 窓 下に 來ぬも 

の をお もへば 



さっき フランス の ひ いろ A.J み ゴ クリゴ 

ああ 阜月佛 蘭 西の 野 は 火の 色す 君 も 雛罌粟 わ 

ゴ タリ! 1 

れも雛 櫻 粟 , 

が は ふね むか と卞 J *? み き あ を 

セ ェ ヌ川 よき 船 どもに うち 向; S 橡. の 並木の 十 W 

い <io ふ 

き 呼吸 吹く 



室の 中に 素足して ある 姿な ど 見知れる 人 は來, 



て も 見よ かし 



泣きて 云 ふ あま ftN に 早く われの 來 し天國 なれ 

ば、 いおち, Q ずく 



またもな く 夜の 黑地 は, なまめかし 上に 灯 をお 

きた を やめ を 置く 

い, つ マ がた た b> と こ ひびと いか 

何れ どや やつれ 姿 は 旅人の つね 戀人は 若 やぐ 

がつ ね 



おは ちゃ ぐ 

大力 力み 怪しく われの 香 はしと おも ほ ゆる か 

な 灯の 句 ふまへ 

, 1> 一 な^^ ぁ ゆ あ を と y 

うす 靑く. 夜の 明け 行く うす 靑くメ , ル の 鳥の 

こ ゑ あ ゆ 

聲の 明け, 行く . • 



森 の 奥 薔 薇 の 花 の ぁ る か ぎ ,c^ 水 色 の 羅 を y く 

たそがれ 

き』 にほ さう あきやま つた 

木に よりて 句へ る 薔薇 秋 山の 蔦に まさ, て は 

かなき 薔撒 



物賣 にわれ もなら まし 初夏の シ ャ ンゼ リゼ 

あ を こ 

の靑き 木の もと 

をぶ SS あめ ぬ ?. J ぐて う なら ゆ 

わが 小舟 雨に 儒れ つ つ 白鳥とう ち 並び 行く 

とさ 

、時 が ほ ど 



きて f に また 见ん 乙との 難からば. 悲しから 

まし 慕れ ゆく 巴 M 

旅び との 一 まなれ ども なごやかに 流る る もの か 

夜の 巴 に 



"梅 車に ある 芝居が へ -^ の :发 の 夜 身 の 程 よ は 

くやしから ざ,^ . 

^ % けう リ い しぼ ゐ & 5( なつ 

柳に 来て 1^ 附賣が もの 一一 一一 n ひぬ 芝居の 前の 夏の 

i つ &」 

夜の 月 



てら ゆ ばら は いし ざ かみち 

寺へ 行く 薔薇い ろの 類と すれちが ふ 石 /阪 道の 

夏の 朝 かぜ (以下 t 四 首怫蘭 s 泡 部の ッ ウルに て) 

なげし やぐる; う かぜ ゐ なかをとめ 

雛罌粟と 矢 車 草と そよ M と田舍 少女の しろき 

しゃ ばう 

紗の幌 , 




らね どよ ろし 

ひ ゆ ふべ わう こ ねむ かな かね づ 

日の 夕 ルイ 王の 子の 眠る とて 悲しき 鐘 を 打つ 

カセ ドラ;^ 




293 



> 、 を ► ど りこ た 3 へさか. つき ひ うみ 

あえ カなる踊子來-^ゎが前に杯をぁぐ灯の海 

そこ 

の 底 

r つ * P は > のぞ さかげ しゃう n 

夏 刀の セ H ルに 臨む よき 酒場 フックの t せの ぎ 

クリ r ばな 

罌 粟の 花 



ひだり はし Jii しゃ X ふ じん ^ やま 

「ひ. むきに 左に 走れ 御 者」 と 呼ぶ 夫人の 聲も山 

の 夜に 好し , 

つ か はみ なかみ マダム、 、、 

月 さしぬ 口 アルの 河-の 水上の 夫人 ピ 一一 ョ レが 

ぶレ さんさう 

石の 出莊 



あるじ いへ 一 V? め たきぎ さが いば や らふ 

饗する 家の 少女が 薪 をば 搜す mm E^j のし k: き蠟 

の 灯 

うた ま をと め いし かぺ 

歌うた ひ 舞 ふ 少女 をば 石 壁に わななきう つす 

らふ しょぐ 

蠟の燭 かな 



ひなげし を 摘みて 敬ら せる 石の^ 血 や こぼれ 

しと ふと 心 冷 ゆ 

ひ ごぐ あさ > SC 

:i 川に 引く とば,. の 如く 浅み ど,.^ ァ 力 シ ャ の 木 

ゆ ふ 

の ゆらぐ 夕 くれ 



ひる ほ 多 し!:. ^る 上 ひとな j5 き 

齊の程 ザ も; 3 沈む も 許すべし 夜 は 人並に 氣の 

狂へ かし • 

f もの おも ひがし し *5 r- 

さま惡 しく い たく も 物 を 思 ふかな 柬の嶋 に 子 

ら お 

等 を 置く とて 



しら 波の 沬の やうなる 眞珠の 輪 頸に 招 くれば 

す V かぜ ふ 

凉風ど 吹く • 

長 % 子に 藤 むらさきの 靴 足袋の 艴に 横た ふ 夜 

叨ご k: かな, 



の あ 

川 と 
逍^ つ 

遙き け 



て 

走 【ご 

る 

船 S 

Z 

そ 

を 

か 

し 

け 

れ 

君^ 

と 

わ 

れ 

と 



仪' 

遊, 

び 

の 

あ 

と 



わ 

が 

背モ 

子て 

は 

金, 

の 

飾き 

b 

の 

沓ミ 

を 

ま 

な 
ひ 
に 
し 
ぬ 



.i しゃ ほか なに あさ , X 1 び/ 

わが S:T 車の 外に 何 ある 淺み ど,^ フ ラタ ンの+ ザ,^ 

か J- 

の あかつ. きの 鹿 

。が S なる ォ ぺ ラ の 前の 大海に われ もた だよ ふ 

なつ ゆ ふ 

夏の 夕 ぐれ 



ふらんすの 八月の 朝凉 しく も 靴く くと なる p 

、たたみ かな 

, , Z ) , し をと めた C き きみ もん C こぐ 

まし k: な. る 孔雀の 少女 卓に 來て 君と 物 一ぶ ふず 

しめで たし 



サッ フォ ォの i^,.^ 泣 をば 後に して 君が 手に よ 

ぐ だ 

り 降る きざ はし 

西; 3 がし やう やく 知れる 心より 帷を 揚げぬ 夕 

雲の ため 




がの 前に 霧の くだる を おも ふかな 羅を かづき 

たる 君ど來 ませる 

ち rJ ちに 焰 しきりに 燃 ゆと 見 ゆ あらず 手飽 

をと こ をん な 

める 男と 女 



あみど ひ なかせき こう しゃぐ こ 

網戶 引く P ォヂ ュ の 中に 席 とれる 公爵の 子の 

夜の うすもの 



はだ へ よ.^ はだ へ に 吹きて なまめかし 芝居の 

らう なつ かぜ 

廊の 夏の そよ 屈 



容易く もめで たきもの を $ 水 めたり 序 慕の 前の 

時の た ふと さ 

Z ^J ち よ き 淵 の ご と か ,^ 身 を 投 げ ん 舞 臺 の 君 

まみ 

の阵 のく まど,^ 



かみな? "に ひ をと こ ほ かく 

髮 長き 新 男なる ュ ルナ 二 の いのち を 欲しと 角 

ふかぐ ふ 

吹く 角 吹く 

かい け ふ ば ひ ま はし われの ふ a 

海峡に 灰 を 撒きた る: S ぐ も,. 我を载 せた る 船 

なが 

流れ ゆく 




ゑ さむき. 船 かな 



海峽の燈臺の灯は明滅すゎが.^-ちっかぬ旅の 

M M ろに ::: 



3oB 



ゆゆし かる 身の 果と しも 思 はね ど 大海に. 寢て 

泣く 夜と なりぬ 

% 峽 の」 が-風に 聞けば 旅人の ざれた る聲も かな 

しき も の を \ ■_-/. 




309 



何れ どや 我 かたはら は 子の 無き と 子の かたは 

らに 母の あらぬ と 

ほし た 55 をん な さむ いき ふね 

星 あまた 旅の 女 をと.. かこみ 寒き 息し ぬ 船 を 

下れば 



,^ g の 3 だかに 見えず 讃美. 歌す 大英 瞬の 王 

てら 

の 寺 

><• f -H な、 はな をん な ば しゃ 

のまへ の isli を 七 かへ り 花と 女のお 車ぞ 

輪 を 描く 



る 

か 
な 



大!? 
も 

白? 

""ゾ う 

の 
羽 は 
も 

水う 

色 レズ; 
に 

见; A 
ゆ 

る 
んゅ 
夕: i 

と 

な 

に 
け 



て 
ま 
し 



毛げ 
巾 M 
金: 

絲し 
の 

に 

頤き 

< 

< 

る 

わ 

か 

さ 

近^ 
ぎ、 
に 
物 I 



はぐた ふ >ぶ ど うばたま 

白 塔 の 窓 の あか,^ は 烏羽玉 の くら 力-^ よ,^. も 

か な し か ,c^ け れ (倫敦 塔に て) 




ヌん? 



ヹ ジブ 卜 ぎ き うた: ^め うし あゆ ひ f こ 

埃 及の,^ 著 を 著た る 歌 女の 後 k: を 步み 灯の 國 

に 行く . 

ジブ シィの 指 鳴る 時に くろ 髮は膝 を はなれて 

か ,っ _!rj 

杯 をと る 



.,チ や こ ほ ゆ ふべ い な たび 

に は 乙 の 都 賞め 夕に は 去なん と 泣く も 旅の 

をi:..^駱^を降,^て母とs^、びその 一 人 だに 



はな か. あ を き かげ ゆ ふつ ゆ ごと 

花 を 嗅ぎ しげる 靑 木の 藤 ふめば 夕 露の. 如 もの 

の 泣かる る 

わか , あ を こ こ、 あなら 

若 やかに 靑き 木の もと 此處 ゆかん また 新しき 

ゆめ みち 

夢の 路 どと 



み, ゥ た なつ かう ろ むらさき すゐ ん 

水に 焚く 夏の 香爐 のけぶ, たるう す 紫の 睡蓮 

なな 

の 花 

あ を し-: H うみ わた ぶな きし ひと 

靑 芝の 海 を 渡,^ で 毛櫸の 木の 岛 にあるな.^ 人 

とそよ 力せ 



J, ぷ 



の 

道 さ 

か 

な 



戀 する や 直き 國をば m、0 へ る や rJ のた そがれの 

すゐ れん はな 

^ M の it 

5 し かた ふる しろ き 力: § 

さびしく も 後ろの 方の せき 城う す 黄に 光る メ本 




しづかなる 森に 向 ひて 丘め ぐ,^ きざ はしの ご 

ばな さう マ, 

と 花 薔薇 さく 

わが ある は 落ちた る 底 か 天 J;f かさし も g はれ 

かくしも ras ふ 



戀 する にむ つかしき rJ と 何の rJ る 三千 里 さ へ 

一 人に て來し 

fet.-a め おば b.3 ゅふぺ 

衰 へ に 目 まひ 覺ぇ しその 朝の をの 夕に はくれ 

なぬ を 著る 



と わ 
阿 あ が 
子 こ 思? 
を ひ 
は い 
な と 
れ せ 
ず ま 
く、、 

る 
し 
ふ 
る 
さ 
と 
を 

離 S 

れ 
ず 



の わ 

幕ぐ が ^ 

れ き 

殘? の 
る ァ 

力、 力 
な シ 

ャ 

の 

木き 

の 

し 
ろ 
な 
る 

赤 J 

さ 

お: ぐ 

室な 



^" は 、ふ" のぼ とき み な ゆ ふべ I し ぐら 

セヱ ヌ川船 上る 時见 馴れたる 夕の 橋の 晴 きむ 

らさき 



神の ごと 車 をぎ,^ て われら 行く 眠. に 行く は 




324 



ゐ ゆ な.」, -こ も ほそ, つ ゑ a はふ ヒ卞, 

率ても 行く 男の 狩て る 細 杖が 魔法の ご とく 街 

そこ こ、 

の 其 ® 此惹 




ヌ _5 



こ と ^J と と 敷石 を 踏む ひ, づ め 乙 そ 夜 の 世界の 

匂 ひなら まし 

わが 閻の眞 紅の あかり それさ へ も 髮を摑 むと 

病めば おそれぬ 



室の 中に 君が 匂 ひの.?^ だよ ふと 醉ひ 擬れ をれ 

ゆ ふべ 

ば 夕と なり 3- 

あめ ゆに ほ いろ 、 - ) 々、 

雨に 行く 匂 ひと 色の ふ,.^ そそぐ マ " 一一 ュの木 

の 若 葉 する 路 



ご ぜん にじ 、:: う ひ け is へ ぐ 

午前 二 時 ま、 ぉ廊の 灯の 消ぬ 前に か へ り來 る: 

みかよ か 

と 三日 四日 つづく 

む なみだ なが いき たのし 

a はると 淚を 流し ため息 をよ ろ rJ びに つく 樂 



として 据 ゑら れ しごと 我れ あ,^ ぬ n の 美く 

しき 濃の きざ はし 

BI * の地默 の 給 Jl かの rJ ともそのロの業も見 

透かして 云 ふ 



水ぃ^<:の木の下の椅子ぅゥくしき指もて叩 

こ よ ひと 

來 よと 喚ぶ 人 

あよ か ひなげし ぁゐ 

ir^ れ なる 香 こそた だよ へ 雛罌粟に 藍 をに じ 

せ 野 邊の暮 るれば 



泣める 水 ほのほ 浮け たり 乙れ や ぎ p ダン の 作 

をと こ をん な 

る Ef^ と 女 



§c となり 遠き と rJ k: へ 汝 が rJ rJ ^C 飛 び 行 き け 

んと手 をと りて 閒く 



初夏の 野に 一 ne ぬ とわれ 綠 と金に かくま 

はれつつ 

ひとり . あした をの . > - y ひ、 

一 人にて朝はぁらん園のぅち^^;カさがしに來 

たま はんまで 



繪の 中の 飛ぶ 天女 さ へ 仇な すと よき は 憎みぬ 

あ, のす さびに 

ジブ シィの 見世物 小屋のと,^ おくれ 祭の 後の 

並木と ならぶ 



ぐ-;^ 1 の みげ-ものし やせう w つ 

箱 車 やから を 載せて 兄 世 物 師瘦馬 ひとつ 附け 

しかな しさ 

ぁ -^ ふ れ し 戀 ざ め よ ,^ も 哀 れ な ,^ 街 の 祭 の ぁ 

ひ か 

くる 日の 



々』 > げ u む た ; rut しゃ かほ み 

木の 蔭に 眠りの 足らね 御者の 顔 ひとつ 見 ゆる 

もな まめかし けれ 

ふつ つかに 鳥の やうなる 裳 を; 3 ろ げ 花 M の n 

みせ あ こ ろ 

が 店 開く る 頃 




3S5 



寒から んモ ン マ 〃ト 〃の 女 t.^ 文受 くる 子 も 

あき あした f 

彩の 新 は . 

普請 塲 のか こ ひに 貼れる お 納戶の 廣吿繪 など 

b さ 

さむき 朝 かな 



あ s か 4- が 5- せん もん な きな 

秋風 は m 旋 門 を わら ひに か 泣きに か來る 

つじ 

の 辻よ, CV . 

かへ りみ ぬシャ ンゼ リゼ ェ の うづ だかき 

の 持てる 葡萄色の 秋 



自動車の 後ろに 高き 噴水の 立つ と m 心 ふ が 乙 乙 

ちょき かな 

もリ い しろ どハ どう ひ こ ひ こ、 ろ 

森に 入る 白き 大道 わかき 日の 戀の 心の おもむ 

ごと 

く 如し t . … : . 



つ もリ みち なみだ 

ひろくして 盡 きんとも せず 森の 淚す るまで 

ねな 

嫉 ましき まて 

a つ みさな をん な め いろ しま はつ あさ 

松の 幹 泣ける 女の 目の色す その 島 かこむ, 初秋 

の 水.. 



を 浮 g 
や 床^ 
ら を 

ま 靴 4 
し の 

1Z 

け 
ば 
白 k 
き 

鳥リ 

も 

の 

云い 

a 

に 

來 き 

n 

何 g 



浮う 船 S 
け は 
る 皆き 
あ 二 ま 
ひ 十" 
だ 足た 
を ら 
ず 
が 
漕 こ 



船 待の 木の 腰かけに 鳥の 毛の 鹏 子が もの を. お 

あさ 

も ふ, ^ 力な , , . . -tf 



手のひらに 小雨 かかる と 云 ふこと にしら 玉の 



齒を 見せて わら ひぬ 




白鳥 を もて あそぶ ため 手 を 打ちぬ はた 嬉し さ 

のお も ひての. {^ め 

秦 

かさ し ひと ふね あが ぎん 

傘 あけて われ かし づきぬ 岛の人 船 を 上れば 銀 

あ め 

の 雨 ふる 



しぐれき ぬ肱褂 椅子の 十步ま へ 赤き 花^ ふァ 

力 シャの 木に 

1 な . や;; :! かしこ ケ とこ をん な あめ 

離れた る ,い ちじく の 尾根 彼處 なる 男女 も 雨 を 

わ ぶ ら ん 



あさ ひ い ,っ み なみ そ 

秋の 日の 泉の 波 を 染め 

しろ 

白と に 

ももぃ^cとil脂の輪を 

あ i^.- あめ 

秋の 雨 ふる 



わ かぜ あ を 

分けぬ 雨と 風と が と 



ばな ぐ さ お にば 

ば 花 草の 置きた る 庭 も 



うつ をん な ふな つ 5- しよう ばぐ てう 

美く しき 女ば か, の 船め ぐ,^ 追從 をす る 白,:: :| 

けい ば いへ めし ; と め ごと 

ロン • シ ャ ン の 競馬の 家は窗 ひ,;^ る 少女の 如く 

_c い 踏みて 立つ 




34^ 



冷 S til 
iz に 



か 

け 
れ 



見み 

る 

セ 

ェ 

ヌ 

の 

底き 

の 

秋 g 

の 

わ 
が 

5 
れ 
ひ 

b 



薄) 秋き 

mi の 
の m^i 
裾? 支し 
那 すよ 
す 
n 
れ 

b 
セ 
ェ 
ヌ 
を 
ば 

け 
る 

君! 
の 



£T 享 ひとつやと ひそ rJ な ひ 背負 ふ rJ ともとよ 

^知らず なめげ なる かな 

か は そ み • つ i つや やしろ ちゃや まど 

川に 沿 ふ 水い ろの 茶屋 白き 茶屋 ギオ ンの 窓 

な まど 

ビア ノ 鳴る 窓 



a が ぃレ あき ; ふ 

曲, c> たる 石の きざ はし 秋風の よ,^ めきて 吹く 

石の きざ はし (以下 二十 首 フォン テン ブ ロウに て〕 

力,、 きん わう ャ- する しゃう ぐ も うつ = タ と 

唯た ある は 金の 王座と 水晶の 曇れる 器-たび;: < 

の われ 




く' 3 ヰ 9 



ぐん わう "や こん じき ま ぐら あ 40 ばつ 

いにしへ の 君 王の 閻 金色の 枕に かよ ふ 秋の 初 

か ぜ . 

す を どり ば みた リ 

うる はしき ァ ンリィ四世の踊塲にふた,.=^三人 

の 低き 靴 音 • 



す ほ しゃう とう ろう ほ. V て わう. あた ひと 

水晶の 燈 籠の もと 細き 手 を 王に 與 へ て 人 あゆ 

みけん 

と • し な わう たち な わす との もリ さむ 

年の 名 も 王 達の 名 も 忘れずに い ふ 殿 守の 翁き 

こ ゑ 

磬 かな 




お 4 みや みプ いしがき も 、いろ さ ひャリ 

大宮 のうしろ の 水の 石垣に 桃色 を 著て 肱 か 

ひと 

る 人 



なほみ や おり あき か. .£i fe^ 

大宮の ゴブラン 織に 秋風の 通へば 旅の のれ 



王 后 はい まさぬ 跡 もめで たかう 黄金のと ぱ, CN 

たま たく 

しら 玉の 卓 

きさき てう ど べに ひか との まど 

をの 力みの 后の 調度う す 紅に 光れる 殿の 窓 あ 

力,^ 力な 



ぐ も ぬ あそ ばぐ やう て お >p 5* ろ 

雲き た,^ 濡れて 遊びぬ 白 楊の 木立の なかの 圓 

する ばん 

き 水盤 

おはみ やい し つめ ふ たび ぴと あき 

大宫の 石の きざ はし 冷た かう 蹈む 旅人の 秋の 

,こ ころに 



かみ むら ft> き ぶな こ だち か 

わが 髮 もうす 紫に しづくし ぬ 毛 機の 木立 を 風 

のす ぐれば 

.ぉ 車 ひとつ 蹄 音た てて 過ぎ去れば 毛櫸の あか 

あ を 

りの W くひ K? がる 




の 姿と 

きん す むらさき S かぜ あき も SV 

金 を 刷う 紫 を 撒く 風 あ, ON てあかる き 秋の 森の 

道 か な 




した ぐ さ あか むら ftir- かぽ た, 、、、 

下草の 赤紫に しら 樺の むら むら 立ちて うら 力 

なし けれ 

なみ はくやうた み i -v は- あ, を I 

浪の ごと 白 楊 立ちぬ 見る かぎ,^^ く靑 める 木お 



SS7 



^ わ うれ ひ にきよ あき もり 

身の ほそる 我が 愁 にも 似て 淸し 秋の 森なる し^ 

か ぼ えだ 

ら 梅の 枝 

た そ が れ は 森 よ ,..^ わ れ を 追 ふ ご と し と 踏 む 

まち ひ 

べき 街の 灯の ため 



^^の 腐に ii た ふ ■ の姬^ の Si へ て旅寢 す.^ 

か な (以下 十四 W ミュンヘン にて) 

11 る M となくて 我 见る惡 しき 夢う と 1 ^"しき 夢 

かずまさり 行く 



H ゥ は ブ 

歐羅 巴の 

な をん な 

泣く 女 わ 



光の 中 を 行きながら 飽く rJ と 知らて 



を じろ 1 まひ ひと うへ てら さむ なか 

靑 白き 天つ n 一 つ わが 上 を 照して 寒し 外に も 



こ きみきた ひ ものぐ る 

子 をす てて? If; に來. ^しその n よ, OS 物 狂 ほしく 

な ,c^ に け る か な 

こ、 ろ ぐる こ ひ と きみ ぐち をし 

わが 心よ し 狂 ふと も戀 人よ 君が n よ- > 敎 へ .fi 




むれ あら hV ばし 

たる 群の ハタ ひて 走る がごと きィ 



か な 



ィザ〃 



が a ろ 

川 *ni き 



なが 



^に 渡した る 長き 橋よ,. あ ふ 



ゆ ふ 

夕 



の Iff? 
な き 

が m 
る 乙 

る が 
ね 

の 
繡? ト) 
を 

け 
る 

fe だ 
'が 

を 

れ 
る 

枝 だ 
雨 ま 



れ い 

ど か 
倒 S ば 
れ 力、 
ん り 
と も 
し の 

n 思? 
ふ 
ら 
ん 

が 

手て 

に 

わ 

が 

手て 

は 

あ 



其 處此處 に. g 葉の 枝 を 隱 したる 木深き 森の 秋: 

のた はぶれ I 

こ ひ と せかい あゆ た マ) ^L- ^. 

戀 人と 世界 を 歩む 旅に してな ど われ 一 人 さび, 

しかるらん 



わが 夫子よ 君 も 物憂し かかる と 云 ひ はなつ 

ぐる 

ir^ て 狂 ほしき 力な- 

ふね しろ ばか ば みなと ばし きみ 

わが 船 は 白き 墓場と な,^ にけ,^ 港の 端 を 君が 

ふ とき 

路む時 




さびしげ に 海に 浮べり わが 心 H トナの 火 をば 

なほ 

猶 いだけ ども 

フ ヲンス jSTJ み わ ふ い みなと あき 

佛蘭 西に 君 をの こして 我が 船の 出づる 港の 秋 

ば ひ .S ろ 

の 灰色 



3( 化 



ゅく先かはた^^し方かゎが心引くなるもの の 

あ,^ か 知らず も • 

, は 赤 とんぼ ほど 浪 こすと 云 ふ 話な ど 疾 く 

語ら まし 

7 

J 




の 秋 g 

夢 s く 
に れ 
立た ば 



て 

ど 
も 



根" 

も 

枯カ' 

れ 

ぬ 

ら 

ん 

雛コ 

粟 

は 

夜よ 

な 

夜よ 

な 

舟 



大き 秋? 
船え' の 

に 海 /3 



し 

て 



わ 
れ 
は 

sir* な 
し 
さ 

喪' & 

の 

國 1[ 

を 

さ 

し 

て 

去い 

ぬ 

な 



なんごぐ こ み す なみだ きの ふ ^ あば 

南國の 木の {焚 を 吸へば 淚 おつ 昨日の 戀 の.^ に 

似 たれば 

しじ ふ ど けい しゃ なや , ふ52 4, ^ ひ L f あほ > 

四十 度の 傾斜に 惱む わが 船に 馬 太 傳讀む 尼の 

ラ とまし 

- ^ "メ 



せん しつ に じふ しとき き 二. t タ 

船室の 二十 四時に 間な く 聞く 浪 m よ, c> も 翁き 

こ ひ 

^ 1 戀 す る 



> ひ あ A ピなこ ひ b ^ よみ ,ヒ 

ミの人 はなに を 商ふ戀 びとの, き淚 としろき 

なみだ 

. ぎ と (コロン ボ にて 玉 寶の. 土 人 に) 



い なみだ ひ うが- gj^ 

云 ひがたき わ,^ なき 一 M お つるな,^ 日向の まの 

あ を うし は 

靑き 潮に 

: ら みなと い い こ ひ こ、 ろ S く へ 

夜 明く;: i 丈 船 ど 港に 入る と 云ふ戀 の、.^ は 行方. 

知 ら ず も 




をん な 

け 》9 '女 ごこ k: に 



わが 船の 著く よ K:nJ びに 父母の よみが へ ,o^來 

ば うれし からまし 



37 



IJf ^ほどきく. れ髮の 我が あ,. -し うす 水色 

せんしつい 

の 船室 を 出づ 

も、 とせ なかごろ 上 か し 

めでた かる わが 百年の 中頃に 四十 日 あう ける 

せん しつ 

しろき 船室 



な, こ とうてん ひ 

涙お つかの 登 天の 乙 乙ち せし いてた ちの 曰に 

似ざる ものから 

おいろ の 船に か く^ひ 黑髮の 人 か へ うきぬ 捨 

てられに けん, 



あはれ にも 心 もとな き 遠方に い のち をお ける 

汝が母 かへ る 

あ if き 乙、. C て しち にん こ な 

味氣 なく 心み だれぬ わが 手の み 七 人の子 を撫 

づ る R に 逢 ひ 



マ ルセ ェ ュ いと あわてた る 乙 乙ち し 

たるい や はての 馬車 

こ みなと あ 3 、、"^た t ノ 

別れ 來し 港の 朝の けしきな ど片 はし 



t もも u じ やう なみだ み な 5: ひと り マス ごぐ 

子 を 思 A 不淨の 淚身を 流れ われ 一 人の み天國 

お 

つ 

い、 い ^ -^. か なに, け, ふ ふ 

家に 人,. 十日に なりぬ 何せし を 今日 も 昨日 も 

はかなさばか^^ 



_I^Jぇてgしき1sを^にゅくと人の語れば淚 

こぼる る 

とさ ぐろ 力み 

ひ 一 ^ てが のうら めし さまさる 時 わが 黑髮に 

へび うな 

蛇の 生る る. 



—もた ひ うれ ひいて ふ いろ み 《v 

しろがねの 甕に ささん わが 愁 銀杏の 色の 三十 

ち うれ ひ 

路の愁 

心よ. OS 見 じ 聞か じと て歸, 乙し 國 ならな くに 

こと 

事の ものうき 



あこ S ぐ s お その ふ 

阿子と 云 ふ 草 や はら かに 生 ひしげ る圚 生に ま 



ろび 泣寢 すわれ は 



子 を 思 ひ 一 人 か へ ると ほめられぬ 苦しき 乙と 

を 賞 め 給 ふかな 



今 さらに 我れ くやしく も 七 人の子の 母と して 

しな 

品の さだまる . 

すゑ よ ひこ ひ 

ああ 9^ のれ 末の 乙の 世に ふさ はざる 火の 戀を 

たんめい し 

して 短命に 死ぬ 



>i をと こ こ ひ らゃ, e 

わ 力い のち 男の 戀の をれ よりも 危 きものと か 

ねて 思へ,.^ 

歸る n を さし も 急がず 船に 居し その 曰の まま 

のむな しき、: i 




z 、一 3 $*ぃ r や おや 

心 ,ょ ,c^ ^ に さ 云 へど 已み がた き 親のお も ひ を 

われ もしに けん 

な、 いまな めみ た ,乙い ろ i、 i 

母 は 今汝を ひと 目 見て 足,^ たれば 心 力 は ,《-w 

せんすべ もな し 



きみ み 

君 見ん とも 



てる 驟ひ のかな はぬ を 病と 云 ふ も 

ふるめかし けれ 



けうと しゃ おろそかな > らぬ戀 すると 今日 知る 

ひと い 

ごとく 人の 云 ふ rJ と 



卢 



や t* 5 ご ひきた 

山の 動く 日來 る、 

かく 云 へ ど 人 われ を 信ぜ じ。 

やま しばら ひ 

山 は 姑く 眠,^ しのみ, 

むかし かれら ,やな ひ も うご 

その 昔 彼等 皆 火に 燃えて 獻き しもの を 

しん 

さ れ ど、 そ は 言 ぜず ともよし, 

人 よ、 あ あ、 唯 これ を 信ぜよ、 

ねむ をん な いま め ざ うご 

すべ て 眠, CN し 女 今 ど目覺 めて 動くなる 



わ 
れ 
は 
さ 
び 
し 

み き 
物え 片さ 物 さ 
書か 隅, ^ 書 
か の か 
ば せ ば 

^ ジ ^ 



人う 
稱 ^ 
に 
て 
の 

み 



ミ 



S にん しょう 

一 人稱 にての 

わ れ は、 わ れ は A 



わ か ほ し お 
れ かつを か 
をる とた 髮 
褒ほ乙 つれ ぞ 
めと くて ほ 
や 知し 溜》 湯 ゆ つ 

が ら 息 g 瀧き' る 

て ぬ は に る 

ま 男ぎ 火 ひ 打つ 



ひた ひ V た 

額 に も、 肩 に も、 

かみ 



. ?:; るる rJrJTCTP ち- 

の 如く 且つ 狂 ほし。 



し 



た 譏る らん。 



m 花 さ 水 5 わ 
る も も れ 
る ここ は 
は れ れ 愛め 
若' も に に づ 
し 役な fm 新き 
粗 4 げ ふ し. 
忽ミ 入 いれき 
な る ば 薄 さ 
る れ 涙き 手で 
ばと の 
の 火 ひ 流?, 坡は 



や さ 



素 燒の 土器よ 6. も 



璃の鉢 を。 

1 ゝ 

も 

とど 燃 ゆ る。 

手に 碎け 去らば- 

、力 よ わ く 



m わ ハ m 弟 u 
奥? が モ き 刀 
mx 油, 二 草: の 

にじ カレ、 51 

包で み をき の 
まし 近? れこ 

れ 櫛& 所 ^ に Z 



靑く、 且 つ 白 一 



ろ よき かな。 

き,^ ぎ,^ す啼 き、 

げしゅく. ふ ものう 

の 下宿に て 吹く は陋 けれども、 

笥の底 を かき 探れば、 

し 細身の^ 刀 こそ 出づる なれ ( 



唯 $ 


蔭 力げ 


喫の 


わ 砂 3 廿 5 


m に 


お 


m 


む 


れ 糖? し 


草 こ が 


そ 


に 


乙 


はのと 


の き 


る、 


男! 


と 


近?、 m 云い 


味? か 


か 


に 


を 


頃 g し は 


は ぶ 


の 


似に 




煙;! と ば 


云い ら 


粗 そ 


る 


に 


草 こ や 粗 そ 


ひ き 


41^、 つ 


と 


秘ひ 


を 思? 忽ミ 力 S か 


入 ひ: 


云い 


め 


喫。 は 人?' 


1z 煙 S 


Z 


は 




み ん 


し 草 こ 


そ 


る 




m 


の 


い 


る 




へ 


味 S 


と 


は 




ど 


は 


多 (1 


X 






な 


し 








れ 











Y1 



S93 



394 




むち わす 

「鞭 を 忘 る な」 と 

ヅ ァ ラッス トラ は 云 ひナ, CNO 

をん な うし フ, ノ 

女 こそ 牛な れ、 ま た 羊 なれ、 

附け 足して 我 ど 云 はまし、 

「野に 放て よ。」 



一: 貧:' 


寸 ic れ 


Z 


水 J 


す わ 


つ し 


は 


の 


し 

晶き 


ベ が 


—1 さ 


Z 


ミヒせ 

円;^ 


の 


て 祖^ 


つ に 


の 


玉!' 

ぐ 




に 母 ぼ 


わ 與き 


靑? 


の 


數ず 


m の 


が ふ 


玉 1 


珠ぉ 


に 


奢 i 母で 


兒こ ベ 


の 


數す' 


も 


を は 


等ら き 


まゆ 


を 


倦 あ 


m わ 


の 玩 f 


數ず 


爪ミ 


さ 


み が 


手て 具す や 


を 


繰く- 


lit 


し 知し 


に な 


解と 


b 


瑚ご 


と 、 ら 


ど き 


さ 


し 


の 


よ ぬ 


置お ま 


ほ 


と 


诛ゅ 




人? 


く ま 


く、、 


X 


數ず 


な 


な 


し 





に 


れ 


る 


て 




も 


ど 








倦 あ 










さ 





ブ とわ まわ 言 ^ わ 
n が た が 葉' ゴ が 
心 1 何 ま 歌 4 を 歌 さ 
息 S は を に m の 
に m 附っ m% く 短 
乙な けく とけ 

k ら 足た ベ XI れ 



X、 



マー 



ば、 

おも 〈りつ I . 

きもの 無し、 

さ ん。 

えら も 

ねば 鰓 を 布たず、 



いち 



切 を 歌 ふなれ。 



すいつち よよす レ 

よつ あき ち ひさ ひちりき 

初秋の 小き 靠篥を 

な こ ゑ あ を か や 

汝が聲 に靑き 蚊帳 

すいつち よ よ、 な ぜ 

ばつ あき i に や: 、 

初秋の 夜の 蚊 K は 

すハ つちよ よ、 す い 



つちよ よ * 

吹く すい つちよ よ- 

さら 

は .史 に 靑 し。 

と ぎら 

に 聲をぱ み j! す ど 

,0 U ごと つめた 

水銀の 如く 冷き を 

つちよ よ。 



い 手て mi 了 
つ 握?: 貪え' ノレ 
のみな ホ、、 
W のる ォ 
も 二 (: 男ぎ ス 

ざ 錢 の 石お 
ら 銅き' 方 ま WI 
に 貨/, 形:: の 



9- 



あぶらぜみ i 

汕蟬 のじ じ、 じ じと 啼 くよ、 



泡 な 6. 

ひら お ほ 

こ sfl くし、 

£ く プ 



な ゥ, 

げぃ じつ 



あ る 藝 術 



ぐ さ 

口な う、 



ひ ひやう 

の 批評な 



芥? 


-> ^か 

C m お 


害 あ 
円 を 


寢ね 


そ 


柱 e 


わ 夏 


'た 

に 


の な 


き 


汗 5 


を 


ら 

み 


カミ の 


流?, 中? る 


蚊 力' 


の 


傳 たつ 


な 


夜 


れ 


に m 


帳 や 


香 力、 


ふ 


m は の 


て 


靑 1 は 


は 




雨 g 


の 


泥 g ど 


寄よ 


白ん- 鹿? 


蛙; 


か 


漏 § 


ご 

lit 


m し 


if し 


a. ェむ 


の 


の 


く 


の や 


る 


わ 菜 k 


喉? 


な 


水き 


さ 


底き 降 




が の 


の 


し 


は 


み 


と b 


見: み 


顔 如 f 




さ 


山', リへ 

!H 匕び 




な の 


草 t 


Z く 


< 


よ 


の 




る 雨 


な 


そ 戰 ^ 


mt 


X 


如 f 




ら : 


れ 


く、、 


れ 


わ 


し 




ん : 








さ 









子 仁 

の 



や 何? I を M 雑き 
が 物 J は と 多た 
て を 事 1 云 の 
一' 5 も を ひ 形!? 

m 附っ 好 5 小? 容き 
をけ むと 詞し 

im 足た 子て 云い を 
へさ 供 f ひ 附っ 

しぬ の 善 まけ 
故 X は 所れ と 足た 

な 爲ざ 云'" さ 



唯 だ 一 ム」 と、 若 く は 「我」 と のみ 名吿る どよ き。 

ん とする は 誰れ ど 

; 31 惡 と 云 ひ:::: 

な う。 

る を。 




あ ひ-も み. つか 力から ため ひと ゆ 

利 共に その 自らの 力 を 試さぬ 人と 行か じ。 

>^ f こ、 ろ すき ゆだん 

很 等の 心に は 隙 あ う、 油 斷 あう。 

こと ぜん あぐ い こと おも 

よし も. なき 事 ど も —— 善 惡 と 云 ふ 事 ども を / る よ。 



XV 



402 



i は.? -と s き、 酸 き、 充 た ざ る、 如 何に あう しと も 

いま あま ,,, 、ド ヽノ r 、 

今よ 甘き 力お, はしき 力 

いま ュ た :!J , ち;^ ら > > 、 、f ^ 、 。 

な 「は 舌 を 湘すカ ある 力,^ • "き 力 

^ よ、^ の £ に 立. ぬ 果資を 摘む 勿れ。 



我 1) 




さ 


-l^f ぬる 

ォ乂れ 1 ほ J き 


M 我 J こ 商き 


は 




れ 


の 人? 


の 

^ ノ 


の 


人 ひ • 

ノ、 と 


; V 


か 


ど 


食 i 等" 


fei し 

ノ nj う 




绝ら 
ザ 


る 


に 


m 


ふ よ 




人 リ 
ノ乂 


の 

レン 


事^ 語 g 


人? は 晚 /で 


は 


ok 


淮も 


を 


れ 


等ら 


猶 II 餐ぇ 


El め 


に、 

レ 


せ 


も 




X 


我!" し を 


ir 

k 、 


i つ 
ぺ し 




聽 3 




あ、 


の 振 f 


て 

し 


ス 


き 

ft や 


< 




の 


舌 舞" 


Si み 


は 

は 


'^免 


を 




お 


の へ 


ち 


奇 S 


に 


X 




の 




ぬ 


異ぃ 




/) 




其き 


ふ は 




な 




Z 




最ミ 


な ふ 1 ト 




ら 




ぶ 




近 1 






ん 





の な 
所 k れ 
得さ ど 

に .. 
就つ 

レ、 

て 



わ 


地 人? 行 ゆ 


れ 


に は く 


は 


^ m ほ 


他た つの ど 


の 


る 如 f に 


游き 


人? く 街? 


ぶ 


影 1' ゲ 跳き は 




に h 暮ぐ 


游チ 


わ とれ 


ぶく 

#^、 


がちて 




影 fi^ し 明 y ラ. 




の 火 ひ' る 




入い は さ 




!) 波 S 月 S 




まの 夜よ 




じ 如 f の 




る く 海 /1 




如 f 泡き と 




く 立お な 



つ (J 



404 



われ は 知 る、 つ ひに 一人な,^ 



XVIll 



J. ぐる ま たえ ま うご 、 

かの 齒車 は斷 間な く 動け,.^ 

し, つ 、 1「 X ^' 

靜 かなる まて ぃと忙しく^?;けり 

かれに 空しき 言 葉 な し、 

いれ なか いっさい <3 ヤ 

かれは 彼の 中に 一 切 を 刻む やらん 



すべ て 異性の 手よ,.. - 受取る は、 

あた、 に ほ ば で 

溫 か く、 や さ し く、:^ は し く、 派 手 に、 

胸の i の わりな くもと きめく よ。 

をん な 

女の みあ, りて、 

や- んな て をん なて わた もの a ザ 

女の手よ,.. - 女の手 へ 波る 物のう ら淋 

ちゃ じん あ ひだ うけ わた こと ぼ ごと 

お な じ 茶人の 間に 受 渡 す 言 葉 の 如く I 

るかな" 

rJ の ゆ ゑに 我 は 女の.^ 方なら ず、 

われ うら »» をと こ きら 

rJ の ゆ ゑに 我は裹 切らぬ 男 を 嫌 ふ。 



407 



さび をん な むれ 

かの 11:.- のみけば けばし くて、 淋し かる 女 の よ 

f ,に ん して。 

かの 傷 な き 紳 十 よ。 



お よ わ 
に り が 
附っ 多 g 心? XX 
き く は 

流? * 火 ひ 油 5 

る をよ 
る ば ' 

も m 
是ぜ め 
非 ひ ど 
な 
や 



4oS 



彼お w 


き、 


受!^ 


職る 


等ら を 


を 


ぉジ は- 
1、 円い 


さ 


は 過? 


出い 


せ 


さ、 


豐 i る 


て' 


さ、、 


る 


m も 


て 


る 


象ミ 


m の 


早ま 


卵き、 


皮 ひ 


の 凡? 


< 


の 


の 


ュ rfii ふ そ 


も 


如 f 


如 Z 


穗ほ 此ミ 


老ぶ, 7 


< 


< 


の 三" 


い 






阔& 色く 


し 






の を 


顔 fa 






一 も 出い 


す 






流? て、 


る 






の ザ 
ゝリ ク 


'づ 11 < 






人? 


駝 えど 






人ぐ 


の 






な 


子 こ 








の 








如 f 








< 







しろ ぁリ しちゅう いた ti 

白蟻の. 仔蟲乙 を慘 しけれ。 

しよくち ゆう かって しげ irj 

職 蟲の滕 手. なる 刺激に、 

へい ちゅう せい しょぐ ャ J う しょうちゅう 

兵 蟲 と も、 生 殖 蟲と も、 職 蟲 と も、 

即ち 變 へらる るな, c>。 

しょぐ ちう そ の かって む ざん し げき 

職 蟲の其 勝手なる 無殘 なる 剌激は 

K- う れつ しょぐ もつ 

陋劣に も 食物 を もてす。 

また それ ら かく しゅ むしお は す 一 

さて 又 其 等 各種の 蟲の 多き に 過 ぐれ 

職蟲 はやが て 刺し殺して 食 ふとよ。 



XXlll 



7- n あ^ 

し MR や ひ 
の 子 こ て 

十 さ は -! 1 

曰か 靑き 曰 力 
良き ざ 經' 

人' し め 1 と 



と て 

多 g f^?: 
く 弱 ^ 
語 ^ の 

ら 人 ^ 
r の 
M 如 5 
子 こ く 
等ら 
を 
抱 だ 
か 
ず 



り 



4" 



I' し 

の か 

M も 

t し 曰 あ 
ん ni3 き 

の 子 こ 

m の 
は 動ぎ 
m ず 
の は 

夜よ 羅! 

の 

の を 
如 f 透 4 



^ ぞ: ッ ァラッ スト ラを 一 n 一 夜 に 讀 み 終 り 

あかつき かみ あ. .r っ&ゃ ュ、 

を の 曉、 ほ つれし 髮を搔 上け て.;^ き W 

『辭 の 過ぎた るか な』 と。 

して 慄へ、 

くな, CN き。 



黑ぇ BBS 
き 子 こ 
互 f の 
像? 幻? 
の に 
上 あ 見み 
げ る 

iz は 
る ヅ 

til ァ 
の ラ 
手て ッ 
な フ、 
b 1、 



ラ 

の 



412 



わ 立? 


か 


お わ 


ーレ お、 

ノ、 な 


1 と 


が 枠? 


か 


は 


が 


勢 ま だ 


mi 模も 


る 


湯 t ふ 


姿 J と 




M 様? 




の 


Z 


居? ^ 


人り 


に の 


は 


や 


そ 


る 


あ 


ま 水 5 


凍! 


ラ 


し 


ト おお- 

An TV 


る 


じ 淺き 




に 


よ 


z、' 
て 


It ひ 


れ 葱 


ぬ 


ぎ 


ん 




丄 


ば は 


ら 


< 


ぼ 




9 


う て、 


ん 








、) 

も 


ら な 




も 


と 






淋 J 湯 t& 






細 g 






し 帷" 






b 






や 布た 






や 






を 












著き 






る 






12. 






る 






れ 












ど 












も 













4n 



隣 参 木 こ 靜^ 


そ 


燒" m 生ま i^g わ 


の の 


か 


の 


針^ 瑯き 湯 ゆ の 力; 


肥 こ 葉 は に 


上ミ 


の 色 ミの盥 ^ 家 こ 


え は 


ーレ "jt? 

大 S 


に 


頭 碧 の 水 さ に の 


7d 皆 5 


さ 


モ 


を 日! 5 に 子 ^ 八^ 


lik 霄ぞ 


や, 

な 


ザ 


並 1 光 i 浮 1 供ぎ 月 5 


い 汗 J 


八 ん 

金 1 


ィ 


ベ に、 上 力 あ, 等ら の 


fejE に 


網 S 


ク 


て ムの日 ひ 


は 光?、 






呼い 飼 も' の 


木 S ^)、 




の 


吸き ふ 午 ご 


の 




ガ お 


を m 後、、、 


ぎ 




を 


す 目め 、 


に 




映さ 




眠 S 




す 


は 











た 








儘で 








死し 
















や 








ら 








ん 









414 



じ わ 

b が 
じ す 
b る 
と 幅 ま 
じ 廣? 
b の 

し 怖卞 

b Z 
と そ 
卷ま 大, 
き 蛇 ま 
し な 
む れ 
る 



415 



^ わ あ 

も iz n 
ひ しあ 
なのの 
し 心 1 花き 

h k が 
ま さ 惜 f 
feu し し い 
ら 现? ほ 



夜 あけに 降った 夕立が 

卞 k な:^ しろ すな 

庭に 流した 白い 砂、 

こな ひだ 見て 來た I お 代の 

る。. 

埋 れて魏 を^す f 



すり がみ が は 

IS 上 川 が も は 

すな 

砂 

リ1 



つき 



た黃 色の 月見草、 



ど 

き 



; i ノ> ね ど も、 





今^ m 


さ 


^こ ^ち 
で ひ 円 を 


爭ぁ 
円 を 


靑 


さ 


聞き 


- へ 


び 


せ 




い 




く 


< 


ば 


し 


ぬ 


す 


蚊 も > す 




m 和 5 




北 1: 




帳" 




世 t 




泉 アナ 


さ 


の 





に 


o 


づ 


變^ の 


び 


わ 


ち 


來 S 


ち 


か 




&は 


し 


た 


X 


て 


よ 


ぬ 


な 


に 




し 


の 


啼な 


X 


小 こ 


く、 


て 


女^ 


と 


心 ま 


く 




娘! 




聞き 


と 


思 も 


で 


n を 




の 








ふ 


は 






円 を 




た 


ふ 


ら 




す 








其, ジ 


ら 


ん 








す 




聲 i 


ん 















も 








ち 

















X 




ち 












よ 





よ 



4i8 



い 

さ、、 も い 
今') m す 
ふ く レ、 
此^ な つ 
頃ミ fit ち 
を く よ 

F1PI た , よ 

b わ 
な た 
ん し 
は 



よ 



わ や t 
ブと つ n 
しれし 
のの の 

髮^ 見& 外 
をえ の 
じる 聞 
つ わき 
と た 慣 
見 7> し れ 
ての ぬ 
虫ヒ 頰ほ 男 



靑. S すいつち よよ、 

^> なな だ *| 

靑 いすい つちよ は 何ぜー g きさして 獄る ど。 

I «v き な をと 乙 い き よ V リ 

の 氣 に 羞 ら ふ か。 



こ、 ろ むせ 

の 心 も 咽んだ か。 

すべ しあ はせ 

凡て 幸福 だ 

來て とまれ、 I 



わ 
し 

の 

左 

の 

白 

腕な 

を 

借 か 
さ 

ほ 
ど 
に 



42Q 



421 



Ti ひ 七 ほ ものごと うら 

蕃 しと 人の 褒 むる 物事の 裏に、 

-っ り まん しん しつ と ひそ 

偽と 慢心と 嫉妬と 潜む、 

みに ぐ ふ じゅん ひかり 

そ は 醜き 不純の 光な,. y。 

我 は 身 を 投げて あらゆる 罪惡と 悔恨と 耻 r^T とに 抱かれ まし、 

その 隱れ て徐 k: にあら はるる もの ほど、 

とほ ;v ら はし と 乙し へ かヾゃ ごと 

遠 空の 星の 永久に 輝く 如く、 

じゅ ス きん さ こん がう せき す ごと 

純金の 錯び ず、 金 剛 石の 透き とほるが 如く、 

い つ 見ても 活活 として 美く しく 好ましき かな。 

、 ぴほ のゝし す な は の、 し a た クク 

あおし 人の を を 罵る も 素直に 罵る なれば 亦 美く し。 




4S2 



しき がらす たか . ど なか f 

彩色 硝子の 高き 窓 を 半 ひら き、 

^ J ,、 いん ど さら さ まど かナ もと 

to きし ほ, 9 たる 印度 M 紗の窓 掛の下 に、 

化た とつ ぼい えん み おろ 

下町の 煙突の 煤煙 を 見下しつ つ、 

小 やかな 輕き 朝飯 の あとに、 若き 貴女 の彈 く。 ヒ ヤノ のい 一き^, . 

つ" き やう に ぐゎゥ そら ぐめ 

束 京の 二月の 空 は 曇れ ど も、 

力 き ぢょ こ、 ろ みどり 

^ き 貴 女 の 心 に 綠 さ す 

あ 力 ゾカは なつ i« ろこひ ハ ろせ ( いろ 

るき 若葉の 夏の 色、 戀 の 色、 生 の き 



3r 踊? わ 


行? 


流 S 過す 


く b 


が 


方へ 


る 


ぎ. 




道;: 




る 


Z 


か つ 


は 


め 


星き 


し 


b 行 ゆ 


明 あ 


n 


の 


方 力た' 


水 5 か 


曰す 


身& 


如 f 




色ろ ん 


も 


を 


< 




の 


弧 こ 


ば 


な 


へ 


長! よ, 


を 






ば 


き 


描 


か 


き 




裳 も 


か 


じ 




わ 


の 


ん 






た 


如 f 








る 


< 








月 S 


な 








の 


ら 








如 f 


ん 








< 



よ わ 今 ^ 藝 1! 

れ Z 術 i^' 
m 藝 して そ は 

m 術 'ま 云'" わ 
的? を は れ 
に 彼 t め を 



此處 まて 導き ぬ。 

こ ともな ゆ 

處に伴 ひ 行か まし、 

げ いじって さ と ころ 

よ,^ 藝術 的なる 慮 



425 



mil 



われ は軛 とな,^ て 挽かれ 

しゅんそく うま ひ 

駿足の 馬と な,.^ て 挽き、 

ぎ まと な, CN て われ を 運ぶ。 

わが 名 は I 眞 赏」 な れ ど、 

「. 力 一 と^ぶ M そす ベて なれ 



mi fill! 走き 



ま は れ、 ま は れ、 走 馬 登 

馬燈は 幾, た び ま はれば とて、 

おな う a ^ 

も な き, 同 じふ やけし 馬の 精 なれ ど、 

ま は れ、 ま は れ 11 ま はらぬ は i しき を。 

力つ らし う i さ (, ん、、 ン ノ 

桂 氏 の 馬 は 西 圃 寺 ^ の ^!卞 こ 

今 M そま はら ゆくな れ II ま は れ、 ま ま no 



子 こ わ 米 
供ぜ が の 

等ら m 值 
は し の 
m き 例 
を 十 まな 
嫌 I 人: ^ く 
ひの も 
て 家 力' 昂 



, ^ければ, 

族 は 麥を食 ふ。 , 

こめ ご はん さけ 

「お 米の 御飯 を」 と 叫 ベ , -。 

む;!;.」 あは ひえ あらた 

麥 を 粟 に、 ま た 稗に 改 むれ ど、 

こどもら こめ ごはん さけ 

なほ子 供 等 は 「あ 米の 御飯 を」 と 叫 ベ h^。 

こ ども ら なん しか 

子供 等 を 何と 叱らん、 

は、 とし わか こゝろ 乙め この 

母 も 年若く し て 心に は 米 を 好めば…. 



佐 さ 我 わ ぶ 
久ぐ が 下 か 

間 ま 念! i の 

大, 頭 "う 遺ゐ 

尉ゐ に m 
の 懸で を 
遺ゐ る し 
書よ し も て 
を の 窮 
思? 之え す 
ひ ある 
てる 者え 
ゲな. の 無な 

jEI み か 
に と' ら 
心】 し 

め 

ば 給 S 
る は 
る ん 

Z 

と 
を 



42S 



k 斯" %r 
z か 萄 f 
に る い 
て 曰 ひろ 
掘 ほ に の 

b あ 秋き 
た は の 
て れ ^き 
の 田 7" は 

m 舍? m 
半 5 へ に 
を 行 う 
煮に か る 
る まほ 

in るし ふ 

ま 

の 

湯 ゆ 

氣げ 

を 

咬り' 
ぎ 



m 菊ぶ 
め 萄き' 

て い ^ XXXV 
«r ろ 
力、 の 
る 秋 § 
み の 
づ 空?, 
み を 
づ 仰】 
し げ 
き ば 

を 

見& 
る 

心ラ 

地で J 
す 



われ 今日まで 何 をして あり けん、 

厨と 窨齋に 在.^ しことの 寂しき を 知ら ざ, CN しかな- 

こ 、ろい まさら ご- -ー と , ナん 

わが 心 今 の 如く 解かれ.?^ る を 感ず。 



4^9 



430 



街 な 百; m 砂 ま 菊ぶ 
道舊 姓 ^ m m 萄 f 
の 屋ゃ 御): の い 
丈?^ の 料き 板) J /> 
高 力た 軒 g 理り 橋 r の 
き 每 f 6 の 秋 § 
櫸, に 家ミ 上え の 
の 立た は に 空き 

並 ま つ 未" ま' 片 X は 
木 さ る だ わ ま 
に 朝 t 寢" れ た 
迷? 食げ it 月? 田 7 J 
ひ、 のれし 舍; う 
煙 S ど^の 
は . く 朝き 
殘? に 

b X 
ん 
し 



そそ そ 
Z Z Z 

に に に 
てて て 

鳥ち n% m 
兜 f 稻》; 尾 を 
と. を ふ 
野の 積つ る 
菊? み 百 も 
と 歸^: 舌す 
赤 J る の 
き 牛 ^ 甲え' 
蓼? と 高ま 

と な 



る 叫び を 聞き 

と を 眺め、 

を 摘まば や。 



43^ 



もみ し うす おと きん じょ となり そ 

物す る 石 21 の 音 近所 隣に ご ろ ごろと ゆるぎ 初 

むれば、 

ち さ すゑむ すめよ かビ さき ゐど 

「とつち や ん」 と 小き 末 娘に 呼ばれ て、 門 先の 井戶 

もと 卜 と おや ぢ 

の 許 に 鎌 磨 ぐ 老 爺 も ぁ ,c^。 

> } » , しぶ や, だう げん ざ か ごく 

かかる 時、 た とへば 漉 谷の 道玄 坂の 如く、 

突き あた,^ て 曲 る、 行 手の 見えざる 廣き坂 を、 

いま むす わら ぢ ひ a き リめ 

今 結びし 藁鞋の 紐の 切目す がすが しく、 

をと こ を な はん あし ぼや のぼ たびすが た 

男 も 女 も W 粹 して 足早に 上, ゆく 旅 姿る そ を 



力 



しからめ- 



432、 



お 羊て 


中? 

か 


^ ui> ひ 


^ rfjj 


そ %r 


山ろ 
ゾヽ、 


し 


れ 萄 ; 


u ^日ぐ 


き? 
田 ん 


り 


^ い 
4* リ 


く み 

、 W 尸 


町 さ 


ぬ 


入 、 


(よ て 


の 


奉す 


母 ザ の 


此 S 云、、 




直 ま 




- け 'J さ 


の 


fr 


K の 

V り 


の 知し 


き 


る 


レ czcT ら 


M'c ら 

ハ、 ゝり ソ 


花 じ' 


處 V 


故ミ、 の 

B>v る y ノ 


'ぎ ぬ 


果ぐ 

ぺ、 


お 

ス t 


フじリ と cr» 


果 f 淡?^ 


の 


の 


の れ 

-ノ n レ 


の ? s 

,ノ C7 


木き 

Z|〜 


如ぞ 


よ 力 マ ふ し 


し 禾 火え 
レ 必、 化 


の 


く 

、 


a 、、ラ —父^ 


づ rA 


1 と 


に 


に さ 


< に 

、 V 、 




し 

レ 


-iE 力' tK 

^へ レ、 


よ 立 






し し 


す た 






さ 


ベ し 






よ 


て め 






威 n 









ならん 



433 



XXXVl 



あし h やう し 

と ん> と ん、 と んと 足拍子、 

ほら あ あし び やう し 

洞 を 踏む よな 足拍子 

つ ひ 嬉し さ に、 秋 の HI の 

な らう か はし 

長い • 廊下 を 走った が、 

何處を どう 行 き、 ど う 探 し、 

何う して 採った か覺 えね ど、 

わたしの 抉に 入って た、 

きちが ひ 茄子と 笑ひ萁 

わたし は 夢を見て 居る か、 



く 方: うよ ひ 
と が に 
火 ひ な 

ひに つ 

崩 4 な iz 
れつの 
る 1Z か 



もう 氣 ちが 

わたし はく 



M は 




今リ' 





か 事 じ ど 


\ 


H ふ 


て' 


ら のう 




ま 


も 


も .M で 




で 


採 


事し' も 


脂に 


ii^、 も 


る 


を よ 


は 





と 


ゝ 


採ヒ 


て 


ば 


れ 


れ 


た 


か 


て 


る 








の 








に 







ぺ に 

燕 は い 

わたし は 

ぐ わう ぶつ 

鑛 物から 

そんな 事 

わたし は 

わたしの 

乙ん なに 眞 赤な 脂が 採れる 



納 1 十!^ 
戶ど 二に 
の 三え 
著' さ の 
お- 今; 
す 樣? 
ら づ 

と b 



あ! so うす .H 、 i I 

「秋」 は 薄手の さか づき か 

はいせん ふ し, つ むし、., な * 

ちんから,c^んと杯洗に觸れて沈むょな虫がー啼く 

あき い もうと かう もリ 

「秋」 は 妹の 洋傘 か、 

ほそえ ぎょく うへ あか いろ ひ、 > > 

き やしな 細 柄の 玉の 上、 明る い ク リイ ム 色の 日が あ.?: i る, 

さて ま た 「秋」 は 二 

靑 みを帶 びた お 

しら ちゃち きんし お ほ しき し からお^お h> ) 

白 茶 地に 金絲の 多い 式 紙が た、 唐 織の cm もまば ゆく 

ゑん、,, うく わい かたす 4: もみち >げ 4 

園 遊, < ^曰 の 片隅の いたや 紅葉の 蔭 を 行き 



m 十と 
し 歲 を' 
1/、 の 

5 時き 
れ 別 
し れ 
い 1t 
秋 I 姉 S 
た、 の 



樣? 


瘦 r 


寄よ 


し 


菊? 


な 


せ 


b 


と 


の 


物》 


た、 




ほ 


花 二 


い 


1 




を 




ひ 






見 アナ 


を 


は 






合き 


じ 








せ 











て . 


と 










見み 



す こ ふし め しろ 

少し 伏目に まつ 白な 

それ か ら、 後 k: の わた 

「まあい い 所 て」 と 走 ,^ 

「どうして をん なにお 



XXXIX 



の 越 £ 
前ミ の 

に 賣ぅ 

の 

み 出 だ 

ひ し 
と に 
曰 てト 行 ゆ 
あ き 
6 て 
さ 



歸, き て、 かくと 云 へ ば、 

ffj ご ぼん むか 

男 は ひと, CN 棋 盤に 向 ひて 

ご もぐ なら ぺけい こ い 

五目 並の み稽十 Z して あり. しと 云 ふ。 

れい れい あば け ふ ひ むな 

(零と 零と 合せ^る 今日の 日 の 穴 vi. し さ よ。) 

をと こ つか もぐ また かた 

さて 男 は 疲れて 默 し、 又 語 ら ず、 

をん な つ ひ かひ もの かた 

女 も 終に 買物 を 語 ら ざ ,c^ き。 

か .5, へ たたか なみ f おび かた が t1 す 

その 買 ひて 歸れる は 唯、 た高浪 織の 帶の :5 ^側に 過ぎ ざれ ど…, 



や- ん なみつ 

女、 三 

よせ れ 

^ 切 



43 さ 



さまし そ 
れ し や れ 
ど て ぼ は 
ま ん 細き 

禾 千ら し lV-!r. c:* 
もて を 麥ネ^ 
束 S 柱? 吹"' Wo 

り 、 



さ を た 

くによ けれ ど、 竿 と はし 難し 

と は。 

として 火 を 謝 くれば、 

いへ や • 

ゆゆしく も 家を燒 く 

を さな VJ かしこ 

わが 幼 兒は贤 し、 * 

g とませ ず、 し やぼん 玉 を 吹いて 步 くよ。. 



z 


m う 


人? わ 


m 見& 返ち 


の 


よ し 


人く, れ 


は 送 T 船 :1 




b ム 


の 


は 


忙;! の の 


二 さ 


射い の 


中 ま 


泣ゥ 


し 人? 銅 ど 


お 1 


返た 甲ミ 


を 


か 


げ 人く, 鑼ら 




す 板 S 


脫リュ 


ん 


に 君 1 い 




白と に 


け 


と 


を ま 


[jq し 

1 一, 


き 隱 V 


て 


は 


人ぐ 圍 t 鳴な 


ご 

ュ L 


ひ る 


小 こ 


づ 


と め b 


ふトテ 
ノゾ ん 


か れ 


走 


む 


手て b m 


レリ 


h ば' 




心ミ 


を Ij 


淋ひ * 


墓 ぼ 


に 


の 


握 £ 


し 


地す' 




編 


る 


さ 


の 




を 










辛お 





し く 

も 

抑': 

へ 



物、 



4ri 



わ 慘 I m 
が 酷? 船ズ 



て 恐?: V;l わ 

のら とれ 

淋ふ く 人? —I 

し 遠 さ 人ぐ 人" 
きくとの 
im 行 ゆ の け 
しくみ 者え 
き m 笑 £ の 
我?^ の ひ 如 f 
な身& さし 
ら は ざ 
ん君, め 

な く 

ら 

で 



こ あ ひと うなが "お なぐさ 

込み合へ る 人人に 促さ れ、 押. さ れ、 si めら れ 

^は 力なき 越の 如く ふらふらと 船 を 下る 



どら た 

の 銅鑼 は 又 ひびく。 , 

た つう ぐ .es 

に、 さ れど又 痛快に、 

ひとり のこ つめ こ、 ろ さいな ど. 

一 人 と り 殘 さ れ し 冷 き 心 を ^ む そ の 銅 鑼…, 



千 

百 二 m 
の, 二に 



ギ检 



さみ ふね む ごん みなと い 

Its が 船 は 無 一一 ーー〔 のま まに 港 を出づ 



こ じょう t: レ た ごとつ ひす、 な 

わが 小 蒸 汽は堪 へ かねし如く終にiA-^泣く 




悲鳴 を ほっと 吐息に 換 へ、, 

こ、 ろぼ たまし ひ 

「ああな つかし や」 と、 心 細き わが 魂の、 

いま ば ねん ごと うち もら あつ なみだ はく きん いぐ てき 

臨終の 念の 如くに 打 波す 熱き 淚の 白金の 幾 滴 



の ぅク こじゃう き みあ 

乘,c^移,c^ し小蒸汽ょ,,見上ぐれば、 

いまさら ぁクた まる ふなばし ご たか 

今更に 熱 田 丸の 船 梯子の 高さよ。 

きみ われ はや せん c ぼん リ さ 

ああ 君と 我と は 早く も 千里 萬 里の 差 



tm か 人 7^ 
か な 人く, 
に n は 
靜き に 叫 ま 
か 立た び 
に て か 



ま せ ど、 



すわ 



る 君と 此處に 坐 

ふた せき さう ごと 

,二 つ の 石像の 如 



われ 

る 我と は、 

別れ ゆく 



(一 九 



たや 十了パ 十一 口 神戶 にて) 



か 


黄き 


斷 


白 君? * 


片も 


或 t わ わ 


か 


な 


る 


さ 力 ^ 


手て 


夜よ が が 


る 


る 


蠟 1 


蠟 I 大き 


に 


は 見& 夫せ 


夢^ 睡ま 


の 


ま 

棄 


黑 4 る の 


見 アナ 




し 


の の 


る 


き 夜 t 君! 


し 


の 


づ 


m 舢へ 


る 


わ 每 f m 


は 


化 S 


< 


の 先? 


裾? 


n の に 


覺 3 


と 


淚 1 


光ミ に 


を 


つ 夢 ま 泛 うか 


め 


な 


と 


を 立た 




み は、 び 


1、 


b 


共き 


高ま h 


さ 


のた て 


る 


又? - 


に 


く 


へ 


上;; す 去 3 




し 


散ち 


さ 


て 


ベ b 


も 


ろ 


b 


し 


素す 


て し 


淸 力す, 


さ 


て 


か 


足 5 


海: よ 


淸^, 


鱗き 




さ、、 


の 


に b 


し 


の 




せ 


ま 


泛:、 




魚 を 




ば 


ま 


ぶ 



と 



な 



泣す よ 


內? 外 1 わ 


あ 


わ 


わ 


唯た 君/: 


け 


は は 


れ 


は 


れ 


れ 


た、 が れ 


る 


う き 


を 


れ 


な 


外 ま 


一な 大;? V 

C ノ 、!; 上 


わ 


ら 風 6- 


も 


君 1 


ら 


X 


船 含 又 ま 


カミ 

/ ゾ 


う の 


內ぅ 5 が 


n 


1) 


殘 2 の か 


影 S 


へ 昔? 


に . 


棺ミ 
'ざ 


面ぜ 


硝 t 


れ 窓 さ な 


は 


に あ、 


入い 


の 




子す 


るの し 




ど 


れ 


ュム TP. 

ml 




ご 


最?、 火 ひ き 




の ろ 


/下ロ ま 


に 


れ 


し 


後 ご や は 




如 f し 


へ 


さ 


せ 


に 


の や Hfe? 




< < 


と 


め 


し 


さ 


薄) に 夜よ 




靜レ 


叫 。ま さ、、 


わ 


し 


ち f 宵 S の 

に • 1 4 ノ 




か 


、、 


め 


カミ 


ms 

r^/ し^ 


ね、 /?1 め 




に 


ど 


と 


影^ 


け 

* ノ 


に ゆな 




重 t 






旣? 


ば 


さ b 




< 




さ 


に 




さ 




冷 2 




伏 ふ 














す 


に 








し 




な 


あ 














b 
て 







44S 



氷譬 

の 

如ミ 
く、 

霞ま 
の 

如? 

< 

透す 
さ 
と 
ほ 

ブ 

影 5 

の 

身み 
な 
れ 
ば 



こ ゑ き 

わが 聲を聽 きわかぬ にゃあらん。 

われ は 胸 も 裂く るば か,^ 苛立ち、 

扉の 方よ,^ 馳せ 入らん と、 

み いつ でつ き うへ めぐ 

三た び 五た び 甲板の 上 を繞れ ど、 

みな かた と T い ぐちな 

皆 堅く 鎖して 入るべき 口 も 無し。 

がら す まど よ あし とさ 

もとの 硝子 窓に 寄,^ て 足ず,^ する 時、 

だい さん かげ とも かた う, つ S なみ 

第三の わが 影 鱸の 方の 満卷 く浪に まじ- N、 

あ を じろ なが て ぬき で よ 

靑 白く 長き 手に 拔 手き つ て 泳ぎつ つ、 

みな もの ず せ きみ 

「は、 は、 は、 は、 そ は 皆 物好きなる わが 夫の君の 



44^ 



XLlll 



あ ml m 森 さ た 



うち 沈みて 靜 かな 路。 

もともと 何の 木で あろ、 

い よ ど か V ^ a ち 

その 枯れた 裸の 腕 を 擧げ: 



そがれの 路、 

なか ひと 

の 中に 一す ぢ 

みちう すじろ ひち 

はれた 路、 # 白 き 路、 

の 奥 へ 影と な,^ 遠ざかる 

はれ 死に ゆく 路。 



443 



小 を 

mi 

さ 

か 

-な 

し 

み 

の 

中 ま 

に、 



ま 
た 

lilt 

か 
な 
啜 か 
b 

泣な 
さ 



蛋白 石 色の 珠數珠 の 貪の 

マ, C かで- ぐ さ うへ とど 

頸 飾 を 草の 上に 留め、 



たそがれの 路の 別れ に、 樺 の 木と 

櫟の森 は が 狂れ たらし、 

あれぎ 響が 返す 幽かな 吐息 

かす つめ て,' し たか わら 

幽かな 冷た い、 調子 は づれの 高 笑 ひ 



」 心 疲れた 路 t 見 送 る。 



ゾ 

うす f みいろ おと - "るいけ , 

薄墨色の音せぬ古:^を^,c^て、 

もや T r とよ 

靄 の奧へ 影と な, て 袁 j ざ か る、 

あ は れ、 た そがれの 森の 路 



甲:^ 白ぎ 今 ^ 


5 


束と, 


板き 金? わ 


れ 


—しさ 


に 色^、 が 


し 


の 


立た の 船え' 


< 


正き 


て 月? の 


も 


月 さ 


る 死し 行 ゆ 




の 


M せ く 


し 


或き 


皆き る は 


さ 


曰 '》 


陰 力、 が 北 【ず 






影げ 如 f 緯ゐ 


の 




を く ぺ 


手て 




曳ひ 眞 S 度と 


紙 




か 上え の 


著つ 




ず の 海 1 


さ 




L 空 塞 


n 




に 




懸ャ 







b 



十 じ 

;ミ 
一 ふ 

曰 力' 

の 

曰 ひ 

の 

出て' 

の 

珍 I' 

づ 

し 
さ 
よ 

美ミ 
< 

し 
さ 
X 



1^ ^ , いちせん きう ひやぐ じう ?ち n ん 

一 印度洋の 一千 九 百 十一 i# 



451 



45^ 



果 4 素す そ 


人? 英ィ 


し つ 
今 こ 食と 二に 


m) 性 f れ 


の 


士ザ 


宵き 堂す 十! i 


マ 


の に 


目め 利リ 


ものの 


ン 


知し 流?, 


を 


西ス 


W あ 旋フ 


ゴ 


れ れ 


惹 > 婦ぉ 


玉" a 風 7 


ス 


ぬ m 


< 


人 兄 


色; も 器ゾ 


チ 


染: !) 


詁? 


の 


の 變 は 




威 5 の 


し 




長 S ら 廻 ま 


ン 


人ミ ぺ 


ぶ 


ゼ 


い ぬ れ 


を 


が 人り 




ス 


据? ひど 


下、 


も 






をし も 


手' - 


を の 




才 


曳ひ m 


に 


取 




ズ 


く さ 


割 わ 


ら 




が 




れ 


れ 








ば 











レツ K ヽ ライ 卜 ^ 0^3 

輝 紅の ii れ 色に、 

あ. や > ォ,^ イブ、 い 7 リュウ Is め, つら ェな 

鮮 かな 撖欖靑 を 混へ し 珍し さ よ、 華 やか さよ。 一 



453 



指 も ナフ キン も 紅く 染 む。」 

かかる こと あまた 键 きて、 

若 やかに 跳れ る 旅人の 心う ら や ま し。 

さむ さむ とうき や う 

き か な、 寒 き か な,^ 京 は 

獎とな,c^てん^日も藉れゅく。 



わ 始 g ず 
れ めし 
Z に 齎 I 

そ 取と す 
物》 れ 物》 
をる の 
損 ま 果さ 猶§ 

ぜ 實み あ 
ず は ^) 
し 年と と 

て 經"^ な 

愛 y> れ ら 



一 切 を 要す、 

あこが たまし ひ 

われ は憧 るる 靈な >9 

«3 の をし 

物吝 みなせ そ、 



ば。 11 

あか 

ど .y, し、 

づ るすべ を 知る なれ 



455 



つねつ ゑよ ゆ もの 

「常 に 杖 に 依 て It く 者 は 

つ さ, うしな とき み, つか うしな 

その 杖 を 失 ひし 時、 自 らを も 失 はん。 

われ は 我に て 行かば や」 と わ れ 語 る。 

友 は 笑 ひて さて 言 ひ ぬ。 

「な 欺き そ、 

こ ひひ-と な き なみだ きみ 

戀人 の 名 を 聞く だに も 涙 さしぐ むは 君なら ず や。 



XLVII 



ゾ 5 (3 



み 


mi ま 


彼れ 古る 1 


づ 


のね 




は き 


か 


儘? 彼?;. 


n に 物え 


ら 


な 


は 


本 (ミ の 


を 




精?: の 猶; i 


黄ち) 


さ 


鍊化 


女 基 權? 






せ . 


に 威 あ 


の 




ら 


て あ 






れ 


束 さ る 


と 




ざ 


の 世 t 


知し 












し 


に () 


な 




か 


あ け 


が 




ば 


() れ 


ら 






き ば 



: あな あはれ。 



m- 111]' m 
從き , おば ^ば 

のの の XLV111 

素す 馬^ m 
速^ はの ' 
き 我;: 打 さ 
氣き を 勝 も' 
mi 棄す た 
な て ん 
b し と 

す 

る 

銳 I 

な 
ら 
で 



き, r; ぐ ぱ うま や 

rg £1- の 馬の 痩せた る は、 

けいぼ うま たくま うつ やさがた ことな 

競ぉの1^の逞しく^^くしき優形と異りぬ 

つれ ひも ため 

に飢 じきが 爲。 

競 ■ の £? も いと 稀に 鞭 を 受 く。 



4S7 



廣备 
吿, 

の 
ft 
め 

m で 
隊ミ 
の 

し 
に 

伴つ 

れ 

て 

彼!^ 

を 

jtfc» あ 

少ゅ 

ま 
せ 
ぬ 



ぉな け 

mt 、へ 


ilfl? さ 


馬 ぼ 


馬 は' れ 


の 


の ど 


iMT7 ま 


馬 1 寧ヒ 


と 


の ろ 


曲? 


爛ミ 求き 


臣ぼ 


れ め 


の 


て て 


ジま 


癒い きく 


と 


ゆ 打う 




る 1Z 




間 a れ 




な そ 




き の 




打 さ 刺し 




傷 !• 激? 




と に 




m 跳 さ 




れ る 




ど 



たまた い ち おは どま リ ^ 5 

偶 ま 巿の大 通に 行き 會 ひし g、 

競馬の 馬 は その 同^の, を^て な g ぐ みぬ。 

きょぐ ぼう まな 、 L - J よ 

曲馬の 馬 は 泣く ベ き .0 も ぎ し、 

ぶん、 くろ んぼ きょぐ ぼ し 、 

慳 貪なる 黑 奴の 曲!^ ま 



45S 



I 版;? 名^^ 江え 藍^ m 物 
師し 所よ し 戶と と 東、 二 を 
うの づの欝 う 蜜み 書 
I 指さ く 昔 E 金え mi き 



さ し、 思 ひさし、 

を 、いたれば、 

も つめ 

に 染まる 爪。 — I 

ひろ しげ 

に廣 重の 

しの 繪を 刷った 

は 新う も あらう か 

藍 と欝 金に 染ま る 爪。 



め 


男 1 


疑 ^ 阿 7 支し 


し 


堅な 


で 


み 


惑? 米" 那 てに か 


もる 


た 


な 


と 禾 ir 入 1 


も 


し 


く、 


背せ 


戰; t 加 力 ほ 


か 


< 


ラ 


を 


m の ど 


る 


5 


ら 


屈な 


と 富まの 


は 


は 


安? 


め 


を な 根え 


づ 


ベ 


< 


て 


MX く 氣さ 


み 


の 




宿^ 


ぜ て な 


な 


m 


萬 〈, 命 r、 


ざ 阿 7 く 


る 


義 き' 


歲? 


さんろ 

nfifl ん 


る 米メ て 


移, う 


を 


の 


者お 


利" 淺き 




I'd 




と 


加" く 




ぶ 




な 


化 利' 


の 








す 己 こ 


I* に 






行 ゆ 


る 主; i 








< 


阔^ 義ぎ 







mi な 
る 



4 じ 



if は 朝, z 輕^ 
をのの い 

思? m 間 ま « き 
ふ m に 分 ま 

'と は 手 C に 

巴? 凍 も 紙ズ わ 



髮 かき 上ぐ る 手 ざ はりが 

な C を/" せ/ > f 5 . 

何やら 溫泉堪 に 在る やうな 

たし をす る。 

を ま IE きませ ラ. 

れ ど も、 

ィ ちて 

, — 里 宛 に。 



い 赤ね あ, 二に fz 

テむ 月 そ 
もらの が 
?さ 庭 S れ 



に , あか 

に 化る うす 

さ r 

の 木 を 透きて、 

きのび ろう どの、 

異 國模樣 を, 滑る 時。 

た を がれに 似る うす 明 AV )i , 

あか I 

赤む .ら さきの び. ろ うどの 

窓掛に 凭る わが 肌 を , 

P め めぐ とき 

夢と な, つつ |> ^る ゆ。 



たも がれに 似る ラす明 6-1 

朝湯 あが, の身を斜に、 

かる うなじ だ 

輕く項 を 抱き かか へ、 

きみ おも とき 

つくづく 君 を S3 ふ 時。 





上ミ ま 


叙? 永;^ 

,J W し Z メ, TP 


今け 


只: ま 粗 i 女え 


れ 


の ブと 


情; 井ゐ 


曰よ、 


ひ 刻 1 は 


は 


息 V 歌? - 


p 寺し 衬 


の 


と の 有 あ 


誰'' - 


子" 麿 5 


的? 風; 


會ニ 

い 


5 yij:^ る 


れ 


に の 


な の 


は 


力、 治ぢ 力、 




似に 版/! 


物ぶ # ' 


引 ひ 


の の ぎ 




ft 畫ニ 


云い く 


さ 


若 5 女ミ b 




身み の 


ひ 如 f 


1Z 


い ば 




の 


き 




詩し か 










入し 1 b 




な 






が 




し 






e ゐ 



ルぶ あ 母' £ な わ 
時 i れ 力; に が 



が 
降! 

b 

か 
か 
る 



と 

め こ 
も と 
無な 伯 
い 母 
事 f が 
な Z 
が と 



の 故 こ を 
鄕; 撫 3 
が で 

お 

は 
れ 
る 



る 
と 



小い 娘の § 

う a 

かしら 生れ 

な あ" 

こと 亡き jg 

や、 そ れ、 と ク 

は 黄 金の 雨 



ダ るか 



三 月 の 晝 の ひか う —— 1 

P が 齋 に 這 ふ 藤 むらさき ノ 

なか ひかる かほ しろ 1 

をの 中に 光の 顔の 白、 一 

な、 せ .^^ あか i 

七 瀨の帶 の 赤、 . ♦ 一 

つく ぷか ぬの やにい ろ 1 

机に 掛けた 布の 脂 色、 ) 

なまく あた、 一 

みな 生生しく 溫 かに ; 

され ど 唯 だ 瓶の 彼岸 ざ くらと、 一 

すがた あは さむ ; 

わが 姿と は 淡く 塞し。 、 _ 

きみひさ るす . 

fl;^ の 久しく 留守 なれば 丄 



靜 物の 如く. 我 は 在る らん。 




障子 あくれ ば、 う す 明 —— 

靜 かに 暮れる たそがれに、 

あば t 

を, ON をう まじる 淡雪 は 

すず なぐ 

錫箔 よ,^ もた よ, c> なし。 

ほっれた髮にと..^すがぅ、 

わたしの 顔 を さし 視く 

ゆき 

雪の 乙 乙 ろ のさび しさよ、 

なみだ と 

涙と なって 融けて ゆく。 

雪の rJ ^J も さ う で ぁ ろ、 



ま あ m. 老ふ m ふ わ た 



た () い け 
虻?: あ 心,; 九) 

が b の サ 
啼な mx サ ッ 
くめ ッソ 



れ 
ぬ 



も 
が 

し ' 

ず 

の 



つ 白;:、 た そ 
と 石, レ し が 

il^h; 色; の れ 

卷ま の 泣な 時 i 



く あ く 

の の 

に m は 
が 决 



见 



か 
あ 
け 
が 

b た 
無 a か 
し 



4"! 



才 ォ、 死に き 

フ才才 を 

て 共に 泣く 

ひる 

さがり、 



微 i わ 若 熱き 丁す 鈒ま 金 I 
、風 1と い い 字 じ と の 

の し T^T ミ吐& の翡ひ 箱? 

樣? の 三 さ 息 S 花 さ 翠ま ぁヽ- 
に 指 まの をのの く 
泣な は 前ミ ほ 香 6 ' 象? 
い 撫な 髮" つ の 彼^ 
て で を と 中/? の 
W な 吐つ に 
る が く 
ら 



連翹 と、 



あ m 垂た 黑ェ ml 
といれ く の 

に m ご 1Z 濡ぬ 蔭 力げ 

謨む 柳 i れ の 
子 こ 輪 わ と 1 え し 
のの する つ 
靴 S 馳 れ 朝き と 
のせす じ b 
m 去 3 れめ と 
:れ に》 



そ わ や, し 
れ け 込ミ 
が て 見み 

映う 柳 さ 附;? 

の の 

た さ 青? 

ば い 
の き 色^、 
水 § 髮" : 



ふさ 


ん, ft 

( 


何き 見" ifi^ 


か 船^ 


が 


あ、 


や 上 あ 色く 


ら % 


子' 一 


く 


ら げ な 


軒? が 


の 


れ 


輕ブ 4' た Mi 


へ 飛と 


手て 


の 


く 高?、 車お 


揚? f ん 


か 


す 


AX い k 


b で 


ら 


る 


込 g 神" 造" 


Z 一 y ^二 

ィ 了"^ 


す 


Z 


に 樂 g b 


< < 


と 


Z 


坂!: 過? 




離 S 


ろ 


し 




れ 


X 








さ 





473 



じ わ m 

み 本!? iz 人と 
なのし の 
寢" 女 I は 留' 3 
間 2 の 何;^ 守す 
著 3 す をの 
は ベ 著 3 — 2 
みて て だ 
す 著さ 寢ね 寢ね 



わたし は 矢 張ち,^ めんの 

上 あけ いろ あか 5: ぞめ 

夜 明の 色の 茴 染、 



X 

こ 、 

や う。 

、ぼらし 

ひ にん すがた し した ゑ 

非人の 姿 「死」 の 下 鯖、 

わが 子の 前 もけ す さ じ。 



若お 何き 輕ミ つ 斜ま 
さの くい に 
にあ 合き 解と 裾: う 

逸 5 て せ け曳ひ 
るなる 力、 く 
たく そか さ 
まあの る孺ミ 
し て 時 ま 襟な 禅;^ 



なが じゅ ばん えら 

長襦神 をば 擇び ましよ。 

1WI ぃ狹 霧が しっと, 9 と I 

花に 降る よな 肌 ざ は, CN、 

をん な うま 

女に 生れた しあ はせ も 

これ を 著る たび 思 はれ る。 

も と を 

ま、 

がれて 

ひ を 



見み a こ 
ま 等ら 
は が 
し 寢" 
な す 
が が 
ら た 

灯 ひ 今し ま 
を 一; 

ば 度 ど 

消け 

し 



6 

7. 

お 3 こ、 ろ 

じっと 抑へ る 心 もち • • . 



それに、 わたしの 好きな の は 

白蠟の 灯に てらされた 

ゆめみ. なが ギ u、 

夢 見 ご 乙 k: の 長 襦?? :、 

ほ あか 

rJ の 句 はし ぃ叨, ^ゆ ゑ, 

なおな き閨 もみ じろ げば 

いさ なまめ 

E づ むまでに 艷 かし 



471 



' o z m 

ぎつ ぼい 
まれ 二 

よ: しる 月 
や 脛? の 
に を 床 

な 足? 裾? の 



たび をつ と いま 

旅の 良人 も 今 ご k: は 

巴 里の 宿の まどろみに、 

ごぐ らぐ てう すがた 

極樂 鳥の 姿す る 

.ゎ たし を 夢に 見て 居る か 



う へ、 

に 卷 き、 

曲げて、 • 

夜 著 を 被け ば、 可 笑し くも 

きみ みそ この 

君 を 初め その 頃の 

娘 ご 乙 に歸, ^ゆく。 



そ わ 初 さ リ I ひ » まな わ 
のた 戀ミ きをん た 
彈 ひしの 立た 戀 5 のし 
きの 日。 ちし 自じは 

歌 さ 戀 5' は 過す と 分ナ: あ 
は の 歸 ^ ぎ 思? を ま 
m お ら て ひ 案; E 
が 琴 f ず 氣 S 過す じ に 



ダ 

L 

き めい 

氣が 滅入る。 

ましよ、 

ぎ、 

が 滅入る。 

と、 

な 

無 い。 - 

ネカし もい き 

*n に まさる # える 氣自 5 



m% わ わ 
の ブと た 里:? 
外 ま ししの 
に は の 大 S 
は 君き 外^ 路ち 

ii よ のに を 
さ 外!? 在 あ 行 ゆ 
へに るく 
無す よ 無す よ と 君,! 
いいて は 
も 



せ; 口に まさる.?^ め淚. …… • 

人目 をつつ む 苦し さに、 

鳴 -^ を 沈 め た 琴 の いと、 

じっと 哀しく 張,. > 詰める 



昨 s 


思 t 


其お 


人? M 




四よ 乇み 君 1 

ト 画 * A-4 


H 力' 


a 


れ 


並 ま 並 ま 


る 


月 J 月? よ 


の 


返 J: 


も 


な な 


か 


の 待 まわ 


戀ふ 


せ 


わ 


ら ら 


と 


今'' ナ つ た 


は 


ど 


た 


n ぬ 


ば 


日 ふ 間 ま し 


朝き 


身 C 


し 


物え 


か 


は に の 


の 


が 


の 


す 




ざ 王 i 身 7> m .t 


戀ひ 


ま 


幸と 


i れ 


氣 S 


ひ が 瀨 * 


入"、 


福' さ 


ひ ば 


が 


死し' 細? な 




る 


と 




減め 


に b さ 










入い 
る 





*5 今け t 
赤 か 日 ふた 
なすの 
入お る ど 
日ひ戀 力、 
の はな 
一 2 狂: る 
さ ほ 晝ま 
かしの 
b い 戀 5 



と は E 心 へ ども 氣が 滅入 る。 

も tV , 、 た^ ゐ 

若しも 其 儘 旅に 居て 

な」 み か へ 

潘歸ら ずば なんとせ う。 

わたしの 胸 は 今 裂ける。 



a つか ^ ^ さ,, ハ 

眞 赤 な 花の いく 盛 ,^ .! 

透きと ほった る眞 紅から, 

むらさ さ す こ お 

ラ す 紫 を 少し 帶 び、 _ 

さ て は、 ほ んのぅ 上白み、 

また 物 恨む しつ こさの 

ぐろ み うつ さ, A 

黑 味に 移る いく 盛 り —— 

君 よ、 棄 てお くこと 勿れ、 

まつお なな な 

眞 赤な 花が 泣く もの を。 



そ ね 
の む 
奥? 11 
か げ 
ら な 
射い 黑 4 
る 猫き 

野 や の 
性, 目め 
の 

ち 
か 
ら 



1 曾 If 生" 
力、 き 

ら 1z 

ぬ 天" 

Trie ろ 'き う 

猫き 絨と 
の よ 
艷き 
め 
< 

手て 
ざ 

は 



4S3 



押し やれ ども、 



のば 



またしても 膝に 上る 黑猫. 



こ あそ!? 色 ま 衣い 
の. れ のめ 桁お 
世せ 思? 下 k い の 
界 ごく ふ に た 帶ぎ 

を m 黑 4 晝ま 力、 
わ 分 £' 猫 さ の ら 

が 伸の は 光 T ま Z 

物 あ び 目め の ぼ、 
の を覺ぞ 肉? れ 

Z すめ 色 さる 

乙 るて: 



m しま 尾 を 打 
溶? かん をつ 
のし ま 立た 眞 
やわろ て 似 
うたくて を 
に しか 後? す 
奪) の は しれ 
く 手て ゆ さ、、 ば 



/^お 厭な。 



ぐろ ぬ こ 

る 黑 猫、 

/\ 

ま 

つめた ひらめ 

冷く 閃い 





村 ^ 






わ 


ズ" J V 


九ぐ 石 t 跣 g 


ュ、 


の 


< 


m 


ブと 


屋ゃ 


段ミ 笛 ま 足" 


ら 


わ 


ら 


在?: 


し 


の 


の を で 




ん 


が 


の 


の 


軒 S 


坂,:、 戀 5 步 t 


屋ゃ 


ば 




瑶 


一 ふ 


で 


をのい 


で 


< 


の 


璃リ 


J ゾ 


啼 f ェ 


上 合 5 た 


育き 


に 


麥 y 


色 《 


の 


< 


る 圖 つ' 粗 そ 




捕と 


畑^ 


の 


子 こ 


雲 ひ 


と に 樸ぞ 


た 


ら 


で 


空 をら 


を 


雀^ 


て 吹& な 


雲 ひ れ 




て、 


預 き 


そ 


く 代 t 


雀 f 


た 




啼 すよ 


け 


れ 


よ の 


と 


'の 






て 


を 


な 人? 


知し 








置まタ 


聞 3 


- sr が 

ば 




や 




• ひ 


< 


け 


雀り 


な 


無な 




雀 (ぎ 




ば 


が 






が 









ら か 



立た 張ち せ 




つ 物^ 


ま 


が 


陽; 板 ^ 


い 


來 3 


m の 


庭 S 


た 


も 系ェも 


に 




身み 紹み 


も 




X の 


r-t ひ 




そ き 


が 




そ れ 


あ 




る 


た 






b 





LXVI 



ゾ'? リ 



は る . き 

养が來 た。 

鉛の 屋根 に、 ち よちよ と、 

* 乂に 焦れ て、 ま ん まるな 

すヾめ かた 

ふくら 雀 もよ い^。 



i&n 
に ひ い が 
來 S 旅き 來 3 
1Z 路さ /ど 



をつ と 

の 良人から 

か、 見に がた か、 

わたし を 泣かせに 唯お 來 たか" 



はる さ 

春が 來た。 

あさ スゥブ 

朝の 汁に きら-きざむ 

ふき た ふ はる き 

の 薹 にも 春が 來た、 

あ を ばる to 

靑 いかなしい 春が 來た ( 



49。 



む 風 i ち 
か あ ぎ 

m る れ LXV11 

立た m ち 
て もぎ 
て むれ 
ず し の 

き や 雲 I 

1z く 見 7* 

いしれ 
か や ば 
と 



さう 云 ふ 間に も 粒な みだ 

な こ、 ろ なほ 

泣いて 心が 直る よに、 

はる ひ い ベに 

赛の 日の 入 り、 n 脂 さした 

よい 目元から 降り かかる 



つ 黄き 椅ぃ m 二 さ 
ざ 子す な 夜よ 

まくあき 三み 
しらる 寢 U 夜 t 

や 色ミ 居ゐ 屋ゃ こ 




そまろ 寢 もよ ろし。 

へ 入ろ とせず、 、 

間の 月 あか,.^、 

きぬ き 

の 衣 を 著て、 • 

かなうた た 臥し 

まだ 見る 夢 は あ,^ ながら、 

うらなく 明くる 春の みじか 夜。 

ジ 

ダ 



494 



LXIX 



やへ 

赤く ぼ 力した 八重 ざ くら、 

がげ 

その 蔭 ゆけ ば、 ほ んの と、 

かぷ きしば ゐ み 

歌舞伎 芝居に 見る やうな 

-^, ど あか かほ 

江戶の 明う が顏 にさし、 

えだ を き 

ひと 枝 折れば むすめ 氣 の. 

おもはゆながら 終に つれ 

なに ひと ま 

何 か 一 さし 舞 ひた けれ。 

さて ま た、 小 雨 ふうつ づき、 



A む 繙 豐と t を 目め 
か 子す 國 it の を 
しのの 散ち 泣な 

の 黑ん 繪を b き 



はら や へ 

脹す 八重 ざ くら、 

がた の艷 めけば、 

にある やうな, 

味のお ちついた 

おび し 

帶を きゅうと 締め 

身 もしな やかに 眺めば や。 



LXX 



さ 



眞ミ ひ 
赤 力' ま 
な な 

の 戀 5 
罌け に 
粟し 燃 も 
の え 

花? る 
ぎ' 

の 



ひさ るす よ 

久しき 留守に 倚,.^ かかる 

君が 手 なれの 竹の 椅子。 

はり いと 

とる 針よ. 5 も、 絲 よりも 

をん な 

女 ごころ のか ぼ そ さよ。 

膝に なびいた 一 ひらの 

えど むら ft- き お ぬひ 

江戶 紫に 置く 剌繡 は、 



4( パ )- 



497 



流 S 君 I ふ 花 ま 
れ 力 《 か に 
て 越え み 添' つ 
落お えど ひ 

ち た h 1z 
るるなる 
わ 浪? * る 海 1 
が 形 ^ 罌'' ナ の 
M| に 粟し 色ミ 

の 

葉よ 

は 



花 まわ さ 
が を が は 
呼い ば 繡ね 云 
W 搖? ふ, 
Z る 罌: j 女 
そ 風- 架し の 
通 t に のた 
ふ 似に 夢 ^ の 



しみ は 

,1 に さ へ 

て 

な れ。 



入お 畑ミ 虞く' 
日 ひ は 美 ひ' 
の 火;) 人 兄 
im m% 草? 
へのの 

流 S 渠? 散ち 
n と る 



深ま 淫き 虞ぐ 
く れ 美" 

斬 S 1Z 入 1 

ら 風 S 草? 

れ も の 

て 肩 も 散ち 

血ち 先 i る 




ままに、 

を 溶び る。 

ままに、 

な ゥ、 

行 く。 

ぐ ぴ じん 3 う こ ひ 

虞美人草 も、 わ が 戀 も、 



ああ 散る まま に、 散 る ままに 

ち 

39 る ままに rJ そまば ゆ けれ 



早 ま 俠 i 靑 5 散ち 
く な 磁じ り 

もる の が 
迫: む M た 
る だ 鉢? の 

苦 基 づ の m 
し 力 3 中》. む 
きひに ら 
日 ひ の 微 さ 
の 終: き か き 



ぼ _ たん 



の 牡丹の 花、 

に そよ ぐ。 



おそ ぐ わい 



怖れ を 回避す る 心 もち- 



え え、 よ し、 を れ もよ し。 



女、 女、 

おな は J:! よ ,0 もよ る づ贅澤 に、 

せ ハぃ かう れぅ 13 きん ぞく a う ず 

界の 香料 と、 貴 金 M と、 寶 Kr と 

^ と、 耦 布と は 女 こそ 使 Bt: ふなれ。 

お" の 3 面の かよわなる" 血の 花瓣の 旋律 は 

ヮグネ 〃の! I 紘 のどの 傑作に も 勝う、 

ゆ r, の こも すはだ ぁル っ5 > H 」 rv、 

nls 殿に懸 -て 素肌の まま 足の 爪售 る^す 

^^-^ の If に 印 の 佛 も 知 ら ぬ ほ く そ ゑ み ぁ り 

言 ひ 寄る 男 を つれな く 、遮す n . &も 



女 J 人1^ 

女宪 間ミ 

、な 

曰に は 

本^ 永 さ 

の 久 i: 

よ b 



わ 


新: 


か 


し 


さ 


さ 


母で 


ゲ 


の 


ェ 


じ、 


テ 




力 


に 


ン 






ち 




ゆ 


ク 


く 


ト 




ン 




を 



女 ま m ム 
は 人 5 
何い 運】 
時つ 動 I 
ま を 
で 徘ま 
も す 



の 
如い 
何 か 

に 

け 
れ 
ば 
と 
て 



m た 

のし と 
如 f へ 

一に 放ミ 
^ぶ y< け 
刈な/ 殺 

と 人き 

\ の 

% M 

黑 'え 罪ミ 

髮^ に 
は て 

jnl^ ん 
OnK< 
に 
入い 

と 
も 



生う 
み 



の 
あ 
な 
た 
ま 
で 

m 
打う 
ち 

n 



お m 女 I 
は 手 C に 

猶 【ま の 許 t ま 
戀ミ 男 1 さ 
の の れ 
小 こ 相き た 
唄 さ 塲《 る 
を に 樂ミ 

口 4 負 ま し 
吟ま' け き 
み て 特さ 
て 破 【 よ 權; I 

男, m に 
ご す 

Z る 

を も 
ィゃ 、 

和? 

く、、 



し 

て 



ろ とも みプか し 

い ざ 諸共に ft: >b を 知 ら ま し。 



LXXIV 



蓋 s 天き て 
し つ れ 
曰 ひ を 
は 思ミ 
詩し へ 
人 兄 ば 
の まお, 

光る は 
な 詩 
ら 
ず 



し 
る 

—TCP 

し 

さ 

熟ォ ^ 

の 

m リ 

息き 

の 

み 



人ヌ 
の 
領】 
な 
ら 
ず 



船のお it? よ, - も^き を 献ぞの 鉢に 燃し、 

くるま で^^の に • ぎけば 幸福 多き かな。 

ぐち なし いろ あへ" 

あはれ 乙の 泥 花色の 明, ^こそ 

i く^の 姬き. f を 化む^ i の, なれ。 



ァフリ な さはく 

阿 卯 利 加 を 沙漠に 



ィ 

I 千 

ェ 

I の 
t お 
の 

歌 さ 

み の 

な 中 L え 
み な 
と る 

ほ ~1 

iSif 總ュ 
る て 
の 
泉 ご' 
の 
M 
< 



ぎ 一?: 
想き 切ミ 
の と 
直弋 個 こ 
現 ^ 性 さ 
せ と 



れ 
し 

き 
は 



の 
レ、 

み 
じ 



ら 
る 
る 
刹. 

那な き 
は 調 ま 
來? こ 和れ 



全?: Z 
身 乂 の 
を 明^ 
も b 
て の 
喚ね、 中? m 
ぎ に と 
觸ふ 五 こ' fe= 
れ 感!; 惑? 
知し と と 
る 頭つ, 暗》 
刹 ま 腦ま 示し 
那 3 と と 
を に 
越- ii\ 
え め 
る 

蠟 2 
の 
明?: 
b 



わが 歌 は 盛 高に な 



so./ 



若 I 

ir 
白! 



を 
見 7 
る 

5 



每 f 
に 
目め 
立た' 





n み 夏ミ 枳?; m m わ 

まどの 榖ミ も 綠は n 

n b 初き に 時き 樹ぎ し 

まの めさと なの 

ひ 枝き にへ て 力く 庭 g 
と の 一" 、い > - 

葉'" k 
二 t て 
葉な か 
づ し 

Z やの 



LXXV 



の 「力 くれみ 

らいた まし 

ポ萸 にさ へ、 

S さ , 

花の^く 

い たまし や、 



を お 

染めて 落ちる がいた まし や。 

わたしの 庭 の 「か くれみ の」 

見 て は 泣 く の が 惡 か ^C か。 , 



よ さ づ^^髮 
う く 六? を 

も ら 七 k き 
似に 色 《 の れ 
合 あ し 关ぴぃ 
う 1 と 少さ に 
1 と 肉, 年! i 梳 



X 



はつ ヒっ さ はつな つ 

初 复が來 た、 初 M は 

かみ す わ ► 

きハ 刀け た 



付 こ、 

つめ えり 

. . , 詰 襟 の 

み ど ,c^ の 上 衣、 し づ ぼ ん、 



初夏が 來 た、 初 夏 は 



はの ほ 



W い 焰 を 沸 .^」 立 す 



つちき M| 
つよ やの み 
みいし 海, * 

m となの 
な 噴か 前ミ 精: ^ 
い み 齒ほ' で 
火。 切 3 に あ 
の b 麥き /) 

調 5 吹 ふ の 

子し く m 
笛え' 
も 



^ k 杖?, ほ 初 
きよを そ 夏 

h 振 い 力く 
% と h づ 來 
め ^1 振 ふ ぼ 1Z 



,1 つなつ 

初 :屋 は 

あか ぐ つ 

ん に、 赤 い 靴、 

, ^驅 けて 來た 

おひ かぜ 

ふ 追風に、 

枳榖の 若 芽、 け しの はな、 

あ をう め み み 

靑 梅の 實も身 を ゆす る。 



西 ゆ 物 さ 女! 戀ミ 五: 初^ 

公り をのの 行 ま 夏 5 



來 3 

11 



5^9 



の 思? 呼い 小 



が 來 た、 初 夏 は 

あなら 

ば 力-^ ク-.^ L V 

唄 を くちずさみ- 

吸の する 窓 へ、 

あ を じろ 

へ と、 蒼 白 い 

翳 をば 投げに 



そ 空き 誰? し 圓 I 高ま 常;! 古 f 崖 力ぶ 
れを やい い に び の 
が 見み ら 小 こ 庇き 靜き た 上 ま 

m 上 あ 一 ひ 窓とう の か 壁!; な 
し げ人 さの 陰 でのる 
く 'てうす 習ずに よ 脂 it m 
氣き 泣なる 硝 あけの 食^ 
に く み 子す る れ 色し,; の 
か や 目め ど 
力、 うに も. 
る な 



、: / 1. 



LXXVIll 



黃 と、 紅 と、 み ど ク、 

な a 5, ろ 

生な 色 ど. 

鈴 細工の やうな チュ ゥ リップの 花 よ、 葉 よ 

い しろ じ はち 

をれ を 活ける 白い 磁の 鉢、 

をん な て 

きしゃな 女の手、 

た、 た、.^、.^、 と 注す 水のお と。 

あ あ、 な んと 生生した 晝 であろ。 

飴細工の やうな チ ュ クリップの 花 よ、 葉 よ 



—Ft* き 

君え 


火 ひ 森! 何 さ 氣 S 阜さ 


の 


を 


の と 早ま' m 


きゝ ― 

化 


吐'" 若?、 て い な 


は 


ヽ 


碟ば 口 岳な llla せ 七ヽ 


知し 


ャ 


>^ 、 ュ、、 ) ュ、, 

は い 力、 は 




5 


そ iz —1 の 


ね 


な 


のかつ 晴ェ 


ど 


が 

'Ll»、 さ 


日 ひ 知し 啼ュ れ 


も 


を 


からく た 




す 


らね 口 ひ 




る 


ど に 






も 



夢 s 今け 物 J A を 遠 も 觸ふ 虻!^ 

の H ふの も ^) い れ の 
か の 中?、 わ を 木 こて う 
ぎ よ 身& た b 魂? 呼" な 
うろ をし 斯こ か 吸" b 




か、 わ が 髮 に 

クく そよ 力、 

ふき あげ 

、噴 水 か、 

ん な 聲 が す る。 

も 出来る、 たけ.. 

吸 ひませ う。 

乙 び、 行 くす ゑの ^ 

を 盡 し ま せ う。」 

ゾ 



5^4 




ああ さみだれよ、 昨日 まて、 

をな た を 憎 いと 思って た。 

魔障の 雲が はびこって 

ち ほろ ふ 

地 を 亡ぼ そと 降る やうに。 

も し、 さ みだれが 世に 絕 えて 

唯 だ 乾く 日の つづきな ば、 

み 0- こ やま ば なぞ 

机 も、 山 も、 花 圃 も、 

サ ハ ラの 砂と なる であ 7C。 



こ ひ いのち 一 

戀を 命と す 一 

なみだ そ 一 

涙の 添 ひて: 

そら こ ひ 一 

空 を 戀路に 一 

その さみ だ 一 

降 れ、 し と し 一 

あか 一 

赤 を まじ へ 一 

黑の 中から 

あみ がた ひ 

,網. 形 お 



み 

る 身に ま 

うらが な し。 

とへ なば 

れ はため 淚。 

と と、 し としとと 

あた 、 

た、 溫 か い 

さみ、 たれよ、 

ぎん いと 

M の 絲。 



ml mi わ 
のプ- れ 力; 

手て 1Z 名 

も m も 
て を 骨 
拭き 洗き も 



あ あ、 さ みだれ よ、 そ なた の 

く ひ 

朽ちる 曰に 

ひ 出し、/ 

ふ の は。 




うすく 紅 さす 百合の 花、 

はな あさ 

ひと 花づ つ を、 朝 ごとに 

開 け ば、 ど う や ら、 わ が賴む 

|> あ はせ 

よ い 幸福 はまの あ- 

ぺに ゆり ばな 

うすく 紅 さす 百合の 花, 

はな あさ 

ひと 花 づ つ を、 朝 ごとに 

散 ら せ ば、 あ ら、 わ が 夢 も 

か を き ^ 

しばし 香うて 消えて 行く 

7 



わ 


ま 


X 


5 






し 


す 


し 


か 


幸^ 


< 


は 




福 5 


紅 S 


花 g そ 


で 


さ 


を 


め 


な 


す 


じ 


の 




百 ゆ 





夢 S 


と 


合り 


と 


と 


て 


の 


嗅 か 


て 


も 


花; 


く、、 


も 







花 s 


別 £ や 


今け 


さ 


わ 


美 さ 若お 


の 


れ さ 




び 


た 


< 


れ い 


神 l> 


を し 




し 


し 


し 


を 娘! 


樣き 


述の い 


で 




の 


レ、 


述の の 


さ 


ベ 化'; 4? 


友き 


きむ 

ハ" 


花? 


ベ 言い 


よ 


る の 


1 え 


で 


ナず 


に 


る ふ 


ラ 


時き か 


し 


あ 


な 


ほ 


時き て 


な 


が ず 


を 




曰' ト 


ふ 


が と 


ら 


來 S か 




1Z 


送ず 


花 g 


來 S に 




た ず 


め 


化 


h 








に 


11 











環 



手て わ 
を n 
ば し 
執 t は 
ら 愛さ 
れ の 
て 神ぶ 
參 I 樣^ 

b に 
ま 
し 
よ 



わか むすめ い 

若い 娘の 言 ふこと に、 

わ 力 の ときき 

「別れ を 述べる 時が 來た、 

うつ はな ばな 

美く しい 花、 に ほ ふ 花。 

や K ひ かば はつな つ 

彌 生に 代る 初夏の 

あ を うみ ふ く 

靑ぃ 海から 吹いて 來る 

ごぐ わつ かき に をと こ 

五月の 風に 似た 男、 

若 い、 や さ し い、 あ ^たかな 

いき /\ をと こ 

生生と した あの 男、 



別^: 赤 1^ 


1/、 




m 別お 


孑" 




す 


れ い 





あ、 


く れ 




の 


ベ 


を 小 こ 


も 


そ 


し を 


娘 ま 


目め 


て 


述の 鳥ち 


わ 


の 


い 述の 


の 


に 


の 


ベ よ 


た 


上え 


花^ ベ 


きい 


わ 


化, ラ 


る そ 


し 


に 


に る 


ふ 


た 


に 


時 あ な 


を 


X 


ほ 時 1 




し 


打 1 


が た 


呼 よ- 


い 


ふ が 


と 


を 


勝 も' 


來 S に 


び 


^n- こ 

も 


ィ匕? 來 


) > 

に 


P I ひ 

リ 1 き 




1 と も 


惯な 


て' 


ブく 




附っ 


て 


れ 
た 








け 

1Z 





を. C こ なか ばな をと r 

男の 中の 花 男 





燃 も 


涛す 


ど 


に 




ま 


れ 


聞き 




な 


ど 


さ 


や 




れ 


た 


さ 


な 


籠? 




し 


が 


か 


ほえ 


い 


ら 


ら 


も 


< 


今け 放も 


な 


ち 


R ふ 


し 


レ、 


び 


か 


ま 




る 


ら 


し 




の 


は 


よ 



二つ 



だい どころ しきる こし 

臺 所の 闘に 腰す ゑ.? - 

ふる やう ふく ゑ 

古 洋服の 醉 つばら ひ 

お む 、 

そっとして お置き よ, 追 はずに 

もの もつ たい 

牧も ら ひ と は 勿體 な 

かみみ だ あ をめ 

髮 の亂れ も、 蒼 い 目 も 

パク ドレ ェグ に似てる わね。 



LXXXV 



若い 娘の 言 ふこと に、 

ひぼリ ひぽ り 

「雲 雀 よ、 雲 雀 • 

をな たは 空で 誰 を 喚 ぶ" 

ど 

— そ れは 何うても よ いわ いな 

きみな ト: 

わたし は 君の 名 をば 喚ぷ。 

晝は 百た び、 

よる に ひやぐ 

夜 は 二百た び。」 

わか むすめ い 

若い 娘の 言 ふこと に、 



ジ 5 



し 沈き ひ 
ん ん と 

ど n b そ 
高?、 心! 小 こ れ 



わか むすめ い t 

若い 娘の 言 ふこと に 

「ま た、 あ の 燃える 

お n 樣 であ ろ 、君 が 名 も 

—— さ うでない と は 誰が 言 は ラ 



「あ れ、 あ の靑 い 

ヒら 

空 てあらう 力 

ちが 

に 違 

ご ゑ 

聲 て 

も、 

く 5 



きみ な 

君の 名 は。 

ひがな いわいな 

喚ぶ たび に、 

る。」 



5 2 6 



投な ま わ 

げ い 1Z 

ぬ 吐と し 
間 3 息^ の 

も を ^b^X 
な を 
い H 玄め 

L 暈 ま 
さ 
せ 



音ね 雲 ひ 自じ' 

の 雀? お 1 I i 
高?、 よ、 カミそ と 

い 雲 ひ 喚よ れ 二三 

m' 雀? ん をう 



わ 力 むすめ い 

若い 娘の 言 ふ rJ とに、 

§ み な 

あ あ、 君 が 名 を 

ぐち うち 

て も 口の 屮、 

何う して 君が 知ろ 

で聽 くば か-^。 

ぼり 

雀。」 



く 半き 燒ゃ は 誰た 

ち う け ず が や 
をして み當 あな 
し な ほ ご て き 
§s ふろ 乙よ 髮 
し 前え ほ ろ と に 
fo 髮? ろに は燒 
お、 の 膝 【- 縮 5 言い 鏝 
き にら は を 
な 散 $ せね 



力 H; PC KJ 「 



ど も. 

v-、 



あ は 

な ほ 



1 

ひと 

人 



と 



おも 

ふ 



へ、 三 十 路 

をん な み 

る 女の 身 ( 



: し ( 

へ て 



ゴ 



短》 m 今け 短》 羽 g 

氣 S a 曰 ふ 氣 S の 

ななの な 斑 I jYYYVll 

m し 入 V 檨? は 
な か 日 ひな 刺》,: 
蝶]: は の 蝶 I 靑ま' 
が 知し か 力; か 
來< ら な 來ぐ 
るね しる 

ど さ 

も よ 



メ 



あ を 廣ミ静 き m 
ち れ m 力、 木 も の 
らもの な 綿》 日" 
を わ 海 二の の 
向む た の に 幕, 出で 
い し 水-さ 敷し を の 
た の 淺ょ き 張ュ m 



黑 S 葱 ^ 
レ、 も 

島 k ひ 
な 
し 



つ () 見 力 
め れ 
た ば 



LXXXV111 



低? 嘲, きぐ 情" わ ま 勝ね つ わ 
瘦ち 惡ミ た 手て 手て 11 



ののし 
し 風き' の 



雨 ま 



に 

渦; 



に し 

曇: の 



足 L 卷ま れ 


上え 


も け 


を 


と 


掠' ギ 


V リ 


の 


返 ほ 


て 


い 


通: き 


き 1 さ 《 
おも 


ら 




n 




逢; 《 




な 




ら 




ば 



LXXX1X 



の 霰 を まじへ た 

ひぐ と は ぐ も 

い 低い 通. 5 雲。 



リノ. 



わたしの 上に は、 水 色 の 

そら にち リん ^ん てん 

ひ k: i 空、 曰 輪の 金の 點 〔-。 

け れ ど、 な ん だか ハ W に掛 る、 

あ れ、 あ の 地平線に 見える の は 

ふ あ C ぐろ ぐ も ばね 

不安な 黑ぃ 雲の 羽。 

をれ と も、 わ たしに 二度 歸る 

>V らと う a も ^53 

空 飛ぶ 馬の 持つ ,羽 か。 

け れ ど、 な ん だか 氣に褂 る。 



戀ミ 昔 I 男臺 の 
のに を 底 

せ も 尋 5 ま 
つえね て 
な や 1Z 泣 
さ 劣? る き 
よる な 
が 
ら 



い ざ、 天 の 日 はわが ために 

きん V, る a きし 

黃 金の 車 を輾ら せよ。 

めら し ば £j ひがし 

颶風の 羽 は 東よう 

われ お 

いざ M K: よく 我 を 追 へ 

X み 

黃 ^ 

なの 

賴 む 

を の 

ビんな 

女 の 



巴ぺ 天き 燃、 も 晶 き 
里:; が ゆ 子" 
のける や 

b わ も 
へ 行 ゆ が の 



に 狂 ふらん、 

火 を 抱きながら 

く、 西 へ 行 く。 . 

逢 ひに 行 く。 



い 今け を 若 5 雛 S 腿 ま 戀ミ 荒き あ 
と 日 ふれき の 風し し 巖 は 
しの は 女め P きな の き のれ 

き 門き 窶ミ 鷹 ま く 空! 兄せ 上え な 
子 こ 出で れ の 音 a に 魔う のら 



す や、 そ の 雛 を 

す のこ 

巢に 遣し、 

た, つ 

を, ねん と、 

下, なが ら、 

にた めら へる 

しあら ば —— 

て 遠 く 行 く 

の わ が rJ 乙 ^c。 

等 よ、 ゆ るせ かし 



汝 f よ 猶? よ 
が 夢^ 
父で に 
を み 

Z る 
そ Z 

賴ミ の し 

む -ly: ラ わ 

な は か 
れ き 

FT 

を 



しばし 待て か 



^ 生ま m 

ァ あい 
ノレた て 

を fd さ、 
越 こ か つ 
し い と 

て 南 i ま 
吹 ふ 風 ^ た 
く さ 

度 さ 

に と 



X 


何^ 翔 


ろ 


の る 


Z 


使 力 ひ' 燕' 


び 


に の 


あ 


急^ あ 


ま 


ぐ、 わ 


る 


の ィ 

レノ し 


身み 


か も 


の 


の 


Z 




な 





に渴 えた 白綠の 

ろい 麥 生 を、 す と斜に 

つばめ 



m 遠! き が 上 
畑 g く や つ 
に 去 3 力; て 
影 S つや ァ、 

も 1Z 啼な 力 

無な のき シ 
いかわ ャ 

め の 
き 



^!楊の樹がさゎさゎと 

待って ぬ, よに 身を搖 る" 



河底に ぬた 家鴨 等 は 

*1 し の 3 

山; i へ. I 



つばめ 

お よ 

も う 



をれ は 皆 皆 t い 知らせ * 

L ばら ま か, も や 

暫くの 間に 風 は 止み、 



ぶ 



眞: c 金ミ MS 
珠ぼ の 
の 絲 S 
絲 S や 
の ら 
雨よ 賴 £ 
が の 
降ぶ' 絲 V 
る 



輕 3 雨 ま 
い に 
婦。 わ 
人 ^ た 



M ッ 
い ク 
小 こ ノレ 

m の 
を 野" 
m 邊ぺ 



,れ よと まま よ、 濡 れ.? ^らば、 



フ ヲゾス 

佛繭 西の 

ぬ ば じ 

濡 れ 初 め。 

きゃしゃな 靴 

の 雛罌粟の 

と 行 き。 



が # る、 る、 ほ そ ぼ そ と 



嬉 し や、 M れ が 



し の 




J ヌ 



野の Jtr い わ 
にさった 

あず そし 
る ば 色し ろ の 
花 ま 拾す を 帽ま 
を て ば の 

摘つ て チ 

ん 代 (i' し ゥ 

て b ま リ 

に せ ッ 
を は う ブ 



をして 昔の カセ ドラ 

したんげ やす 

あの 下 蔭 で 休み まし 

雨 が 降 る、 降 る、 ほそ ぼ 

^ の 絲 や ら、 紹 の 絲、 

しん じゅ い, -- あめ ふ 

夏ハ 珠の絲 の, 雨が 降 る 



レ 

よ 

そ と 



(CL アル は佛蘭 两 十 E 部の 河の 名な り。 〕 



旅 ま' 


橋 ^ い 


W 陰 か 


灰 S 


ほ 


に 


か 




い 影げ が 


ん 


や 


ら 




n に 


か 


に 




司ノぉ 




夜よ 隱す 


b 




れ 


く 


ェ 


明き れ 




ェ 


1 と 


わ 


ヌ 


の た 


る 


ヌ 


わ 


n 






淺 g 






し 


は 


m す 


み 


よ 


し 


Z 


泣す よ 


力、 も 


と 


い 


Z 


そ 


さ 


の 






そ 




ま 


か 




見 7> 






せ 






て 






n 






も 



顯 



/メ。 



女ミ や セ 船え' あ 



7、、 





ュ に 


れ 


,, 


ば 


ヌ も 


じ 


ん 


1) 


岸き 




の 




よ に 




セ 


な 


も 


紅ュ 


ェ 


た 


灯 ひ 


玉? 


ヌ 


も 


力 S 


の 




泣な 


と 


ま 

だ 




い 


も 


の 

ドノ 




て 


る 


に 




ね 




じ 




る 




む 








と 



5 ザ, 



ち 
ら 
と 

抹》 
た 

セ 

ェ 

ヌ 

川;, 



め 

の 

間 
か 
ら 

群 
靑 
を 



飴 S あ 
色 S れ 



と の 
屋ゃ 方 ま 
根" 



まっか つち て かと 

M 赤な 土が 照,^ 返す 

、 ャ」 か ふた かば 

たら だら 阪の ニ侧 に、 

ァカシ ャの樹 のつ づ く び i^o 



も W みぎ 

,あの 森の 右 

をして 屋根 

あ ひだ ぐん じ やう 



じ 眠 さ 誰た 

ついが 
と FT 挽 ひ 
f を き 
し 捨す 
1 と て て 
る 路 t 1z 

m ば 荷に 
の 1ヒ 車 【 
影 に か 



凉 しい 風が 吹いて 來る、 

マ" 二 H の 香と 水の 香と。 

に はん はたけ 

、しれが 日 本の 畑なら 

あ を な 

W い 「ぎ い す」 が 鳴くて あ K -。 

き むぎ ひなげし 

黃 ばんだ 麥 と雛罌 粟 と、 

きん s し :5 あか 

黃 金 に 交ぜた る 朱の 赤 さ。 



ムシ ユウ 口 ;^ > ジ べつ さ う 

rgoNSIEUrt lioeIN の 別莊 は。 - 

と ふ- N り そぼ JJ 

問 ふ 二人よ ,CN 、側 に 立 つ 

KIMONO 姿. の わたし をば 

、.? しぎ みい ゐ なか^と 

不思議と 見入る 田 4〕 人。 

「ムシュク • 口 ダンの 別莊 は、 

ただ 眞 直に 行きな さ い、 

き あ ひだ によ 

木の間 か ら、 そ の 庭の 

かざみ ぐる a み 

® 見 車が 見え ませう 。一 



ァ 


胸 


巴パ 


力 


は 


里】 


シ 


俄 5 か 


ャ 


か 


ら 


の 


に 


來き 


樹 S 


と 




の 


さ 


ごさ 

~ V ん 


つ 


め 


)、\ 


づ 


い 


の 


く 


た 




路ミ 







545 



モ 巴パ 今け m 
ン 里 ^ 日"、 を 

マ の も か XCV 
ノレ 上え 飛 ひ き 

ト を 行; 裂 S 

ノレ -I 機き く 
へ す カミ 羽 S 
漕 こ ぢ 漕 こ の 

い i'Z い 昔^"' 
て、 て、 ; 
來ぐ 來ぐ : 
る る • 



ばう ゑんき やう 

ちょ いと 望遠鏡 を わたしに も 

ひとり をん な わら 

1 スは 女です 笑って る: 

t V. じ.? 

ァ 力 シ ャ の 枝が 邪魔 をす る… 



复ミ か 
の き 
曰 ひ 消き 
中: よ え 
の て 
羽 S 行" 

の く 



m 每 5 何 ^ 
い 日き 處こ 

眺; よ, fT- へ 

め ベ 行" 
も ば く 
淋; 大 の 
し 空 f か 

か の 知 L 



ろ 



ら 
ね 

ど 
も 



547 



飛行機の 

お C 



あ れ、 あ れ、 通 る、 飛 行 機 が 

け ふ パリィ 

今日 も 巴 里 をす ぢ かひに 

か iw- さ おと 

M!?^ る 音 を ふるはせて、 

身輕な M な し、 高 高 と 

羽をひ^cげたょぃ形。 

ォ 。へ ラ 眼鏡 を 目にあて C 

そ ら ふ きもぶ と 

S を 踏まへ た膽 太の 

若い 乘手を 見 上 ぐれば、 



549 



i;t 後 C 若? 
時き ろ い 
や を乘? 
ま 見 7> 手て 
ぬ 捨す の 

ま 飛' 新; て い 
しんら 死し さ 

ぐ、 でし を ま 
ら 行 ゆ い 忘 し 

にく れさ 



て 力と なつ て 

前へ、 未來 へ、 



少し^った 機 齓 から 

はん しゃ さん ち 

きらと 反射の 金が 散る 



類 意 n 
の の 

句;^ け 
ひ ぶ 

灯 ひ () 
の 人 
明?. い 



し At ゐ うち また 

闕を內 へ 跨ぐ とき、 

墓 窟のロ を 踏む やうな 

ぐら おび み せま 

£i い 怖え が 身に 迫 る。 

. た ぼ . こ I ひと 

き れ 

ぐろ もも い ろ き あ を 

黑 と 桃 色、 黄 と 靑 と - 



あ れ、 は たはたと 手の 音 が 

すがた ばう 力」, 

きもの 姿に 帽を 著た 

わたし を迎へ て 爆ぜ 裂ける 

鬼の むれ かと 想 はれる 

ひと かた X リ 

人 の 塊、 そ かしこ。 

もやもや 曇る 狹ぃ 室。 

(二) 

淡い 眩暈の する ままに 



そ 


媒す 手て 荒き 


ノ、, 


わ 


/5 が' 
/ち. 


知し 


物》) 




の 


ぴ を い 


ク 


た 


て、' 


ら 
リ 


珍た 

クウ- 


が 


足 こ 


た 後う し 苦ぐ 


ド、 


し 


半な 


ぬ 


ら 


腕 ま 


も 


m ん 悶 


レ 


は 


ば' 


h、,、 


し 




と 


\ ^ 'ど 


ェ 


其え 


W 


等ら 




輕ろ 


の 


吊る に 食 < 


ノレ 


處 


を 


に 


さ 


く 



mi さ 
長?, れ 

い 1z 



1z 



552 



取 う、 

し視く 

ゑ しゃぐ 

會釋し て、 

隱 し、 

力 る 

に 招け て ISJ 

に ざう 

に 似た 像が 

ひば, rtN、 

しば 

縛られて 



友ク 6 限^ は あと 古 ま 名 
は る 、m の と、 ま 物 
すこ晝 S 老ミ 飄? の は 
る と 家 力、 缩ち 輕 :1 

し 一 と な 



あ/り な」 こし 力け 

粗 木 づ くり ■ の 腰掛に 

(三) 

,こ の 洒堪の 

し ひゃく りん 

四百^へ た 

き たない 乙 

し や う ち 

また 正直な 

もれに 客 

おい 詩人に 

こんな. 話 を 



m ±i k 赤 f う 
萵^ 托? い れ い 
のの 目め も 上-?' 
頰" よ な 元と a m m 
とい にれ 靑さ 
鼻 S w、 皺ヒ て い 
先 I 顏 S の 裂 さ mt 
のし 寄よ け 
てるた 

ま 

ま 



き 


仲。 


日 1 こ 老 澗; t 


も 


び 


本! ま 爺' ^ い 


頰; よ 


る 


の は 股、 ゾ 


髭 1? が 


客, 寄よ 衣- 


も 


ま 


のつ の 


灰 S 


ま 


手て て 大 g 


白 i[ 


に 


を 三. t 股 さ 


み 




取と XI に 




れ 


の 




た 






る 





554 



V ^ rj て まへ たぐ 

老爺の 手 か ら、 前 の 卓、 

ち さか, つき 

わたしの 小さ い 杯に 

^がれ. 酒 はムゥ ドンの 

ゃゥ うへ つ あさ 

丘の 上から 初秋の 

セ工ヌ の 水 を 見る やうな 

こ むらさ きた、 

濃い 紫 を 港へ て-?^。 

(五) 

7 わ こら ir」 やぐた ち 

「聽 け、 我 が 子 等」 と 客 達 を 



W ん V」 い ろ うつ 

林檎 色した 美く しさ 



老ゃ 

爺ち 

の 

聲 i 

の 
止 や 

ま 

ぬ 

間 ま 
に 



し 力 さけ 

叱る やうな る^び ご ゑ。 

タゃ ,ちー まん なか 

考爺 はや をら 中央の 

麥程 椅子に 掛けながら、 

マンドリン をば 膝に して、 

1 みな こんや め, つら 

「皆 さ ん、 今 夜 は 珍し い 

n 本の 詩人 を もてなして、 

、、エル レュ ヌ をば 歌 ひましよ a i 



, 557 



■i 一? モ 赤 > 
^人 リデ い 

の ノレ 毛け 
ふ 畫 5 女 I を 
く、 家" も し 
手て の 泳! た 

を im K 痩ミ 
擧ぁ をよ 形 g 
げ 下お に の 

て h 



(巴 巫モ ン マル トル の 「暗 殺の 洒 場」 に て) 



拍手の 音が 降う かかる 一 



in 笛 を. 吹 



あ 巴ヌ 君 シ^ 

は 里;! の 
れ の 笑え 
何 2 街 I む 
と に 曰 ひ 
て 見み を 
淋さ る ま 
し 我;; の 
きの あ 
か 1Z 
b 




さみ こ、 ろ ; S ど 

君が 心 は 跳れ ど も、 



知ら ざう しか な、 昨 日 ま て、 

かなし もの 

わが 悲みを わが 物と。 

ぁま.^に君にかかは,c^てo 



わ わ わ 

力 二、 が 力 S 

執と 見み UiT 
る る く 
酒ュ 薔ば 樂 力ぐ, 
は 薇ら は 
酢: す は し 
に う ほ 
似 す た 
た 白ミ れ 
うしぬ 



あ あ、 わ が 心已む 問な く、 

東の 空に とどめ 乙し 

我 子の 上に 歸ぅ ゆく。 

5 



わが 熟 かう し 火 は 濡れて 

みプか な とき 

自ら を 泣く 時き た • る。 



少? Ml 五 ご し 
し い 色 だ 
は 花/ > の れ 
な 壇ミ 絲 ^ ブと 
れをを 枝 g 
1 と 左 ぎ に 
紫き に い 日 ひ 
のした を 
よ 避 ^ 
な け 
て 



わ き 斜ま マ 君 
たれな n は 
して 徑きニ 何 
は 呼い を 二 か 

毛 I' 吸 3 m の を 
櫸 なつの 樹き 讀 

のく 香 かの み 
大 J 方 さ の 染そ な 
木; ^ へ み が 
の 去 3 jir ら 
6 し 



こ だち あ^ み, つ 一 

木 立 と、^|£: い 水の、 よに 一 

ひ- C がる 芝 を 前にして 一 

ゑの ぐ ぼ こ あ ヒき 一 

繪 具の 箱 を 開けた 時、 : 



すヾめ すヾめ 

お お、 雀、 雀、 

ひと 上 

一 つ 寄ら、 

ふ 上 

二 つ 寄, -、 

は ら、 よ ら、 よ ら と、 

と をに じふ.; ずし 

寸、 二 十、 數 知 れ ず、 

きゃしゃな (色の 椅子の 前、 

む よ す *、 め 

わ たしへ, 问 いて^る 雀。 



、レ 

て 


趙 


ズ、 け 1 一 


2- 
て 


れ 

A し 


まら r ノ 

る Hi 


P A し 


A し 


お 




il ヽ 卞、 
JJ お 


十、 
お 


會た 
ぷく 


ち 
-<:> 


わ 食た 


合 
艮 


、 、、 


/N め 


i> ベ 
/C 、 




、 


(1- 


レ 






持 も 


は 








胆 






て 


意い 






來き 


し 






1Z 


て 





す、. 'め すヾめ すヾめ 

雀、 雀、 雀 た ち、 

せいぼ まへ ばと 

ill 母の 前の 鳩の よに、 

素直な かはいい 雀.?^ ち 

ぐに ゐ と さ 

わたし は國に 居た 時に 



w 小 こ 

安? 爲ミ む 



あさ お ぷで 

朝起きても 筆, 

よふ ふ V- 

夜 が K けても 筆、 

a つり にち えう はる あさ 

祭 も、 日 曜 も、 春 秋 も、 

間な しに 筆と つて、 

ゑ や 

に 餌 をば 遣る やうな 

とさ も 

い 時 を 有た なんだ。 

つ.^ 美く しく 圓ぃ脊 と 

ち さ あた & 5 , 

小い 頭と くちばしが 

む なら • 

わたし へ 向いて 並ぶ 乙と。 

見れば 何れも 子の 檬な、 

5 



わたしの 忘れぬ 子の 様な:. 

わたし は 小聲て 呼び ませう 

をれ 光さん、 

なな 

かはい い 七ち やん, 

し ザる りん ぼう やつ を 

秀 さ ん、 麟 坊 さ ん、 八 峰さん… 

あ れ、 ま ぁ擧 げた 手に 怖れ、 

逃げる 一 つの あの 雀、 

9^ 前 は 里に 居た 爲 めに 

親に なじまぬ 佐 保ち やん か 

わたし は 何 か 一一 ム つて 居 た、 ー 



m 身 心ん せ 

く の な は 

落お 衰 まら し 
ち へ ず 1/、 

るち に 円に 
も わ 執と 本': ま 
m 力く る の 
ぞ 髮カみ n ひ 
ゆ の も 送? 

ゑ り 
も 



供 を 忘 れ、 身 を 忘 れ 




氣 が 狂 ふので 無 いか, 5- ら.: : 

どうして 氣 安い rJ とが あ る、 

あ あ、 氣 に 掛る氣 に 招る、 

こ ども くと また 

子供の 事が 又しても 



みい う 偷¥ 雀 1 母で 子 こ Z 

ん い つ みに の を ひん 
な え、 か に 餌え わ ば 立な な 

わ い ち 來 3 を n 育ま 旅さ 

た い と た ば し む た 寢" 
し え、 君? > は や の 太 J は を 

の が 何 さ る 時し' 切 5 何す さ は 

心ズ 言 ^ ゆ 暇; さ 間 1' な ゆる 

か 葉 ぼ ゑ を か ゑ ば 

を に 力、 ら 力、 る 

: 糸' トぶ と 

: さ 

* れ 

て 



あ れ. w が 飛ん てし まった。 

をれ は あなたの せ いてした。 

す マめ と: i , ^ { t ノ どひ 

みんな、 みん な、 崔 が 猜んて 仕舞し まし プ 

あなた、 わたし は 何う しても 

g に^おへ li,- ます。 

も う、 も ぅ输 なんか 描きません。 

すヾめ すヾめ 

雀、 雀、 

こ う ふ ん す *、 め 

モン ソォ公 Ik の 雀、 

5 



c 



煙 5 よ グ 
草 こ れ レ 
のよ ン 

m れ ド 
疫ま の ク 
の 皺 の 



様? mt も 
染ぉ 著つ 
の け 

m 給き 
ふ 

衣 Z 
あ 



もとより せに せ 給 へ ば、 




わが 知れる 一 柱の 神の 御名 を 讚へ まつる。 

あはれ 缺けざ る 乙 と な i 孤獨淸 貧」 の 御 靈、 

グ レン ドウの 命 よ。 



t こと 

めら 札 

霰 



ど 斷た" グ 
すえ レ 

mi ず ン 
く 不ふ ド 
靑き 思し ゥ 
き議 ぎの 
筋 ま な 命 i 
肉? る の 
の 何 g 顳ミ 
蛇 S 事 f 顬ぉ 
の 力、 は 
節 《 を m 
廻 5 彈ひ 樂 わぐ, 



7. 

..y を g して 乾物の 如く 骨お ちぬ。 

|e ^ の ー1 き は 冬の 老木の むきだしなる 如し。 

な り、 

き ぬ。 

し 

わが: k れる藝 術? 多の 集.^ て、 

tj んな さけ - .7i ろゝ . 

女と 酉との ある 處 

グレ, ドウ の ITf ず i の S くず-て ^^^^ ふ。 



き 


-べ 何;; 


ち 




が 


不ふ よ 


ひ 


ヒ る〜、 


-意ド な 

m 


の 來ゃ? 


子す 


神ミ; 給き 


の 


な ふ 


夢 


b や 


の 


知し 




b 


< 


難^ 


過す 


し 


ぎ 





mk 人? グ 

Z 皆す う レ 

のそン 

神》; の ド 

と 眷^ ゥ 

笑^ 馬? の 

ひ の 命 
與, 如 f の 



御 一一 ま 葉の 荒 

くないが し 

ト: ろ こ 

ずる を 喜び 



心 夏 凡 ま く" 後? あ 
は 俗? い 力、 れ 

の くらめ 

息 3 生: い m れ 
をのと 力、 あ 

次つ 喉 【う ら れ 
ぐ、 迫 t ざ 元! と 



のし 褂 つて 

を 締める 

間もなく、 

どう すれば いい かと * 

唯 だ 右 ひだ..^ へ ぅ^cぅ^c… 

もう 之が & になつ .5^ 心 は、 



573 



凡? を 

ひ m し 
きのて 

b 生ま 心; J 
ぶ の は 
つ 壓ミ 見" 
突つ 迫? て 
か に 見& 
ぬ 



て 



:k リ 



出め ひき, 撥ねとば され、 



S う ぶ 

大 やう な、^ 心 な、 

時には 迁濶 らしく も 見えた、 

あの 好いたら しい 樣子を 丸で 失 ひ、 

こ ほ W さ 

氷の やうに 冴えた 

ほそ み は ささ い ら 5. ら 

細身の? -先を 苛苛と 

ふだんに 尖らす 冷た さ。 . 



574 



k 兩 4 裂 s 
し 手 ^ け 
て で て 
此ミ 抱 ど は 

人! I きみ 
間 II か 出- 



も 次? び け 
うの くれ 
直す 刹 ま び ど 



さ— し ョ 

ま 



* は 



那。 
に 



< 一 

と は 

lit 死 L 
ひ な 
つ な 
づ い 
け 



れ 
る 



わ Z ば 
た れ 
しこた 
の の I) 
靑き 無む 壓ぉ 

一白 g lil し 
いなへ 
肉 1< こ さ 
を をれ 
だ 



した 臈を 

かへ て k ぶ、 跳 ぶ。 

かへ る ち た 

の 蛙から は 血が 滴 



\ し も 猶、 心 は 見て 見ぬ 振 

泣かう にも 淚が 斷れ た、 

叫ばう にも 聲が 立たぬ。 

乾 い た 心の 唇 を じっと 嚙 みしめ、 

默 つ て 唯 だう ろ う ろ と婉 くの は、 

にん やう にん ぎ やう 

人 形 だ、 人 形 だ、 

ぐつ う ぼ::? うへ Q にん ぎ やう 

苦痛の 彈 機の 上に 乘った 人形 だ。 



CII 



57^ 



被 眼 布した る 女に て 我が あ, c> し を、 

その 被 眼 布 は 却,^ て 我れ に 

奇 しき 光 を 導 き、 

よく 物 を 透して 晃 せつる を、 

丄, ■ 、 I , かた うす あか しろ 

我が 行く 方に 淡 紅 き、 白 き、 

いし はしら よ 

と,^ ど, の 石の 柱 あ, CN て 倚, CN し を、 

ばな ぼ もつ やぐ わう ごん えど ぐビ もの 

花 朿 と、 沒 藥 と、 黄 金の 枝の 果物と、 

^ . i みプ. ^やみ せいぎょく い, つ,^ 

我が 水 ま」 する 靑 玉の 泉 と、 

また 我れ に 接吻け て 羽ばたく 白鳥と、 



さ、、 入い に 狀 I が 
る b 我れ m 被 
か は れ ち 眼 
て 立た 布 
しつ は 
か 落 
ち 

n 



其 等み な 我れ の 傍 を 離れ ざう し を。 



あ な、 あ は れ、 

あめ つち たち ま 

天地 は 忽ち 



5 す 



ら き 



, すで ひ 

乙 は 旣に日 



は た、 と ^J し 



のぞみ 

望 な 



たのし 

樂 み 



た お ほい 

唯 だ大 なる 



我 



なか 

中 



の 

夜の まだ 明 け 

力 



ひかり と 

光 な く 、音 な 



陰影の たなびく 國な るか" 



7 

5 



いな おも さい は 

否 と よ、 ま た 思 へ ば、 幸 ひ は 



い な おも 

否 と よ、 思 へ ば、 

わめにば し 

乙れ や 我が 目の 俄かに も肓 ひしなら め。 

ふる せ かい ふる 

古き 世界 は 古き ままに、 

ひ まっか そら わた 

日は眞 赤なる 空 を 渡 As、 

ばな みどリ えだ さ 

花 は綠の 枝に きみ だれ、 

ひと みな ばる 

人 は 皆 春の さかう に 

とリ うな かな 

鳥の ごとく 歌 ひ 交 し、 

さけ 3 か, つき したた 

うま 酒は盃 よう 滴れ ど、 

わ ひとり み 

我れ 一 人 そ を 見ざる にゃあらん。 



き 5: る ゆ 布し が た 身つ 
扁 f 一な 我 わ き は 推お き を 
柏 際! お 徘 t 觸ふ し 
の 黑 くろ 目め 徊 4 る あ 

森; 5 くにる るて さて 
の壓 おも 此こ 由 £ の し 
蔭:; す 其 そ處、 も 手て 伸の 
な れ はな 探? ぶ 
る と 何 S し b 
ら '知し 處こ に 
し る ど 
は 



レ' も、 
で の 
や 肉': 
再 色!; 
び の 
そ 被& 
れ 眼? 
手' A 屈 S を 布し 
を め 結 ¥ に 



ば 
ん 



乙 
そ 
あ 

け 
れ 



わ をのの 

我れ は戰く 

やみ そこ つ :$ 

閻の 底に 冷 

あ な、 悲 し、 わ 

f .src め かぐ 

肉色の 被 眼 

と き 力 く 

かき 曇うた 

なが よ つ 

永 き 夜の 土 

しつ さ h> 

靜 かに 寂し 



579 



ット 藤 島 武ニ氏 

リュク サン ブル 公 圃の噴 水 

麝香 撫子 

セ H ス 川の 小雨 



附錄 著者 

フォン テン 

モ ンサゥ 公 



作ニ畫 

ブ ロウの. c: 樺 

簡 



大正 二 年 十二月 廿 一 日印 刷 

大正 三 年 一 月 一 口 發 行 



(金子 製本) 



壹圆八 拾^ 



著作 櫂 

所 有 



著作者 與謝野 品 子 

お市^ W 區 1^ 河 W 五 丁: H i 待 地 

發 行者 金 尾 種次郞 

お市 京 橋 區西糾 ほ SM1 十七 番地 

印刷者 佐久 raw 治 

察 京 市 京 橋區西 紺! SS 町 二十 七お^ 

印刷所 g I 秀 英 合 



發 免 元 



柬京市 趣 町 區平河 町 五丁目 五番 地 

金 尾 X 淵 堂 

<K 赌雜蘭 。、ん 一 I) 



類書 藝文刊 新 堂 淵 文 



□ □□□□□ 
明 夏 一佐 恭 新 



る 

み 



源 



X 

り よ 保 泥 氏 

秋 物 
へ ^) 姬 ft 語 



隅 



上 卷中卷 特 筒 ^^C^EI 

下 卷ニ册 一 册 貴に ョす <t* 

仝- 金査圆 

仝 金^ 關 

仝 金壹圆 贰拾錢 

仝 金壹 M 八拾錢 

仝 近 刊 

仝 金^ 1^ 

仝 金 九拾錢 

仝 特價 佥贰鬧 五 拾^ 

上 卷下卷 特 愤 ,扑 金 或 n 



與謝野 晶子 氏 作 



森 



卜 マ ン V^I^ 阼 

外氏譯 



□ 寂 しき 人々 

ズ ー ダ ー マ ン氏 原作 

島 村 抱 月氏譯 捕 

□ 故 鄕 (マ グダ) 

河 束 碧 梧桐 氏 著 

□ 三 千 里 

ns 三 千 里 

正宗 白鳥 氏 作 

. □ 生 靈 



類書 藝文刊 新 堂 淵 文 



佐 

礎 紅 富 花 女 母續生 



柳 

ハリ □ □ □ □ 
春 方 涛方涛 禾 i:、 月 百 



?湘池 幽芳氏 作 

合 子 

魄 

中 の 秘, 

百合 子啬集 

繪 葉書 百 合 子 

葉 氏 作 

さぬな か 

生さぬ なか 



賣 

綠 氏 作 



代 

愛 



前編 後 ■ 一 は ^0 

中編 ーガ 金壹圆 

前編 後編 一 册 金 壹 圓 

前編 後編 ー册 九 拾五錢 

上 卷下卷 一 册 金查 wi^ 拾錢 

三 卷 一 卷 金 拾八錢 

1 册 f 拾五錢 

上卷 金 九 拾五錢 

前編 後編 金 九 拾 五 餞 

上 卷下卷 】 浙 金壹 圆 

全 金壹阊 贰拾錢 

仝 金壹 圓 

前編 後編 一 册 金 九 拾 五 鏑., 



z 2